充電器

【レビュー】MagSafe対応モバイルバッテリーを購入。充電速度や使い勝手を紹介!

どうも、CHASUKEです。

MagSafe対応モバイルバッテリーが、Amazonで販売されていたので試しに購入してみました。

同じコンセプトのMagSafe対応品はいくつかあったが、有線(USB-C・USB-A)でも使えるWelite-JPの「 MagSafe対応モバイルバッテリー」を選びました。特徴・スペックはこんな感じ。

特徴・スペック

  • 小型・軽量なデザイン
  • 5000mAh容量(iPhone約1回分)
  • MagSafe充電(最大15w出力)
  • USB-C充電(最大20w入出力)
  • USB-A充電(最大18w出力)
  • 3台同時充電
  • 価格は約3,200円

ということで本記事は、Welite-JP「 MagSafe対応モバイルバッテリー」の使い心地や実際の充電速度を紹介します。

MagSafe対応 iPhone12 モバイルバッテリー 5000mAh
Welite

Amazonレビューには、「充電できない」という口コミもあったが、僕のもとに届いた製品(1月8日到着)は問題なく使えています。

MagSafe対応モバイルバッテリー 外観と付属品

届いたモノがこちら。

本体色は「グリーン・ブラック・ブルー」から選べます。僕はブラックを購入しました。

▼同梱物は、本体とUSB-Cケーブルになります。

ブラックというよりか、ダークグレイに近い色。個人的には気に入ってます。

製品ページの写真とは違い、「5X-POWER」という文字が刻印されていた。多分、容量5000mAhという意味だろう。

それと英語と中国語表記ではあるが、簡単な取扱説明書も入ってました。

本体は丸みのある形状で、サイズは約9.0×6.0×1.5cm、重さは139gとなってます。

5000mAh容量ですが、スリムで持ち運びしやすい。ポケットにもスルッと入ります。

裏側は、全面がシリコン素材のワイヤレスパッドとなっています。

またそれに加え、USB-C×1とUSB-A×1の入出力端子が備わっています。

入出力インターフェース

  1. USB-C入力:最大20w
  2. USB-C出力:最大20w
  3. USB-A出力:最大18w
  4. ワイヤレス出力:最大15w

モバイルバッテリー本体は、付属のUSB-CケーブルでPD高速充電が可能です。

 

隅っこに電源ボタンが用意されています。

これを1回押すと、バッテリー残量確認、ワイヤレス充電を開始できます。ちなみに、2回連続で押すと、電源オフにできます。

▼インジケータで充電残量の目安がわかります。

▼各種認証およびPSEマークもあるので、安心して使えるモバイルバッテリーです。

最後になってしまったが、こちらの円形のマグネットシートも付属してました。

MagSafe対応でないiPhone12以外の機種に貼り付けて、Qi充電を可能にするパーツです。

CHASUKE
外箱にそのまま張り付けられてて、気づかなかった..w

MagSafe対応モバイルバッテリーを使ってみたレビュー

僕が使ってる「iPhone 12 Pro(純正MagSafe対応レザーケース)」で試してみました。張り付けると丁度良いサイズ感でした。

では、気になるMagSafeの吸着力充電スピードなどを書いていきます。結論から言うと、使いやすくて満足してます。

 

十分な吸着力で落ちない

これは見ての通り。

iPhone背面で近づけるとバコっと吸い付くほど、吸着力は十分あります。

▼iPhoneだけ摘んで、振っても余裕ですw

今までは、カバンやポケットに入れて持ち運びのワイヤレス充電はできなかった。

CHASUKE
このマグネットの力ならいける!

 

▼薄型1.5cmなので、横から見るとこんな感じ。

電源ボタンを押して、MagSafe充電を開始できます。角張ってないので、持ち心地もとても良い。

CHASUKE
ケーブルレス最高だ!

 

MagSafeの充電速度は30分で25%回復

最大15wのMagSafe対応ということで、充電スピードを計測してみました。

充電結果がこちら

充電時間バッテリー容量
0分3%
5分8%
10分12%
30分28%
60分45%
90分65%
120分82%

2時間経過で、充電残量がになってしまった。

本当に15Wで充電できているか不明ですが、思ったよりも遅い結果となった。本体がカイロ並に温まっていたので、電力ロスが大きいのかもしれません。とは言っても、充電スピードよりケーブルレスの使い勝手の良さのが勝る。

ちなみに、バッテリー本体を充電しながら、MagSafe充電も可能でした。

CHASUKE
いろいろな使い方ができそう。

 

PD充電(USB-C)なら30分で50%回復

USB-C端子を使えば、本体への充電、iPhoneへの充電ともに最大20wの高速充電ができます。

USB-C to Lightningケーブルを使って、iPhoneを給電した結果がこちら。

充電時間バッテリー容量
0分5%
5分16%
10分24%
30分55%
60分80%
90分97%

90分充電して、残量インジケータを2つ残して、97%まで回復しました。50分で50%回復しているので、急ぎでしっかり充電したい時は有線がおすすめ。

CHASUKE
MagSafeもPDも使えて幸せ。

 

3台まとめて同時充電が可能!

ワイヤレス充電・USB-C充電・USB-A充電をすべて使って、3台同時に充電することもできました。

MagSafe対応モバイルバッテリーとして購入しましたが、何気に使いやすい1台でした。

CHASUKE
USB-A端子が使えるのは安心!

MagSafe対応モバイルバッテリー まとめ

以上、Welite-JPの「MagSafe対応モバイルバッテリー」を試してみました。

▼まとめるとこんな感じ。

良い点はココ

  • 丸みのあるスリムなデザイン
  • 十分な吸着力で持ち運び充電が可能
  • ケーブルレスで使い勝手が良い
  • USB-C・USB-A端子でPD充電
  • USB-Aと合わせて3台同時充電が可能

注意点はココ

  • MagSafe充電速度はそれほど早くない

MagSafeによる充電速度はイマイチでしたが、全く使えないわけではない。それに、ケーブルレスなので充電中でも操作しやすい。

価格は3,200円ながら、満足度の高いモバイルバッテリーでした。iPhone12ユーザーにおすすめです。

MagSafe対応 iPhone12 モバイルバッテリー 5000mAh
Welite
CHASUKE
普段持ち歩いてるバッテリーをこれに世代交代させようと思う。

SwitchBot読者限定クーポン

2021/12/2(木)までの期間限定で公式ストア&Amazonの割引クーポンが使えます。SwitchBot製品(一部対象外)がセール価格からさらに5%OFFで購入できます。

▼割引入力コード:2021BFSWB01

SwitchBot公式ストア

▼割引入力コード:2021CHASUKE1

Amazonショップ

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com