[Apple TV 4K購入] 開封してできることを試してみた!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEでございます。

買っちゃいました。Apple TV (アップル ティーヴィー)

我が家には4K対応テレビなんてありませんが、2017年9月15日に発売した新型「AppleTV 4K 32GB」を購入しました。まぁ、将来4K対応する予定なので!!

このApple TVは、今までの製品と比べ「4K対応」「HDR(ハイダイナミックレンジ)対応」ととにかく画質が綺麗になったことに加え、処理能力もアップしております!!

Apple製品同士の親和性が高いため、設定もサクッとできました。また、リモコン入力だと大変な文字入力はSiriの力を借りたり、iPhone側から入力ができたりと感動の連続でした^^

早速開封してできることを試してみました。Apple TVの購入を考えている方は、とっても参考になると思います!!

SPONSORED LINKS

『Apple TV』とは?

iPhoneユーザーだが「Apple TVって何?」となる人も多いはず。その名の通り大画面テレビやディスプレイに接続して利用するものです。

▼実際、Apple TVでできることは以下の通り

  • 「iTune Store」の音楽や映画を大画面で利用できる
  • 「AirPlay」機能を使ってiPhoneやiPad、Macの画面をミラーリングしたり、撮影した写真や動画を家族・友人と見る。もちろんプレゼンにも利用できる
  • 「Amazonプライム」「Youtube」等をAppleTV用アプリを利用できる
  • 上記の動画アプリだけでなく、他ゲームや天気や株情報などのたくさんのアプリをストアからダウンロードして利用できる
  • スマートホームのハブとして利用可能なので、離れた場所にいてもiOSデバイスからHomeKit対応の家電を操作できる

Apple TVの中には「tvOS」というオペレーションシステムが搭載されており、tvOS専用アプリを付属のリモコンを操作して「App Store」からダウンロードできます。

ディスプレイに接続して利用するため、動画系アプリ以外にも、様々なゲームアプリも充実しています。普通にゲーム機として買うのもありだと思います!!

Apple TV 4Kを開封

毎度のことながら、Apple製品は品質というか高級感が最高級レベルで開封するたびにワクワクします^^

▼箱の中身

  • Apple TV 4K本体
  • Siri Remote (リモコン)
  • 電源コード
  • Lightning-USBケーブル
  • マニュアル
  • Appleステッカー

本体は、425gとずっしりしています。また、Lightningケーブルはリモコンを充電するために使用し、1回の充電で数か月持つとのこと。

■スペックは製品ページに公開されています。

スペックをみる

▼本体に接続できるポートとインターフェース

■左からポートは3つ

  • 内蔵電源
  • HDMI 2.0a (2160p、Dolby Vision、HDR10)
  • ギガビットEthernet

■インターフェース

  • MIMO対応802.11ac Wi-Fi(2.4GHz/5GHz)
  • Bluetooth 5.0
  • IRレシーバ

▼薄さ6mmで多機能な「Siri Remote」

このリモコンが多機能なんです。

  • Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
  • IRトランスミッタ
  • 加速度センサーと3軸ジャイロ
  • Touchサーフェス(リモコン上部)
  • Siri用デュアルマイクロフォン
  • 各種ボタン搭載

基本的にリモコンと本体はBluetoothで通信しますが、IRトランスミッタ搭載で直接テレビの音量を上げ下げできます。また、ゲームアプリでは加速度センサーやジャイロが大活躍します^^

ボタンはとっても押しやすく。薄くて軽いのでずっと握って使ってられます。これどうやって操作するんだろと疑問でしたが、リモコン上部エリアが「Touchサーフェス」と呼ばれ、Macのトラックパッドのように使って操作ができます!!

Apple TVの設定はクソ簡単だった

接続するためには「HDMIケーブル」が別途必要です。Apple TV 4K では、HDMI 2.0以降のケーブルが推奨されています。

▼僕はAmazonベーシックのHDMI2.0対応ケーブルにしました。

長さはかさばらないように、処理をできるだけ早くさせるため0.9mと短めを選択。

▼500円ほどなので、めっちゃ人気。

▼本体とテレビをHDMIで接続し、電源ケーブルを差し込む。

電源が入ると前方に白く光る。

▼設定が始まります。

リモコン上部のトラックパッドを使って操作していきます。

▼AppleIDやWi-Fi設定は、iPhoneとリンクしてやるだけで自動設定が可能です。iPhoneと本体を近づけると設定画面が立ち上がってきます。

テレビに表示された認証コードを入れると自動で設定してくれます。これめっちゃ簡単だった♪

Apple TVをサクッと利用してみた

とりあえず使ってみたのは以下のとおり。

  • App Storeから動画アプリをインストール
  • AirPlayでMacやiPhoneの画面を表示
  • Homekit対応家電のハブに設定
  • tvOSアプリのゲームで遊んでみる

Siri音声やiPhoneからの入力がめっちゃ便利!!

ここでは「Amazonプライムアプリ」をインストールしてみました。

▼アプリはiPhoneなどと同じ「App Store」で探します。

tvOSで作られたアプリはめちゃくちゃたくさん有ります。

▼アプリの検索では、Siriボタン押しながらの音声入力が簡単です。

上下左右といったボタンがないので、すべて「Touchサーフェス」で操作するのは、結構大変です(.. )

▼パスワード入力は、Siri音声を使っても大変。

でも大丈夫、iPhone側から入力できました!!

▼入力画面のときに、iPhoneを開くとプッシュが飛んできます。

1Password」などパスワード管理アプリからコピって、貼り付ければめっちゃ簡単に入力できます^^

▼これで無事にインストール完了。

▼ちなみに「Siri Remote」が手元になくても、コントロールセンターに「Apple TV Remote」するとiPhoneがリモコンになりますよ!!

AirPlayで画面の共有がめっちゃ便利に!!

iPhoneの動画や写真、ゲームなどをみんなで見たい時。打ち合わせなどで資料を共有したい時。誰のiPhoneやiPadであっても簡単に共有ができます。

▼例えば、iPhoneで撮影した写真を共有したいなら、

写真を選んでAirPlayを選択するだけで、Apple TVの接続ディスプレに簡単に表示できます。

▼iPhone画面をミラーリングしたいのであれば、コントロールセンター開いて、「画面ミラーリング」をポチッとするだけでOK。

Apple製品同士の連携は最強♪

▼MacのPC画面を共有するなら、AirPlayアイコンをタップ。

無線接続で、個別のディスプレイとして使用できるのが、これまた良いところ。しかもサクサクで画面の遅延はほぼ有りません!!

Homekitハブに設定する

これにより自宅ネットワークに接続していなくても、Homekit対応家電に接続できるようになります。僕が一番やりたかったことでもあります。

とは言っても、特に何も設定しなくても使えるようになっていました。

自宅ネットワークから離脱しても、Homeアプリから家電操作、各種センサーの情報が確認できました!!!!!!!

Appleファンでスマートホームを実現したいなら、Apple TVは必須とも言えますね!! なおこの機能はiPadでも代用できるとのことですが、ずっと電源ONにしておくのは微妙です。

Apple公式の設定方法はこちら

気づいたら1時間くらいゲームやってたw

購入前はゲームやるなんて考えてなかったが、やってみたらハマってしまった。普通にゲーム機として買っても良いくらいゲームアプリが揃ってますね。

▼わからなかったので、こちらの動画で面白そうなtvOSアプリを物色。

どれも面白そうなのですが、6位の「ハングリーシャーク」をやってみたら普通に1時間くらい遊んでました。他のアプリも試していこっと。

ゲームは「Siri Remote」でも手軽に楽しめますが、本気でやるならApple Storeで販売してるコントローラーがあっても良いかもです。

最後に

Siri音声はiTunesの音声や動画には反応して再生してくれますが、その他はアプリの操作は起動のみしかできません。まぁ、当たり前なんですが、最近スマートスピーカー癖がついてしまったのかも(- -;)

Apple TVの使い方として、自分専用のディスプレイに接続してゲームやサブモニターとして利用するのも有りだし、みんなの集まるリビングの大画面テレビに接続して大人数で楽しむのも有りな製品ですね!!

我が家には「Amazon Stick TV」や「Chromecast」も揃ってますが、『Apple TV』がある以上使う機会がなくなってしまいそう….

それではまた^^