コスパ抜群で高性能な無線ルーター『Archer C2300』を導入!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

先日、僕の実家でルーターが壊れたとの連絡が来たので、我が家で使っていた「TP-Link Archer7」を実家に持っていき、無事に使えるように♪

さてさて、我が家の無線ルータがなくなったのを口実に、「日本上陸して話題の Google WiFi でも買ったるか。」なんて企みながら、調査してみると、たしかに無線で複数台の同機器を接続できるメッシュネットワークは魅力的なんだが、「有線ポートが少ない」「WPSボタンない」「1台16,200円と高価」などといった理由で見送りました。

今の時代、無線WiFiルーターは必要不可欠なんですが、種類が多くて迷いますよね。色々と探してみましたが、最終的にはコストと性能が良いTP-Linkになっちゃったw

新モデル「TP-Link Archer C2300」にしました!!!!!

このルータ、性能も機能もてんこ盛りにも関わらず、コスパ抜群でした。性能や機能の凄さは後で説明しますが、Amazon.co.jpで13,458円(2018.519現在)となってます。

さっそく開封&設定して、使ってみました。前回モデルより強力なのに、サイズがコンパクト。買って大満足な無線WiFiルーターです!!

SPONSORED LINKS

「TP-Link Archer C2300」の性能&機能

詳細な製品スペックは下記の公式ページが見やすいので、こちらをチェック願います。

TP-Link Archer C2300 スペック

通信速度「5G:1625Mbps 2.4G:600Mbps」

Archer C2300は、Broadcomの高速化技術「NitroQAM」に対応した3本のアンテナから、2.4GHz帯(IEEE 802.11b/g/n)では最大600Mbps、5GHz帯(IEEE 802.11ac/n/a)では最大1625Mbpsの通信速度(理論値)を実現しています。

これだけの通信速度があれば、複数のPCやスマホ、多くのネットワーク家電を繋いでも十分です。推奨接続台数は18台、最大接続は48台となってます!!

1.8GHz デュアルコアCPU搭載

ルータとしは高性能なCPUが搭載!!

しかも、製品カタログでチェックすると、上位モデル「Archer C3150」「Archer AC5400」が1.4Ghzデュアルコアとなっているので、これらより高性能なものが搭載されてて、なんか得した気分♪

CPU性能は、ルーターに集まってくるデータを素早く処理するために必要です。ネットゲームや高画質4K動画も処理能力が高いので、途切れにくくなりますね。

MU-MINO対応

画像を見ての通りですが、「MU-MINO」を使用することで、一度に多くのデバイスを接続でき、スループットが向上し、デバイスの待ち時間を短縮できるのです。

「MU-MINO」は聞き慣れない言葉ですが、スゲー。

WiFi受信範囲が広がるレンジブースト機能

レンジブースト機能も凄いです。

ルータから飛ぶWiFi電波の強さは、法律で規制されてますので、従来のレンジブーストがないルータですと通信能力が弱いデバイスは通信ができません。だが、レンジブーストは、ルーターのデバイス探知能力を向上させることで、電波の受信範囲を広げているのです!!

この機能のおかげで、離れた場所から中継器なしで通信可能♪

その他、機能が盛り盛り

アンチウイルス、保護者による制限、QoS機能)が使える「Homecare」が無料で付いてたり、OpenVPNとPPTP VPN接続をサポートしてたりします。

さらにさらに、IFTTTやAmazon Echoにも対応しているのが面白いところ。

IFTTTでは「特定端末がルーターに接続」「特定端末がルーターから切断」「新しい端末が接続された」をトリガーにできます。また、「特定端末の通信優先度をあげる」などのQos機能をアクションに指定できます!!

Amazon Echoによる音声操作も可能。スピードテストやWPSオン、Qos機能による優先度変更が可能になります。これめちゃめちゃ便利やん。

音声操作一覧はこちら

開封&設定

すんごいキラキラなパッケージ。ゴージャス☆

さぁ、開封してハードをチェックしていきます♪

アンボックス(開封)

ゴージャスなパッケージの中は、しっかりした白箱でした。

▼中身を全部

パッケージ内容は以下の通り。

  • ルーター本体
  • アンテナ(3本)
  • LANケーブル
  • 電源ケーブル(1.5m)
  • かんたん設定ガイド(日本語)
  • 保証書(3年間)
  • ライセンス通知書
  • WiFi情報カード

▼これが本体とアンテナ。

上半分は、熱が逃げやすいように網目状にデザインされてて、縦にLEDインジケータが表示されます。前回のArcher C7と比べると、断然カッコいい!!!!!

▼スリム化されたのも嬉しい。

サイズは「21.6 x 16.4 x 3.68 cm」です。裏面に壁掛け用の引っ掛け穴も備わっています♪

▼とても薄いので、壁掛けしても問題ないですね。

▼LANは、4つとも全てGigabit対応。

WANポートとPowerオン/オフボタンが備わってます。デバイス側の対応も必要ですが、LANポートを2つ使ってNASの通信速度を2倍にする「リンクアグリゲーション」にも対応してます^^

▼サイド側は、USB3.0とUSB2.0が備わってます。

WiFiオン/オフボタン、WPSボタン、Resetボタンがあります。

USBが備わっているので、USBハードディスクを接続して、NASのようにファイル共有ができたり、USBプリンターのネットワーク化も可能となっています♪

▼アンテナ3本を取り付けてみた。

アンテナは手前方向には倒せませんが、横や奥に倒して方向を変えれます。このアンテナの向きが重要なので、しっかり飛ばしたい方向に向けましょう!!

設置

前回のArcher C7がこんな感じだった。

▼今回のArcher C2300を置き換えてみると、スリムさがわかる。

これは良い!!

ちなみに、ルーター取付の際は、終端装置の電源を抜いてから、順番に電源を入れていくとスムーズです。終端の装置にルーターの情報を持っていたりするので..

初期設定

無線ルーターの初期設定と聞くと、なにやら難しいと思われがちだが、TP-Linkは専用アプリを使ってスマホから簡単に設定ができる。

▼アプリはこちら

TP-Link Tether

TP-Link Tether
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ

iPhoneで設定していきますが、Androidでも同様だと思います。

インターネットに接続されてなくても、「TP-Link〜」というWiFiが飛んでいるので、そちらに接続します。この時のパスワードは、ルーターの裏もしくはWi-Fi情報カードに記載されてるPINを入力すればOK。

インターネット接続タイプですが、インターネットサービスプロバイダーによって異なります。僕はフレッツ光契約なので、PPPoEとなります。

よくわからない人は、自動を選択しましょう。ちなみに、うちの実家はケーブルテレビ(CATV)で契約しているので、専用回線でのため、PPPoEのような認証は不要となる。

▼フレッツ光に申し込んでるなら、プロバイダーから接続用のIDとパスワードをもらっているはず。これを入力しましょう。

▼はい、できました!!

これで、インターネットが使えるはずです。

ルーター機能を使う

アプリでルーター機能を使い倒す

▼アプリを使って、スペードテストや接続クライアント数を確認したり、HomeCareなどの機能が利用できます。

タイミングにもよりますが、このときのWiFi速度がダウンロード「91.2Mbps」

我が家はマンションのVDSL配線のため、最大100Mbpsですので、90%以上のスピードが出ていることになる。こりゃ優秀だ。そして、早くマイホームを買って、ギガビットを体験したいところw

画像右は、アプリを開くと「TP-Link ID」との紐付けを要求される、そもそもTP-Link IDを持っていない人は、作成するとIFTTTやAmazon Echoで利用できるようになる。そしてIDに紐づけることで、外部から自宅ルーターの様子をアプリからチェック可能となる。

▼クライアントタブから、接続を監視可能。

ここから優先的に通信をさせたり、反対にブロックすることも可能。まさに、やりたい放題ですw

▼HomeCareで3つの機能が使える。

保護者による制限機能では、特定ウェブサイトへのアクセスを禁止させたり、通信の時間制限がかけられます。

アンチウィルスは、画像右にある通り、ルータ側でウィルス監視をしてくれるのでとっても安心な機能です。

QoS(サービスの品質)機能では、特定のアクティビティ通信を優先して行う事が出来ます。アプリを数回タップするだけでお好みのパソコンや、動画のストリーミングを最優先で行うように設定をする事が出来ます。

管理画面から詳細な設定変更が可能

同じネットワークに接続して「http://tplinkwifi.net/」に接続します。

この通り、詳細設定タブから様々な設定や機能変更が可能となる。

最後に

今回は、「TP-Link Archer C2300」を導入してみました。

このモデルは最上位モデルではないものの、それ以上のCPUスペックを備え、HomeCareやレンジブースト機能、その他てんこ盛りな機能が搭載された高性能なWiFiルーターになります。IFTTTやAmazon Echoと言った遊べる機能もちゃんと備わっています。最大で48台接続可能なモデルとなります。普通の家庭なら十分過ぎる性能と機能ですね^^

今回の「Archer C2300」は13,458円(2018.519現在)です。

上位クラスには「Archer C3150」「Archer C5400」があります。

通信速度や同時接続台数がアップしますが、当然コストもアップ。

機能や性能で考えると「Archer C2300」は性能十分でコスパの良いルーター。上位モデルほどの性能が不要ならオススメな1台と思います。

僕は大満足でした♪