Synology DS218playでデータを共有する(開封&初期設定編)

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、CHASUKEです。

先日も報告しましたが、家族間のデータ共有が捗る「Synology(シノロジー)」のNASキットを購入したので、さっそく開封&初期設定してみました!!

購入したSynology NASは最新2018年モデルの「DS218play」です。

Synologyは台湾のNASやIPカメラ監視ソリューション、ネットワーク機器などの開発・製造を行っている企業。最近(2018/4)に日本法人「Synology Japan」の設立を発表しており、今後もますます人気が出てきそうです!!

なぜ、このNASを購入したのかはこちらをご覧ください。

NAS購入で迷った挙句、Synology DS218playを選んだ理由
どうも、CHASUKEです。 どーーーん!!!!! もうすぐ産まれて来てくれる我が子のために、スマホやPCにある写真や動画を簡...

それでは、いってみましょう。

SPONSORED LINKS

アンボックス(開封)

取っ手付きのシンプルなパッケージ。

パッケージに日本語は見当たりません。ダンボー君と比較するとデカく見えますが、高さ26.5cmです。

▼箱を開いて、クッションシートを取り外すと、NAS本体がチラリ。

その隣はケーブル類がぎっしり入ってました。

▼中身を取り出してみる。

  • NAS本体
  • 電源アダプタ
  • LANケーブル
  • HDD固定用ネジ
  • 保証書
  • クイックガイド(取扱説明書)

▼クイックガイドは、使用前の準備が簡単な絵のみ。

細かい説明は、こちらのPDFファイルを参考にしましょう。ちゃんと日本語で記載されてます。「DS218j」のものになりますが、ほぼ同じなのでとっても参考になります!!

▼おおぉ、やっぱりブラック、カッコいい。

1つ下のモデル「DS218j」はボディが白色ですが、「DS218play」からボディが黒色になる。本体中央には「Synology」の文字でくり抜かれてオシャレ感まる出し。

▼本体は、ザラザラした質感。

写真で見た感じは、ツルツルのプラスチックかと思ってましたが、表面ザラザラで反射しないボディです。個人的にはコチラのが好きだ。

▼コレめっちゃ軽いじゃ〜ん。とか思ってましたがHDDが入ってないので当たり前ですね..

サイズは「165 x 100 x 225.5 (mm)」 で、重さ「0.87kg」です。

▼前面にLEDインジケータ4つと、電源ボタンがあります。

このLEDでHDDやネットワークの今の状態を確認できます。LEDインジゲータの細かい意味は、先ほども出てきたPDFファイルに記載されていますよ♪

▼背面には、ファンとLANポート、USB3.0が2ポートあります。

盗難防止用のワイヤーも付けれるようになってますね。ここにUSBハードディスクをつけて、ディスクの拡張、コピー、バックアップが可能^^

▼最後に、土台部分。

こちらにもしっかりと排気口があります。4つ角にゴム足が付いているので、カタカタと振動で無駄な音が出る心配はなさそうです^^

ハードディスクドライブ(HDD)を装着

我が家は今まで、完成品のNASを使っていたので、NASキットは初めて。別で購入したHDDを装着する必要があるので、若干不安だったのですが、めちゃくちゃ簡単でした。

同封のクイックガイドにそれっぽい絵が書かれているので、なんとなくでできちゃいます。心配な人はPDFファイルをチェックしましょう!!

▼ファンの方を押し出すとズルッと開きます。

▼内蔵はこんな感じ。

ここに2つのHDDが装着できるようになってる。

今回NAS用に購入したHDDは、「WD Red 4TB」が1枚14,900円(2018.5.17時点)する。それに対し、「WD Blue 4TB」が1枚9,480円(2018.5.17時点)と5千円も値段が違う。

HDDなら同じじゃんと思うかもしれませんが、WD Redは24時間365日常に稼働させるためのNAS用の製品。高耐久かつ保証が長いのが特徴です。詳しい違いの解説はこちら

データはお金には買えられないので、迷わず「WD Red」を2枚購入!!

▼パッケージにもNASシステム用と記載されてます。

片手で頑張って持ってますが、重たい..

▼パッケージに容量の記載がなく、心配だったのですが、HDD本体に書いてありました。

箱の中身は、HDD本体のみ。取り付け用のネジなどは、NASに付いているものを使うようですね。

▼双子ちゃん。

RAID1運用するためには、同じ容量のものが必要です。

▼さぁ、取り付けていきますよー!!

今回の「WD Red」は3.5インチなので、そのまま装着ができます。ひと回り小さい2.5インチのHDDの場合は、ディスクホルダを購入し、3.5インチサイズに合わせて装着する必要があります。

▼HDDの向きに間違いのないように慎重に。

こちら側が奥になるように押し込めばOK。

▼サイドからネジで止めて完成!!

ここに思い出を貯め込まれると思うとワクワクするね♪

▼でーん!! 見た目は変わりませんが、ずっしりしました。

さて、この子をルーターの近くに置いて有線LANで接続して運用開始です!!

設置&初期設定

有線LANと電源ケーブルを差し込んで、ポチッとな。

動いた動いた!!!!

今まで使っていたバッファロー製NASの隣に設置。バッファロー製のNASは、ガタガタ振動するので、100均の滑り止めシートに乗せてます^^

んで、電源入れて何すりゃいいんだ?とか思ったんですが、PDFガイドに従い、NASにSynologyの独自OS「DiskStation Manager (DSM) 」をインストールしていく!!

▼NASと同じネットワークに接続したPCブラウザにて、「find.synology.com」もしくは「diskstation:5000」と入力すると設定画面に飛べます。

推奨ブラウザはChrome,Firefoxとの事ですが、スマホからもちゃんとアクセスできました。PCがない人でも設定できると思います!!!

あとは、画面に従って、以下の設定を実施します。

  • DSMのインストール
  • 管理者アカウント作成
  • DSMの更新設定
  • Synologyアカウント作成
  • QuickConnect IDの作成
  • 推奨パッケージのインストール

QuickConnect機能を使うことで、外出先から自宅にあるSynology NASにアクセスできます。専用の中継サーバを利用するため、自宅ルータの設定変更は不要となる。

▼設定が終われば、ブラウザからDSMのデスクトップにアクセスできます。

ここからディスク内のデータを確認したり、システム起動状況とか確認できますね〜。おぉ、噂に聞いてましたが、DSMとっても操作しやすいです^^

▼MACやWindowsPCからNAS内のデータを参照できることを確認しときましょう。

Macから試して、ばっちり見えてますねー♪

最後に

無事に設置&初期設定までできました!!

利用開始して数日経ちます。稼働音はそばで耳を澄ませると聞こえるレベルなので、寝室に置くのを避ければ全然気にならないレベルです♪

SynologyのNASの魅力は、DiskStation Manager (DSM) から機能を拡張できるところ。例えば、写真や動画、音楽、クラウド連携などなど、データ管理するための便利なアプリ(機能)がたくさん揃ってます。

次回はどんな機能が使えるのか、使い方と合わせて紹介します^^

それではまた。