Apple Watch

【レビュー】Satechi Apple Watch USB-C 充電ドックは充電早くて持ち運びやすい!

どうも、Apple Watchが便利すぎて手放せないCHASUKEです。

寝るときも腕につけて、「睡眠記録をとりながら、アラームで起床」という生活を送ってます。

CHASUKE
ずっと着けてたいのですが、毎日1回は充電が必要なんですよね...

 

今回紹介するのは、そんなApple Watchの充電の悩みを解消するアイテム。USB-Cポートに直挿しして使えるコードレス充電器「Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック」です。

USB-C充電ドックの特徴は?

  • スタイリッシュなデザイン
  • ケーブルレスで持ち運びしやすい
  • USB-C対応で多彩な使い方が可能
  • MFi認証済みなので安心

Appleデバイスと相性の良いアルミ素材。ケーブルレスで本体28gなので、持ち運びにも優れています。

さらに、MFi認証されているので、今後も安心して全てのApple Watchシリーズで使えます。

 

というとこで本記事では、アップルウォッチのコードレス充電器「Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック」をレビューします。

デザインやサイズ感、利用シーンや実際の充電スピードを書いていきます。

created by Rinker
Satechi
¥4,399 (2021/09/26 03:02:28時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
充電速度も文句なし。モバイルバッテリーと一緒に持ち歩きたいアイテムです!

Satechi Apple Watch USB-C 充電ドック の外観とサイズ

Satechi Apple Watch充電ドックは、アルミ素材がスタイリッシュなUSB-Cコードレス充電器です。

サイズは、スクエア型の44×44×12mmで、重さは28gとなってます。

 

▼Apple Watchの画面サイズより少し大きい。

バンド一体型ケース「ラギッドアーマープロ」を着用

磁気充電部分は、アルミ素材で覆われており、他のAppleデバイスとの相性は抜群です。

側面も同じアルミ素材で、給電状況がわかるLEDランプが1つあります。

 

▼裏面はこんな感じになってます

CHASUKE
中央のUSB-C端子が持ち運び中に折れないか少し心配。

 

▼同じくAnkerのコードレス充電器と並べるとこんな感じ。

Anker製の方が縁がないため軽いですが、Apple Watchを支える力はスクエア型のSatechiに軍配があがります

Satechi Apple Watch USB-C 充電ドック のレビュー

ここからは、実際にSatechi Apple Watch USB-C 充電ドックを使ってみた感想を書いていきます。

使い方は簡単で、USB-Cポートに挿し込んでApple Watchを載せるだけ。磁気充電部に引っ付いて充電されます。

CHASUKE
ちなみに、変換アダプタをかませば、USB Type-Aポートで使えます。

 

さまざまな使い方・利用シーン

下記の通り、さまざまなモノと組み合わせて使うことができます。

  1. MacBook Air/iPad Pro
  2. PCモニター
  3. USB-C充電器・モバイルバッテリー
CHASUKE
隙間時間を見つけて、すばやく充電できます。

 

MacBook/iPad

MacBook Airにつけるとこんな感じ。

僕が使ってるケース一体型バンド「ラギッドアーマープロ」は、バンドの反り返りが強め。

少し心配でしたが、マグネットの吸着力が強力であるため、ペタッとくっつきました。この通り。

充電開始すると、時刻が大きく表示されます。PCを閉じたスリープ状態でも給電できてます。

▼時計代わりになるのが、地味に便利。

注意点としては、隣接するUSB-Cポートが使えないこと。これが1番のデメリットですね。

それが困るという人は、USB-C延長ケーブルを使うのも1つの手。同じSatechi製なので見た目も同じテイストとなってます。

どうしても干渉させたくないって人は、隣のポートを潰さないMaco Goがおすすめかも。

 

▼USB-Cポート搭載のiPad Proで使うとこんな感じ。

CHASUKE
iPad Proのメインユーザーにもおすすめです。

 

PCモニター

自分の作業部屋ででよく使う充電がこれです。

4Kモニター「DELL U2720QM」の側面にあるUSB-Cポートに繋げて使えます。充電面が垂直ですが、磁気充電部にカチッと吸着するので落下の心配は要りません。

▼モニターのUSBポートを有効利用できます。

CHASUKE
モニター環境がある人におすすめです。

 

USB-C充電器・モバイルバッテリー

これが何気に便利だった。

Apple Watch専用のモバイルバッテリーも良いですが、このスタイルも使いやすいです。

ここではSMARTCOBY Proというモバイルバッテリーを使って充電してます。持ち運びやすい充電ドックとの相性は抜群です。

普段使ってるUSB-Cモバイルバッテリーを拡張できるのが嬉しい。外出先で使うならこれですね。

ポート位置や向きによっては使えない場合もあるかもなので、購入前に使用するイメトレを忘れずに。

 

また、USB-C充電器でも利用できます。

こちらの充電器はDIGIFORCEの20W出力モデル。とてもコンパクトかつプラグ折りたたみ式で、カラバリも豊富です。

▼Apple Watchを載せるとこんな感じ。

CHASUKE
以上の通り、充電ドックは多彩な使い方ができます。

 

Apple純正充電器と同じ速度で充電ができる

手軽に持ち運びできても、充電が遅ければ意味がありませんよね。

Satechiの充電ドックなら大丈夫。MFi認証済みであり、純正と同じ充電速度なので、1秒でも早く腕に戻したいユーザーにおすすめできます。

MFi認証とは?

Apple社の標準性能を満たしている証のこと。これがあれば、純正と同様に全てのApple Watchシリーズで使えます。

 

0%からきっちり充電速度をチェックしてみた結果がこちら。純正充電器と並べてご覧ください。

経過時間Satechi
(今回)
純正
(Apple)
0分0%0%
10分15%12%
30分37%38%
60分70%72%
90分95%94%

Apple Watchの状態により結果に微妙なバラつきが出るので、参考程度にみてほしい。

この通り、充電速度に不満はなし

CHASUKE
これなら毎日使うメイン充電器としても、十分使えます。

Satechi Apple Watch USB-C 充電ドック のレビューまとめ

以上、Satechiのケーブルレス充電器は、持ち運びや使い勝手に優れており、充電性能も文句なしのアイテムでした。

▼レビューをまとめるとこんな感じ。

良い点はココ

  • MacBookと相性の良いアルミ素材
  • 軽量28gで持ち運びやすい
  • MFi認証なので長く安心して使える
  • 多彩な使い方ができる
  • 充電速度は純正と同じ速度

注意点はココ

  • 隣接するポートが使えない

隣接するポートを塞いでしまう欠点はあるが、それ以外はかなりおすすめなApple Watch充電器。

いつでも思いついたら直ぐに充電できます。携帯してると、いざと言うときに間違いなく活躍します。

created by Rinker
Satechi
¥4,399 (2021/09/26 03:02:28時点 Amazon調べ-詳細)

Apple Watchの充電にお困りの人に特におすすめ。純正ケーブルが3800円ほどなので、汎用的に使える充電ドックを選ぶのもありですよね。

 

Ankerのコードレス充電器はこちら

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com