ガジェット

【レビュー】仕事や海外旅行に。超小型の翻訳機「ZERO」が手軽で使いやすい!

どうも、CHASUKEです。

海外旅行やビジネスで外国人と交流する場面で、便利なのが「音声翻訳機」ですよね。

CHASUKE
僕も海外旅行で翻訳機を使ったことがあるけど…

たしかに使えたんだけど、「聞き取り精度」「持ち運び」「操作方法」の面で、不満点も少なからずあった。なにより使いたい時にすぐ使えなかった

しかし、そんな不満点を解消する、スマホ向けの凄い翻訳機がTimekettle社から登場した。

▼それがこの多機能AI翻訳機「ZERO」です。

見ての通り、指でつまめる極小サイズで、なんと93言語もの翻訳に使えます。

ということで本記事では、世界最小の多機能AI翻訳機「ZERO」を試してみたので、レビューを書いていきます。

CHASUKE
めちゃくちゃ手軽に使える音声翻訳機です!

Makuakeにて支援受付中

既に2500万円以上を集めている注目の翻訳機!(2020年6月22日まで

多機能翻訳機「ZERO」をチェックする

こちらメーカー様にサンプル品を提供頂きレビューしております。

多機能AI翻訳機「ZERO」とは

こちらの動画が非常にわかりやすので、見て欲しい。めっちゃワクワクします。

多機能AI翻訳機「ZERO」は、スマホに挿して使う超小型の翻訳機です。

▼特徴をまとめるとこんな感じ。

AI翻訳機「ZERO」の特徴

  • 4×1.5×0.7cmで世界最小クラス
  • 重さはたったの6.5g
  • スマホに挿してすぐ使える
  • 充電もペアリングも不要
  • ノイズキャンセル機能付きマイクで正確に聞き取り
  • 93言語の翻訳に対応
  • オフライン翻訳(一部)
  • 文字起こし(ボイスメモ)にも使える
  • Makuake価格で6,380円
  • LightningとUSB-Cポートに対応したラインナップ

サイズは「4×1.5×0.7cm」で小指サイズ、重さは6.5gなので邪魔にならず、ほとんど重さを感じません。

常に持ち歩いて、使いたい時にスマホに挿すだけで気軽に使えるのが最大の特徴。面倒な充電やペアリングは一切不要という使い勝手です。

驚きなのが93言語の翻訳に対応している点。これ1台あれば、どこの国の人と会うにも安心です。また、基本はネット環境が必要なオンライン翻訳ですが、オフライン翻訳も随時追加中です。

ZEROには、ノイズキャンセル機能付きの4つのマイクと、6つのAI翻訳エンジンが搭載されています。これにより、スマホだけでは不可能な正確な聞き取りを実現しています。

メインの機能は、翻訳モード(音声翻訳)とテキストモード(テキスト翻訳)といった翻訳ですが、会議モードインタビューモードで「ボイスメモ+文字起こし」として使える多機能さもあります。最大4人の声を聞き分けて議事録を作成することができます。

CHASUKE
では、次章から実機をチェックしていきます!

多機能AI翻訳機「ZERO」のデザインとサイズ感

AI翻訳機「ZERO」のパッケージがこちら。

ZEROはスマホに直接挿し込むタイプなので、LightningUSB-Cポートの2つのラインナップがあります。今回はiPhoneで使えるLightning版で紹介していきます。

ZERO(ケース付)取扱説明書(日本語)が同梱されていました。

▼マグネットで固定して収納できるカード状のハードケースが付属します。

ケースのサイズは「8.5×5.5×0.9cm」です。本体と合わせても18gと軽い。

▼横から見ると薄さに驚きます。

▼通常のカードと同じ大きさで、財布や名刺入れておけます。常備できるのが嬉しい。

▼翻訳時は、ケースから取り外して使います。

アルミニウム合金でひんやりと冷たい。軽くて小さいが、持ちにくいという印象は受けなかった。

CHASUKE
このサイズ感はやばい!

 

▼表面に見える4つの穴が、ZEROの特徴とも言うべき極小クワッドマイク

ノイズキャンセル機能で、周囲の騒音をかき分けて声を聞き取り、搭載されたAIが声の方向から最大4人までを自動で聞き分けます。この技術により、翻訳時のボタン操作不要を実現しています。

▼メタリックデザインで見た目もカッコいい。

端子も長めに作られているので、スマホケースと干渉せずに使えます。

CHASUKE
使用時はこんな感じ

多機能AI翻訳機「ZERO」は使いたい時にすぐ使える

AI翻訳機「ZERO」の使い方は、非常に簡単。

無料アプリのインストールして、ZEROをスマホに挿すだけの2ステップです。

▼専用アプリがこちら。

Timekettle

Timekettle
開発元:Shenzhen Timekettle Technologies Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

アプリは日本語対応で、特にアカウント不要で、アプリとZEROがあればどの端末でも使えます

▼あとはZEROをブスッと挿すだけ。

スマホに挿し込むとメイン機能である翻訳モード(音声翻訳)が起動します。なお、挿し込む時にアプリを起動してなくても、表示されるメッセージから起動することもできた。

あとはスマホに話しかければ、リアルタイムに翻訳して音声で読み上げます。この手軽さには、さすがに驚いた。まさにスマホに挿すだけ。

CHASUKE
使いたいと思ってから使えるまでがマジで早い!

 

高性能マイクが、声のする方向を自動で判断し、自分と相手の翻訳してくれます。マイクを交互に口元に運んだり、ボタン操作が不要となるので、より自然に会話ができそうだ。

▼取説に、聞き取り可能範囲が載ってました。

この位置取りが結構大事

最長1.5mまでの距離で使えるが、60度の最短50cmなので、そこだけ注意。

CHASUKE
聞き取りの精度がイマイチの時は、この位置取りを疑ったほうが良さそう

多機能AI翻訳機「ZERO」の4つの機能を実際に使ってみた

多機能AI翻訳機「ZERO」では、冒頭にも書いた通り、4つの機能が使える。

  1. 翻訳モード
  2. テキストモード
  3. インタビューモード
  4. 会議モード

翻訳モードは音声翻訳、テキストモードはテキスト翻訳、インタビューと会議モードには翻訳機能はなく、ボイスメモや文字起こし(テキスト化)といった機能になります。インタビューは2人、会議モードは最大4人で使えます。

▼メニューで4つの機能を切り替えて使います。

これら機能を実際に使ってみました。

 

翻訳モード(音声翻訳)

CHASUKE
こんな感じに2人の間でZEROを水平にして使います

翻訳モードでは通常、上のイラストのように相手と2人で使うのですが、1人で適当に話しかけてみた結果がこちら。

凄い。この精度凄いよ。

テキスト表示された内容を見ると、音声聞き取り・認識精度ともにめっちゃ良い。肝心の翻訳内容も問題なさそうです。

語尾がトーンダウンしたり、「犬を買う」と「犬を飼う」のように2つの意味があるワードを喋ると、さすがに意図と違う認識をしてしまう。しかし、その場合でも画面のテキスト表示を見て、すぐに言い直しができると感じた。マイク付近50cm程度で少し声を張れば、かなり使える翻訳機という印象を受けた。

翻訳言語は、93言語が選択でき、そのうちの53言語はアクセントの違いになります。例えば、同じ英語でも、カナダ、フィリピン、南アフリカといった異なる英語アクセントに対応しています。

▼続いて、ドイツ語で翻訳してみたのがこちら。

こちらも英語と同様に問題なし。

ZEROが1台あれば、どこの国の人が相手でも言葉の壁を感じずに会話が楽しめる。

CHASUKE
最強の相棒になり得る!

 

翻訳モードは、通常ネット経由で利用しますが、メーカーによると、随時オフライン翻訳も追加しているようです。

▼僕が試したタイミングでは、「日本語-中国語」が対応しており、設定画面で「オフライン翻訳」のスイッチをオンにできました。

言語パッケージをダウンロードすれば、機内モードでも利用することができた。ネットが使えない環境下でも使えるって素敵すぎます。

なお、「日本語-英語」は現在開発中とのこと。

CHASUKE
アップデートが凄く楽しみ

 

テキストモード

テキストモードは、スマホの翻訳アプリによくある機能と同じです。

▼Google翻訳と結果を比較してみました。

簡単な文章ではあるが、同じ結果になったので、こちらも問題なしですね。

ちなみに、テキストモードは、ZEROをスマホに挿してない状態でも使える機能です。同じアプリでテキスト翻訳も使えると思うと便利です。

 

インタビューモードと会議モード

これらは翻訳機能はなく、指定した言語で「文字起こし&ボイスメモ」を取ってくれる機能です。

▼こんな感じで使います。

インタビューモード

会議モード

会議モードは4つのマイクをフル活用して、最大4人まで声を振り分けできます。

▼それぞれ喋る位置を変えて試してみました。

インタビューモード

会議モード

こんな感じで、誰が何を喋ったかをテキスト化することができます。

読み取り精度は翻訳時と同じでイイ感じ。さらに録音した内容は、履歴からいつでも開くことができます。音声を再生したり、文字起こしされた内容をそのままメールや資料にコピーして使えます。

CHASUKE
翻訳以外にも使える多機能さが嬉しい!

最後に(まとめ)

ということで、多機能AI翻訳機「ZERO」を試してみました。

僕が試してみて、特に良いと感じたのが、使いたいと思ってからすぐ使える手軽さ。スマホにZEROを挿して、すぐに話しかけれる状態にできるのは、かなり好印象でした。

CHASUKE
実際の現場でモタモタしてると、チャンスを逃してしまう!

 

ZEROに話しかける際は、読み取り位置だけ注意が必要ですが、それさえ守れば精度良く使えました。僕が使った感覚だとマイク付近50cmで少し声を張れば、「確実に使える」と感じました。

多機能AI翻訳機「ZERO」は手軽に使える精度の良い翻訳機。今後のアップデートにも期待です。

海外旅行やビジネスシーンだけでなく、語学勉強中の人にもおすすめできるアイテムでした。

Makuakeにて支援受付中

既に2500万円以上を集めている注目の翻訳機!(2020年6月22日まで

多機能翻訳機「ZERO」をチェックする

CHASUKE
今ならMakuake価格(6,380円)でお得に手に入ります。これ安すぎるでしょw

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.