充電器

スティック型モバイルバッテリー『cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh』の性能・使い方レビュー!

2020年2月8日

どうも、CHASUKEです。

モバイルバッテリーが欲しいと妻が言うので、僕も1度使ってみたかった「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh」を購入してみました。

  • 重いのはイヤ
  • デカいのはイヤ
  • 1回充電できれば良い
CHASUKE
こんなリクエストを受けて選んだよ!

ということで、本記事では「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh」のレビューを写真いっぱいでお届けします。

このモバイルバッテリーは、その名の通りスティック型です。容量は5,000mAhと控えめだが、iPhone11を約1回分と少し充電できます。また、125gと抜群な軽さ細長い形状で、バッグの中での収まりが良く普段使いに最適です。

軽いモバイルバッテリーを検討中の方の参考になれば幸いです。女性にもオススメです。

CHASUKE
CHEERO製品は高品質なので安心できます!

cheero Power Plus 5 Stickの外観とサイズ感

これがパッケージです。

スティック型をした、PD対応18Wで高速充電ができるモバイルバッテリーです。

CHASUKE
カラバリは黒のみ!

 

▼中身がこちら。

  • cheero Power Plus 5 Stick
  • USB-C to USB-Cケーブル
  • 取扱説明書(保証書付き)

バッテリー本体を充電するためのCtoCケーブルが付属してました。

CHASUKE
これはありがてぇ。

 

スラッと細長い形状をしてます。

サイズは「約2.5 x 2.7 x 12cm」で、重さは「125g」となります。同じ5000mAhのスティック型と比べても、かなりスリムです。この形状でこの軽さならズボンや胸のポケットに入れて、気軽に持ち運びできます。

アルミ素材で表面はひんやり冷たい

無駄のないスタイリッシュなデザイン。

実はこのカッコ良さにつられて、同シリーズの「10000mAhモデル」と「20000mAhモデル」を所有してたりします。

CHASUKE
可愛い系ではなく、クールでカッコいい系!

 

側面にボタンが1つだけあり、押せばバッテリー残量がパッと表示できます。

よくある残量チェックのLEDインジケータとは違い、1%刻みで表示できるのがとても良い。

エッジ部分がダイヤモンドカット加工により、キラッとシルバーに光って見える。高級感をプラスしているようだが、個人的にはカッコよく黒で統一してほしかった..

小さなモバイルバッテリーですが、ポートが2つ用意されている。ナイスです。

入出力ポートは、USB-C(入出力)USB-A(出力のみ)があります。

反対の面は、製品名や仕様が記載されている。事故の危険性がある電気用品に義務付けられている「PSEマーク」はここにあった。

CHASUKE
それにしても、黒地にオレンジの文字がイイ感じ!

 

▼サイズ感はこんな感じ。

縦長のスティック型だが、iPhoneよりは短い。

厚みは、iPhoneの2倍ほどでしょうか。

他に近所のスーパーで「なんか伝わりやすいモノないかなー」って探してきた結果がこちら。

購入前にサイズ感をいろんなサイトで調べたけど、なかなか伝わってこなかった。これが参考になれば嬉しいなー。

CHASUKE
なかなか良いモノをチョイスしてきたでしょ

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhの使い方

充電しながらのスマホ利用も余裕

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhには、2つのポートがある。

  1. USB-C(PD)
    最大18Wで入出力
  2. USB-A(AUTO-IC)
    最大12Wで出力

メモ

一般的に、PDとは「PowerDelivery」の略で、最大で100Wまでの出力できる国際標準規格のこと。AUTO-ICは、機器ごとに最適な電流(最大2.4A)を流せるcheero独自技術のこと。

 

これらの2つのポートを使って、下記の4つの使い方ができます。

  1. USB-Cで機器を充電
  2. USB-Cでバッテリー本体を充電
  3. USB-Aで機器を充電
  4. USB-CとUSB-Aで2台同時充電
CHASUKE
上から順番に性能をチェックしていきまーす

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhの性能

USB-CでiPhoneを充電してみた(充電スピードの計測有)

0.1mの短いPD対応ケーブルを使用

iPhone XSを充電してみました。

iPhone8以降では、PD規格に対応しているため、最大18Wの超高速充電ができます。

ただし、付属していたUSB-C to USB-Cは使えません。別途、PD対応した「USB-C to Lightningケーブル」が必要です。

せっかくの小型モバイルバッテリーなので、ケーブルが邪魔にならないように0.1mの短いモノ(MFi認証)を買ってみました。レビューはこちら

▼充電結果がこちら。

iPhoneのバッテリー残量に左右されるため、最大出力までは出なかった。けれど、9V×1.4A(約13W)出力されており、問題なくPD充電されていると言える

▼10分単位に充電性能を計測してみた。

充電
時間
iPhone
電池残量
バッテリー
充電残量
00:003%100%
00:1025%85%
00:2043%70%
00:3058%58%
00:4072%46%
00:5077%42%
01:0085%38%
01:1090%33%
01:2094%31%

爆速です

10分で19%30分で55%50分で74%という驚異のスピードでした。

さらに、iPhoneを90%まで充電しても、まだモバイルバッテリーに30%の余力が残っていた。

 

USB-Cでバッテリー本体を充電してみた

先ほどと同じで、USB-Cポートからモバイルバッテリー本体を充電できます。こちらもPD対応で高速充電が可能です。

この場合、付属のUSB-C to USB-Cケーブルが使えますが、別途、PD対応の充電器(18W出力以上)が必要になります。

写真左の充電器は、ノートPCも充電できる60W出力のRAVPowerの製品ですが、30W出力できれば十分です。「Anker PowerPort Atom PD1」や「Anker PowerPort III mini」辺りがオススメです。

この組み合わせで、0%→100%まで約1時間20分でフル充電完了。これもやっぱり早い!

CHASUKE
普段使いを想定しているので、早く充電が終わるのは助かる!

 

USB-AでiPad(無印)を充電

今度は、USB-Cではなく、USB-AでiPadを充電してみました

こちらは最大12W出力であり、PDには劣るものの、USB-A採用の製品はまだまだ多い。

これでLightning端子を持ったiPadを充電するには、別途、「USB-A to Lihgtningケーブル」が必要となります。iPhone付属のものでもいいが、僕は短くてかさばらない「Anker PowerLine II (MFi認証)」を使ってます。

▼電流を測定した結果がこちら。

おぉー。

ちゃんと最大2.4A付近まで出力されています。バッチリですねー。

 

USB-CとUSB-Aで2台同時充電

それぞれのケーブルを2つのポートに使って、デバイスを2台同時に充電できました。

注意したいのは、両ポートの合計出力が18Wであること

つまり、2台同時に最大スピードで充電できない。

ここではスピードは遅くなるものの、2台同時に充電できるパワフルさを評価したい

 

バッテリー残量が一気に無くなる事象の対処法

バッテリー残量の数値は70%とあるにも関わらず、充電開始すると数分で0%になってしまう事象に遭遇しました。これはAmazonレビューに散見される内容です。

Cheeroに問い合わせて、事象報告したところ、下記の対処法を教えていただきました。

対処方法

モバイルバッテリー本体の電池残量を「使い切ってから満充電」を約3回程度繰り返す。

これを言われた通りにやってみた結果、絶好調になりました。

一気にバッテリー残量が0%になる事象が全くなくなりました。不思議w

CHASUKE
同じ事象の人は参考にしてみて下さい

最後に

妻からのリクエストに応じて、「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh」を購入してみました。

短いケーブルとセットで渡したんですが、満足そうに使ってます。軽くて細長い形状なので、バッグにもポケットにも入れやすそう。

CHASUKE
ちゃんと選んだ甲斐があった。イェーイ!!

今回検証したとおり、性能バッチリ。

軽くて収納しやすいスティック型モバイルバッテリーをお探しならおすすめです。女性にもオススメ!

▲cheeroの製品は安全性能も高い!

▲短いPD対応ケーブルもセットでおすすめ!

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.