旅行・持出用にApple Watch用充電ケーブルを購入してみた!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEでございます。

色々あって家を離れております。

こうなると困るのがApple Watchのバッテリー問題ですよね。

僕のApple Watch2は、1日はバッテリー持ってくれますが、約1.5日付け続けていると、バッテリー残量が10%を切り、最終的に、ただの鉄の重りと化します..

家にいるときは、少し前に流行った昔のMacを彷彿とさせる充電スタンドを利用しているので、これをいちいち取り外して、持ち歩くのは面倒だ。

可愛くて使いやすい!!昔のMac風なAppleWatch充電スタンドを買ってみたよ。
どうも、CHASUKEです。AppleWatch専用の充電スタンドをかってみました。 このスタンドの最大の特徴は、可愛い見た目です。...

ということで、持ち出し用に予備Watch充電ケーブルを購入してみました

購入したのは、他の充電ケーブルと比較しても、高評価のレビュー数が圧倒的に多かったPoweraddのApple Watch充電ケーブルをチョイス。

評判通り、調子良く利用できてます。MFI認証、マグネット式でWatchに張り付いてくれるので、スタンド無しでも便利に利用できます。

SPONSORED LINKS

MFI認証、2年保証のワイヤレス充電ケーブル

シンプルなパッケージ。

右上にはAppleからのMFI認証を受けている印が付いてますね。

こちらの製品は、POWERADDという中国企業のものになります。ここの製品は初めて購入しました!!

▼巾着袋の中にケーブル類が入ってました。

持ち出し用に考えていたので、こちらの巾着袋は役立ちそうです^^

▼説明書は不要かと思いますが、日本語で書かれてました。

2年保証の説明や、問い合わせ先が明記されています。また、Apple Watchシリーズ1,2に対応とありますが、Amazon.co.jpのレビューによると「Apple Watch3」でも使えるとのことです。

▼充電部分は、純正のものより直径5mm、厚さ3mm大きいようです。純正ケーブルに対応したスタンドには適用できない可能性がありますのでご注意を。

ケーブル長は、1mのものと2mのものがあります。僕は、モバイルバッテリー利用を前提に考えていたので、1mをチョイス。

実際に使ってみた

遠出の際は、常に持ち歩いてる13400mAhの大容量モバイルバッテリー『
cheero Power Plus 3』に接続。こちらのモバイルバッテリーは、ポート2個付きで日本製の電池を採用していて安心できます。

マグネット吸着式が便利すぎる

もう、あとはApple Watchを乗せるだけです。

ペタッと張り付いてきて、充電が始まります。

モバイルバッテリー利用を考えると、1mケーブルでも余っちゃう。

ちなみに、反対面にApple Watchをくっ付けて、充電できない。。。ってなってました。反対面には張り付きません。

▼張り付き強度も良い感じですよ〜!!

十分使えます。

最後に

持ち出し用に『Poweradd』のApple Watchワイヤレス充電ケーブルを購入してみました。評判通りで、良い感じです。

商品ページには、プラス300円でスタンドがセットになっているものがあります。レビューを見る限りチープな感じで期待はできないレベルのようですが、純正モデルに対応したスタンドが使えない可能性があるので、お家で利用する可能性がある人は、こっちのセットを購入した方が良いかもです。

Apple Watch充電ケーブル選びの参考になれば、幸いです。

それではまた。