PC不要のVRゴーグル『Oculus Go』を使ってみた感想

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

先日の『Oculus Go(オキュラスゴー)』ファーストインプレッション記事の続きです。

PC不要のVRゴーグル『Oculus Go』をさっそく使ってみた!!
どうも、Oculus Goにどハマり中のCHASUKEでございます。 高性能なPCは不要、ケーブルレスで使えるVRマシン『Oculu...

中国国内向けに発売されたモデルは、3分で完売し、入荷待ち5万台以上と凄まじい人気を誇っていますね。

そんな『Oculus Go』を購入して2週間が経ち、色々な機能やコンテンツ試してみた感想を書いていきます!!

SPONSORED LINKS

いくつかコンテンツを試してみた

僕が思った感想を書いていきます。

VRジェットコースター『Epic Roller Coasters

とりあえずVRっぽいコンテンツをということで、ジェットコースター系ゲームの中ではクオリティが高く、無料で楽しめると評判の『Epic Roller Coasters』を試してみた。

感想としては、映像がとても綺麗で滑らかなので、初VRの人なら確実に感動する体験ができると思います。ただ、ひどくVR酔いしました..

通常モードのジェットコースター体験は1度やれば十分ですが、自分でアクセルとブレーキを操作できる「レースモード」が面白かった。スピードの出し過ぎでコースを脱線したりと恐怖体験もできます。

標準アプリ『ギャラリー』は良い感じ

ギャラリーは、VR空間で写真や動画を手軽に見ることができるOculus標準アプリ。

スマホ、DLNAに対応したNAS、Dropboxなどに格納されているメディアを自分だけのプライベート空間で見ることができる。手軽に子供や旅行の思い出写真を見返せるようになった。しかも、寝転がったり、どんな体勢でも目の前に写真を持っていくことができて、とても気に入った。

当たり前ですが、THETAで撮影した360度写真とVRは相性が抜群に良い。最近よく撮っているのでOculus Goで見るのが楽しみの一つ。

全天球360度カメラ『THETA』で撮った写真や動画の活用方法
どうも、CHASUKEです。 2年前に、ハワイ旅行で360度カメラ「THETA S(シータエス)」を紹介しました。 あ...

動画は貸切状態のシアターモードが選べた。周りを見渡すと誰もいない映画館の椅子が確認できる。シアターモードを解除すれば寝転がって仰向け状態でも閲覧が可能となる。

残念なことに、写真も動画もサムネイルが表示されないので、大量のメディアの中から目的のメディアを探すのが厳しい。是非改善してもらいたい。

VRゲーム系コンテンツは微妙かも

VRゲームは、僕的には微妙でした。

『Virtual Virtual Reality』

VR空間でVRを装着して冒険するゲーム『Virtual Virtual Reality』が面白いと聞いたので、試してみた。英語音声ですが、日本語字幕付きなので問題なく遊べます。

VRの中でVRという不思議な設定な上、コントローラーで物を掴んだり離したりと操作が少し難しかった。最初は夢中(必死に?)で遊んでいたのが、すぐに飽きてしまった。絶賛しているレビューが多いVRゲームなので、もう少しやって見るとハマるのかもしれない。ちなみに990円の有料コンテンツ。

『Land’s End』

パズルゲーム『Land’s End』も面白いと聞いたので試してみた。

こちらはコントローラ不要で、視点を合わせながら、パズルを解いてゴールを目指すゲームです。映像はとても綺麗で、幻想的な景色を眺めてても面白いのですが、これも見事に途中で飽きてしまった。全5ステージとのことだが、3ステージ目でフェードアウト。こちらも490円の有料コンテンツ。

当初はVRゲームが目的だったが、僕には合わないのかも知れない。それか単純に面白いと思うゲームに出会ってないだけかもしれない。ゾンビとかホラー系は怖いので、手を出すつもりはないが、シューティングや空戦系ゲームなど探してみようと思う!!

VR空間のブラウジングが快適すぎる

標準アプリ『ブラウザ』からブラウジングができます。

『ブラウザ』なんて全然期待してなかったけど、使ってみたらめっちゃ良かった。

自分だけのVR空間で、コントローラーを使ってインターネットが楽しめます。Oculus Goさえあれば場所を選ばず、目の前のディスプレイでネットが使えるって素晴らしい。寝転びながらAmazonで買い物できちゃう。

専用アプリがない『YouTube』や『AbamaTV』はブラウザ経由で再生可能♪

ブラウザの画面右上にあるパソコンマークを選択して「デスクトップをリクエスト」すると再生可能です。

24時間面白い番組やニュースを放送しているAbamaTVも見えるのは嬉しい。

同様の方法で、Amazonプライムビデオも視聴可能です。しかし、普通に再生すると、スキップや再生位置を変更するコントロールUIが表示されません。

なんと問題を解消するブックマークレットを公開してくれてました。あざます!!

動画プレーヤーが最高すぎた

『Netflix』

寝転びながら映画鑑賞できると噂の『Netflix』

まさに噂通りです。Oculus Goのために契約しました。

VRで2Dの映画鑑賞って、せっかくのVRが勿体無く感じてしまうが、そんなことはなかった。いつも座ってるオフィスチェアに腰掛けた状態でNetflixアプリを起動すると、雰囲気の良いリビングのソファに座った自分がいる。目の前には100インチ以上の巨大ディスプレイがあって、そこで映画やドラマを堪能できます。(ちなみに、時計がどこにもないw)

リビングモードを解除すると、VR内のディスプレイを自由な場所に貼り付けれるので、好きな体勢で楽しめる。あまり期待していなかったのですが、良い意味で期待を裏切られた。

体験してみるまでわからなかったが、みんなが口を揃えて『最高だ』と言う意味がわかった。これ最高。

『DMM動画プレーヤー』

VRエロ動画で有名な『DMM動画プレーヤー』もちゃんと試しましたよー。

初めてVRでエロを鑑賞しましたが、若干ピントが合いませんが、これ凄いですね。立体的に見えることに感動。

ただし、動画には当たり外れがあるようなので、ランキンング上位のものを選ぶと間違いありません!!

ソーシャル系コンテンツに期待大!!

Facebookならではのコミュニケーション系コンテンツが流行りそうな予感。

『Bigscreen』

大画面を複数人で共有しながら、音声チャットできるコミュニケーション系コンテンツです。

遠く離れた友達ともVR空間上ではあるが近くにいる感覚でコミュニケーションが取れます。

また、BigscreenをWindowsとOculus Goにインストールすることで、Oculus GoのVR空間にWindowsPCのリモートデスクトップを表示できますが、肝心の画面の解像度があまり良くないし、遅延もあるので使いづらかった。

VRと言えば、1人で没入するイメージですが、ソーシャルなコンテンツも面白いと感じた。周りの友人にOculus Goユーザーがいないので、オープンになっていた部屋に突入してみた。スペイン人とアメリカ人がリモートPCで何か作業をしていたが、アバターがこちらを向いてカタコトの日本語で会話してくれた。自宅にいながら国際交流が出来ちゃった^^

『Oculus Room』

カスタマイズした自分の部屋に、4人まで招待できて一緒に以下のようなことができます。

  • アバターでの会話
  • テーブルゲーム
  • 写真、動画の共有
  • 音楽を聴く

こちらのページで詳しく紹介されています。口コミでは、『一緒にいる感覚』や『実際に会ってる感覚』を味わえる未来感を感じさせる声が上がっています。ビジネスでもVR会議なんて言葉が普通に登場して来そうですね^^

こういうのが流行り出したら、一気にVR人口が増えそうだ!!

その他のコンテンツ

VR語学学習『Mondly: Learn Languages in VR』

こちらは、まだ試せていませんが、是非インストールしたいコンテンツです♪

VR空間内でアバターと会話しながら語学を学ぶことができます。とっても実用的ですね。VRで語学留学という近未来だった話が現実になるかも!!

VR漫画『Sphere Toon』

VRで楽しめる漫画です。

漫画なのに周りが見渡せる新しい感覚です。残念ながら韓国語なので何が書いてあるかはわからない。こちら設定から英語にできました。

日本の漫画のVR化に超期待!!

Oculus Goを使用した感想

手軽さが半端ない

ハイエンドVRのようにトラッキングセンサーが不要で、スマホVRを遥かに凌ぐ性能、解像度の『Oculus Go』は、なんと言っても手軽さが半端なく良い。

『ちょっとVRでドラマみよう』などの『ちょっとVRで..』と思ったときにすぐに使えるのが良い。実際、使おうと思って30秒以内にはもう電源入れて立ち上がってますからね♪

この手軽さは、VR普及を考えるとかなり重要な要素ですね^^

レンズがうっすら曇る

残念なのが、レンズがすぐ曇ること。

目から熱を発しているのかすぐに一部が曇ってくる。前が全く見えなくなるわけじゃないので我慢できるが、少しストレスなのでなんとかしたい。

VRゴーグルへ使用で定評のある超高性能な曇り止め『FOGTECH(フォグテック)』を購入してみた。Amazon.co.jpで2,800円もする。

付属の布に数滴垂らして拭いてやると、全然曇らなくなった♪

電ケーブルはマグネット式がおすすめ

マニュアルによると充電しながらの利用は基本NGとなっている。

基本NGですが、問題なく使えます。

すぐに電池がなくなるので、待ちきれずに覗いてしまうと、コードが繋がっていることを忘れて一度大惨事になりかけた。

ということで、マグネット式の充電ケーブルを使うことにしました。コードが引っ張られてもポロっと外れるので安心なやつです^^

dodocoolのmicroUSBマグネットケーブルで日々の充電作業を楽々に。
どうも、CHASUKEでございます。 機器の充電ケーブルの抜き挿しって意外とめんどくさいものですよね。特にmicroUSBは向きも考えて挿さ...

バッテリーが勝手に減る

内蔵バッテリーをフル充電して、動画再生で約2時間30分の連続使用ができます。

充電ケーブルを接続して、LEDランプが「オレンジ→グリーン」に変わるとバッテリーが100%になった合図となる。ケーブルを抜いて、しばらく放置してから、利用するとバッテリーが50%とかになっていることがしばしばあった。

実は、Oculus側の電源をオフにしていても、充電ケーブルを接続すると電源が自動でオンになる仕様らしい。そのため、充電後、ケーブルを外してから電源オフする必要がある。いざ使いたい時にバッテリー不足に注意しましょう!!

勝手に電源がオンにならないようにしてほしい。

コスメバッグ(小)は内側ポケットが邪魔

Oculus Goにはケースが付属してません。

今のところ、持ち出す予定もないし、テーブルに粗末に置いてあったほうがすぐに使えるのでそうしてあるのですが、どうやら無印良品の「メイクボックス小」がちょうど良いとのことで試してみました。おじさんがメイクボックスを1人で買ってきましたw

さっそく試した結果ですが、、すぽっと入ってくれない、、

内側にメイク道具を入れるためのポケットがついていため、引っかかります。

▼時間をかけて、上手に収納してやれば入ります。

内側のポケットを全部除去してみようと思う。

最後に

当初はVRゲームや全天球の映像コンテンツなどを遊ぶ目的で購入したのですが、現在の使い方はブラウザやギャラリー、YouTubeやNetflix、AbemaTVなどの動画プレーヤーがメインです。あまり想定してなかった使い方ですが、これがベストでしたw

どこでも手軽に使えるところが魅力で、電車の中で利用した猛者も現れているようだ。もう少しすると、タクシーやバスの中、病院の待合室などでも利用者を目撃する日が来るかもしれない。この勢いで、ユーザーが増えて行けば、Oculus Roomなどソーシャルコンテンツも盛り上がってきそうだ!!

使ってみて言えることは、これほど使えるVRデバイスが税込『23,800円』は安いということ。当然、買ってよかったデバイスでした♪