Alexaスキル『Node-RED』で『Nature Remo』を使う方法

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

今回もAlexaスマートスキル「Node-RED」ネタです。

前々回は、デバイスを追加して、Alexaでスマートスキル『Node-RED』の呼出方法。

Alexaスマートホームスキル『Node-RED』を使ってみた
どうもCHASUKEです。 Alexaで使えるスマートホームスキル『Node-RED』の利用方法を書いていきます。 な...

前回は、『Node-RED』でNatureRemoノードの使い方。

Node-REDで『Nature Remo』ノードを使う方法
どうも、CHASUKEです。 Node-REDでNature Remoを使ってみました!! 前回は、Alexaからの呼...

今回は、上記でやってきた内容を組み合わせて「アレクサ、電気をつけて/消して」のように、より自然な家電操作ができるようになりました。

また、Nature Remoに搭載されたセンサー情報(温度と湿度)を取得して、ディスプレイ表示させてみました!!

今回は、こちらの実現方法を紹介していきます^^

SPONSORED LINKS

完成したものがコチラ

まずは結果から。動画は約45秒。

※自分の声は恥ずかしいのでAWSのPollyの声を拝借してますw

最後の「センサーをオン」で、Nature Remoに搭載された温度/湿度センサー情報を取得してディスプレイガジェット『LaMetric Time』にティッカー表示させてます^^

スマートで便利なIoT時計『LaMetric Time』が面白い!!
どうも。 これまたおもしろいものをゲットしたCHASUKEでございます。 ▼それがコレ。 手ブレごめんなさいw 可...

Alexaノード『alexa home resp』を利用することでAmazon Echoへレスポンスを返せるようなのですが、うまく動いてくれなかった..

動画では簡単にするため、「電気をオン」と言ってますが、「電気をつけて」や「電気を消して」でももちろんOKです!!

Alexaスキル『Node-RED』を使った家電制御

▼照明をON/OFFするために、作成したフローがこちら。

基本的には、前々回のAlexaノードの呼び出し、前回のNature Remoノードを使った家電操作を合体させました。

ポイントは、2つを接続しているswitchノード。これにより、「アレクサ、電気をつけて」と「アレクサ、電気を消して」を分岐させています。

▼例えば、Amazon Echoに向かって「アレクサ、電気をつけて」と言うと、

msg.payloadの値が「true」となって、Alexaノードから次のノードに渡されます。

▼同じように「アレクサ、電気を消して」と言うと、

msg.payloadの値が「false」となります。

オン/オフの音声操作に従い、次のノードに「true/false」が渡されます。

▼Alexaノードの次にswitchノードを仕込んで「payload」の値で分岐させてやります。

↑switchノード設定値

これで、ばっちり利用できるようになります!!!

▼Alexaアプリからもしっかり反応しますよ^^

『Nature Remo』からセンサーデータを取得

続いて、Nature Remoの温度/湿度センサー値を取得します。

▼作成したフローがこちら。

「センサー」というデバイスを追加して呼び出すと、「温度」と「湿度」がデバッグエリアに表示されます。

▼センサー情報は『Nature Remo』ノードではできないので、自力でhttpリクエストして情報を取得します。

httpヘッダー編集用に「swichノード」とhttpリクエスト用に「http requestノード」を利用しています!!

▼httpヘッダー編集用の「swichノード」設定

msg.headers.acceptapplication/json
msg.headers.Authorization前回のNatureRemoアクセストークン

▼続いて、httpリクエスト用に「http requestノード」を設定

メソッド GET
URL https://api.nature.global/1/devices

これでセンサー値が入ったデバイス情報が取得できました。あとは煮るなり焼くなり好きにしてください。僕の場合、最初の動画の通り、ドット表示のLaMetricにティッカー表示させてみました^^

本当は、Amazon Echoで上手いこと返事が作れたらよかったんですが..残念。Google Homeであれば強引に喋らせることができます(※以下リンク)が、Amazon Echoに話しかけて、Google Homeが返事するので全く実用性がない..

我が家のGoogle Homeが自分から話せるようになりました。
どうも、2017年は大変お世話になりました。 CHASUKEでございます。 年末年始ということで、時間があったので我が家の「Goo...

最後に

全3回に渡って、Alexaスマートホームスキル『Node-RED』を実験してきました。

Nature Remoノードを使って遊びましたが、以前紹介したNetatmoのノードもあったので置き換えて別のセンサー情報やAPIを使っても面白いです。

環境データをクラウドに蓄積できる「Netatmo ウェザーステーション」
どうも、IoT製品で着々とおウチのスマート化を進めているCHASUKEでございます。 2011年8月から販売されているIoT製品のパ...

それでは。

コメント

  1. Megalith より:

    Nature remoでスマートホームスキルが使えるようになるらしいですよ

  2. Chabiichi より:

    とても参考になりました!!ありがとうございます!
    アレクサスマートホームスキルの日本語対応がオン/オフしかできない現状で、Node-Red経由なら細かい指示ができるかと思ったのですが、アレクサアプリが全く対応されてなくて残念。
    ホームスキルブリッジ側で機能毎にデバイスを追加したらイケそうな気がしますが、例えばエアコンの温度を上げ下げするのをオンオフで指示するのはスマートじゃないですよね。