スマート製品

Alexaスキル『Node-RED』でNatureRemoノードを使う方法

どうも、CHASUKEです。

今回もAlexaスマートスキル「Node-RED」ネタです。

前々回は、デバイスを追加して、Alexaでスマートスキル『Node-RED』の呼出方法。

https://chasuke.com/alexa_nodered1/

 

前回は、『Node-RED』でNatureRemoノードの使い方。

https://chasuke.com/noderemo/

 

今回は、上記でやってきた内容を組み合わせて「アレクサ、電気をつけて/消して」のように、より自然な家電操作ができるようになりました。

また、Nature Remoに搭載されたセンサー情報(温度と湿度)を取得して、ディスプレイ表示させてみました!!

今回は、こちらの実現方法を紹介していきます^^

完成したものがコチラ

まずは結果から。動画は約45秒。

※自分の声は恥ずかしいのでAWSのPollyの声を拝借してますw

最後の「センサーをオン」で、Nature Remoに搭載された温度/湿度センサー情報を取得してディスプレイガジェット『LaMetric Time』にティッカー表示させてます^^

https://chasuke.com/lametric/

 

Alexaノード『alexa home resp』を利用することでAmazon Echoへレスポンスを返せるようなのですが、うまく動いてくれなかった..

動画では簡単にするため、「電気をオン」と言ってますが、「電気をつけて」や「電気を消して」でももちろんOKです!!

Alexaスキル『Node-RED』を使った家電制御

▼照明をON/OFFするために、作成したフローがこちら。

 

基本的には、前々回のAlexaノードの呼び出し、前回のNature Remoノードを使った家電操作を合体させました。

ポイントは、2つを接続しているswitchノード。これにより、「アレクサ、電気をつけて」と「アレクサ、電気を消して」を分岐させています。

 

▼例えば、Amazon Echoに向かって「アレクサ、電気をつけて」と言うと、

msg.payloadの値が「true」となって、Alexaノードから次のノードに渡されます。

 

▼同じように「アレクサ、電気を消して」と言うと、

msg.payloadの値が「false」となります。

オン/オフの音声操作に従い、次のノードに「true/false」が渡されます。

 

▼Alexaノードの次にswitchノードを仕込んで「payload」の値で分岐させてやります。

↑switchノード設定値

 

これで、ばっちり利用できるようになります!!!

 

▼Alexaアプリからもしっかり反応しますよ^^

『Nature Remo』からセンサーデータを取得

続いて、Nature Remoの温度/湿度センサー値を取得します。

▼作成したフローがこちら。

「センサー」というデバイスを追加して呼び出すと、「温度」と「湿度」がデバッグエリアに表示されます。

 

▼センサー情報は『Nature Remo』ノードではできないので、自力でhttpリクエストして情報を取得します。

httpヘッダー編集用に「swichノード」とhttpリクエスト用に「http requestノード」を利用しています!!

 

▼httpヘッダー編集用の「swichノード」設定

msg.headers.acceptapplication/json
msg.headers.Authorization前回のNatureRemoアクセストークン

 

▼続いて、httpリクエスト用に「http requestノード」を設定

メソッド GET
URL https://api.nature.global/1/devices

 

これでセンサー値が入ったデバイス情報が取得できました。あとは煮るなり焼くなり好きにしてください。僕の場合、最初の動画の通り、ドット表示のLaMetricにティッカー表示させてみました^^

本当は、Amazon Echoで上手いこと返事が作れたらよかったんですが..残念。Google Homeであれば強引に喋らせることができます(※以下リンク)が、Amazon Echoに話しかけて、Google Homeが返事するので全く実用性がない..

https://chasuke.com/ghnotifier/

最後に

全3回に渡って、Alexaスマートホームスキル『Node-RED』を実験してきました。

Nature Remoノードを使って遊びましたが、以前紹介したNetatmoのノードもあったので置き換えて別のセンサー情報やAPIを使っても面白いです。

https://chasuke.com/netatmo/

それでは。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2019 All Rights Reserved.