ラズパイ

【Homebridge】SwitchBotカーテン・スイッチ・温湿度計をHomeKit対応させる方法

どうも、CHASUKEです。

以前の記事でも書いたのですが、SwitchBotカーテンを使って、カーテンをスマート化しました。

製品紹介はこちら
【SwitchBotカーテンレビュー】スマホや声でカーテンを操作してみた!【徹底解説】

SwitchBotシリーズには、カーテン以外にもスイッチや温湿度センサーといったスマートデバイスがあります。お部屋のスマート化が捗る便利アイテムですが、残念ながらApple HomeKitには正式対応していません。

しかし、Homebridgeを構築することで、あたかもHomeKit対応したかのように操作できます。ということで本記事は、SwitchBotシリーズのスイッチ・カーテン・温湿度計をHomeKit対応させる方法を紹介していきます。

▼iPhoneのホームアプリから手軽に操作できるようになります。

Homebridgeは、スマートホームに興味があるiPhoneユーザーにおすすめです。ではやっていきましょう。

Homebridgeとは?

Homebridgeとは?

Homebridge(ホームブリッジ)とは、HomeKitAPIをエミュレート実行できるNode.jsサーバーのこと
CHASUKE
ちょっと何言ってんのか...

難しい話は置いといて、このHomebridgeを自宅に構築すれば、あたかもSwitchBotがHomeKitに対応してるかのように扱えます。

▼Homebridgeには、ちゃんとブラウザベースでの管理画面も用意されており、使いやすいです。

当然ですが、Homebridgeはサーバーなので、常に動かしてないと、思ったときに操作できません。ノートPCにサーバー機能を追加することもできますが、常に自宅で動かし続けるのは非現実的です。

今回は、ラズベリーパイにHomebridgeを追加する方法を紹介します。

必要な物(使用したラズパイなど)

必要なものと言うか、使ったものは以下の通り。

Homebridgeを使えば、SwitchBotシリーズの3製品をホームアプリに追加できます。もちろん、どれか1つだけの追加も可能です。

僕は、最新のRaspberry Pi4を使ってますが、Bluetooth搭載モデルならどれ使ってもOKです。長くなるので、ここでは初期設定(OSインストール)の説明は省きます。これから買うなら、全て揃ったスターターキットがおすすめです。

SwitchBotをHomeKit対応させる方法

ではやっていきます。

と言ってもやることは、ラズパイに下記をインストールして設定ファイルを作るだけなんですよね。

  1. Homebridge + Homebridge UI
  2. SwichBotプラグイン
CHASUKE
20〜30分もあればできます。

 

Homebridge + Homebridge UIのインストール

ここは以前の記事を参考にしてください。

この通りにやれば、Homebridgeと管理ツールHomebridge UIの両方をインストールできます。

▼ブラウザでこれが開けばOKです。

CHASUKE
admin/admin♪

 

SwichBotプラグインのインストール

プラグインの検索で「Homebridge Switchbot」とすれば、今回使う「Homebridge Switchbot Ble」が表示されます。

簡単にプラグインを追加できます。

続いて、設定していきます。

 

SwichBotプラグインの設定ファイル追記

動かすSwitchBotデバイスを設定します。

今回はスイッチカーテン温湿度計をそれぞれ1つずつ追加してます。

▼設定はこんな感じ。

{
    "platform": "SwitchBotPlatform",
    "name": "SwitchBotPlatform",
    "devices": [
        {
            "type": "bot",
            "name": "壁スイッチ",
            "bleMac": "xx:xx:xx:xx:xx:xx"
        },
        {
            "type": "curtain",
            "name": "レールカーテン",
            "bleMac": "xx:xx:xx:xx:xx:xx",
            "scanDuration": 2000,
            "reverseDir": false,
            "moveTime": 2000
        },
        {
            "type": "meter",
            "name": "温湿度",
            "bleMac": "xx:xx:xx:xx:xx:xx",
            "scanDuration": 5000,
            "scanInterval": 60000
        }
    ]
}

基本的に上をコピペして、手持ちのSwitchBotデバイスに合わせて増減すれば良いです。また、「bleMac」に入力するMacアドレスは、アプリから調べることができます。

▼その他項目の意味はこちら。

必須項目

typeデバイスタイプ[bot/curtain/meter]
name名前(なんでも良い)
bleMacデバイスのMacアドレス

オプション項目

scanDurationカーテンのスキャン時間
デフォルト:1000ms
reverseDirカーテンの開閉方向の反転
デフォルト:false
moveTimeカーテンの実行時間
デフォルト:2000ms
scanInterval温湿度メーターの更新周期
デフォルト:60000ms
CHASUKE
使いながらイジれば良いかと。

SwitchBotシリーズをホームから操作してみる

設定後に再起動すると、HomebridgeログにSwitchBotの起動ログが出力されます。

では、この画面にあるQRコードを使って、iPhoneからホームアプリに追加します。

 

SwitchBotをホームに追加する

こちらがホームアプリですね。

ホーム

ホーム

Apple無料posted withアプリーチ

 

▼アクセサリを追加から、コードを読み込ませます。

うまくいくとブリッジ追加画面が表示された後、SwitchBot製品を追加できます。

▼追加後はこんな感じ。

CHASUKE
各アイコンをタップして操作ができます。

 

SwitchBotカーテンを操作する

温湿度計→カーテン→スイッチの順に操作しています。

カーテンはタップを押すだけで、開け閉めできます。

▼カーテンやスイッチはアイコン長押しの詳細画面も使えます。カーテンは数値指定で開閉操作ができます。

▼壁スイッチのSwitchBotも安定して動きます。

▼温湿度計もバッチリです。

 

外出先からの操作について

通常、外出先からSwitchBotを操作するためには、SwitchBot Hub MIniが必要です。

今回のHomebridgeの場合、ラズパイがハブの代わりをしてくれますが、外出先から操作したい場合は、HomePod miniやApple TVなどのホームハブが必要となります。ご注意ください。

最後に

SwitchBotシリーズをHomeKitに対応させる方法を紹介しました。

ラズパイでサーバー構築と聞くと、初めての人にはハードルが高そうにみえます。だが、いざやってみると、意外と大したことはありません。

SwitchBotの操作性をシームレスにしたいAppleユーザーにおすすめです。ぜひお試しを!

▼その他のSwitchBot関連記事はこちら

スマート製品

2020/12/11

【SwitchBotカーテンレビュー】スマホや声でカーテンを操作してみた!【徹底解説】

どうも、CHASUKEです。 カーテンの開け閉めがスマホでできたらな。 「太陽の光で目を覚ましたい」「布団の中からカーテンを開け閉めしたい」など理由は色々ですが、一度は考えた事はありませんか。 そんな願いを簡単に実現してしまうのが、今回紹介する「SwitchBotカーテン」です。SwitchBotと言えば、物理スイッチをスマート化できるアイテムだが、このシリーズとして新たに加わりました。 SwitchBotカーテンが凄いのは、今あるカーテンに簡単に後付けできる点。そして、スマホや声、ボタンといった様々な方 ...

ラズパイ

2020/12/19

SwitchBotカーテンをラズパイ経由で操作する方法(Python3編)

どうも、CHASUKEです。 本記事では、公開されているSwitchBotのAPI(Python)を使って、SwitchBotカーテンの操作方法を紹介します。 今回は、ラズパイに最初からインストールされているPython3を使ってます。実は以前にも、同じようにラズパイ経由からSwitchBotを操作する記事を書いてます。 以前の記事との違いとしては、新しいPython3を使ってみた点。それと、新たにSwitchBotに加え、SwitchBotカーテンやSwitchBot温湿度計のセンサー値も取得してます。 ...

スマート製品

2020/1/12

SwitchBotハブ「Hub Mini」と「Hub Plus」は何が違うのか?【比較レビュー】

どうも、CHASUKEです。 去年、SwitchBotでスマートルームを作りました。たったの3アイテムで温度や湿度による家電制御、物理スイッチの自動化など幅広くスマート化できるようになりました。 CHASUKESwitchBotは工事不要で誰でも手軽にスマートホームを実現できるアイテムです。   上の記事では、スマートリモコンとしても使えるSwitchBot製品ハブとして「SwitchBot Hub Plus」を使ってました。今回、これを小型・低価格化した新モデル「SwitchBot Hub M ...

スマート製品

2020/12/11

【レビュー】SwitchBotの3アイテムで快適スマートルームを作ってみた!

どうも、CHASUKEです。 「電気とかテレビをスマホや声で操作したい」 母親がそんな事を言ってきた。 僕の母は、スマート家電など「IoTデバイス」とかの知識は全くない。家電をスマート化するIoTデバイスは多くあるけど、誰もが使えて、築30年以上の実家にもフィットするモノは多くない。 それらを踏まえ、母のようなスマートホーム初心者にもおすすめできると思ったのが、「SwitchBot(スイッチボット)」です。どんな家電もスマホで遠隔操作を可能にします。それにとにかく使いやすい。 本記事は、SwitchBot ...

スマート製品

2020/1/26

SwitchBot(スイッチボット)のCR2リチウム電池を交換する方法|動画あり

どうも、CHASUKEです。 物理スイッチを遠隔操作できる便利なスマートデバイスSwitchBot。 今では家に複数ありますが、最初に見つけたのは海外クラウドファンディング「INDIEGOGO」でした。最初はここに出資してGETしました。 CHASUKEもう3年前の話ですね   ▼そんなSwitchBotをPCモニターに貼り付けて運用してました。 地上波&ネットテレビの両方で使ってる   しかし、いつの間にか反応しなくなってた。アプリから確認すると、右下マークが付いてない。 お ...

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

© 2021 CHASUKE.com