充電器

【レビュー】あらゆるポートに対応するUSBケーブル『inCharge6』の良い点・ダメな点!

どうも、CHASUKEです。

皆様は、充電ケーブルを何本持ち歩いてますか?

例えば、iPhoneならLightningケーブルだし、MacBookならUSB-Cケーブル。マウスやイヤホンでmicroUSBケーブルが必要になることも。

CHASUKE
もうガジェットポーチの中が、ケーブルだらけ。

 

そんな問題をスマートに解決するケーブルが登場した。それが、1本で6本分の機能を持つ充電ケーブル「inCharge6」です。

▼その秘密がこれ。

  1. USB-A → USB-C
  2. USB-A → Lightning
  3. USB-A →microUSB
  4. USB-C → USB-C
  5. USB-C → Lightning
  6. USB-C → microUSB
CHASUKE
端子の中から別の端子が!

 

▼Makuake(クラウドファンディング)で支援しており、無事に手元に送られてきました。

パッケージもだいぶ小さい。

 

ということで本記事では、1本でケーブル6本分の機能をもつ「inCharge6」を試してみたレビューを書いていきます。

CHASUKE
inCharge6は、まだ販売されてないみたい。

6in1充電ケーブル「inCharge6」の外観とサイズ

6in1充電ケーブル「inCharge6」のカラーは、ゴールドグレーシルバーの3種類。僕は、ゴールドとグレーを選びました。

CHASUKE
ゴールドよりシルバーのが良かったかもと少し後悔。

 

▼ケーブル本体は、しっかりした作りで高級感があります。頑丈です。

高品質なN-52磁石を使用

先端は磁石でカチッと張り付いており、別々の方向に力を加えない限り、簡単には外れません。キーリング等に挟んで携帯できます。

▼先端の素材はアルミ合金で、全体の重さは30gとなってます。

CHASUKE
小型ながら重みを感じた。

 

▼ケーブルを広げてみました。

全長13cmで、ケーブル部分は4cmあります。

ケーブルはTPU素材で保護した上、ナイロン生地で覆われてます。ケーブルが短いと強引に使いがちなので、断線しにくいのは嬉しいポイント。

 

さて、そのままだとUSB-C to USB-Aの充電ケーブルですが、先端部分にはやや膨らみがあり、ここにギミックが隠されてます。

USB-A端子の先端を指で摘んで、前に引っ張ると中から、USB-C端子が現れます。

引っ張った先端は、邪魔にならないように上や下に逃がすことができます。

同じく、反対のUSB-C端子側の中からはLightning端子microUSB端子が現れます。

出てきた端子はパッと見だと、Lightning端子ですが、microUSBと兼用になっています。

Lightning端子は、表と裏どちらの向きでも挿し込みできるが、microUSB端子は表向きでしか使えない構造です。

6in1充電ケーブル「inCharge6」の良い点と微妙な点

6本分のケーブルを1本で持ち歩ける

「inCharge6」の最大の魅力(良いところ)は、6本分のケーブルを1本にまとめて手軽に持ち歩ける点。これに尽きます。

ミニマルで重さは30gなので、お守りのようにカバンやキーリングにつけておけます。

USB-CとUSB-Aポートを持ったマルチポート充電器「LilNob CIO-G65W2C1A」で試してみた。

 

▼inCharge6を挿し込むと、こんな感じ。

USB-Aで接続

USB-Cで接続

 

▼USB-A to LightningでiPhoneを充電したり。

▼USB-C to LightningでiPhoneを充電することもできます。両端子とも外すので見た目がアレですが、ちゃんと充電できてます。

残念ながら、inCharge6のLightning端子は、MFi認証されていないのでご注意を。今は使えても今後使えなくなる可能性があります。

▼USB-A to microUSBにして、愛用のマウス「ロジクール MX Master 2S」の充電も。

CHASUKE
突然の充電切れに備えることができますな。

 

iPhoneの急速充電に対応(PD規格には非対応)

inCharge6は、iPhoneを30分で50%回復させるPD充電には対応していない

▼iPhoneを、PD対応している充電器「LilNob CIO-G65W2C1A」に、inCharge6(USB-C to Lightning)を接続した結果がこちら。

PD対応のケーブルであれば、9V×2A(18w)で給電されるが、inCharge6では、5V×2.4A(12w)までの出力となった。

 

▼同じくiPhoneをinCharge6(USB-A to Lightning)として繋いでも結果は同じだった。

CHASUKE
PDは残念だが、2.4Aの急速充電されるのが救い。

 

給電ワット数が大きいiPad Proで、同じくinCharge6(USB-C to USB-C)を繋いでみると、もっと悲惨な結果となった。

Apple純正USB-Cケーブル

inCharge6

Apple純正USB-Cケーブルでは、15V×2A(30w)でPD充電されるのに対し、inChargeでは5V×1A(5w)となった。

 

もはや結果はわかっていたが、MacBook Pro 16"でも同じくinCharge6(USB-C to USB-C)として繋いでみた。

Apple純正USB-Cケーブル

inCharge6

純正では、96Wでの給電だが、inCharge6では、やはり5Wとなった

CHASUKE
USB-Cケーブルとして使えるということで期待したが、これでは使えない。

 

データ転送・同期にも使える

inCharge6は、充電だけでなく、データ通信にも使えます。MacBookとiPhoneを接続してみると、デバイス情報が表示されました。

ここも注意しておきたいのが、USB2.0規格までに対応している点。高速データ転送のUSB3.0には非対応となってます。

CHASUKE
つまり、データ転送にはやや時間がかかってしまう。

最後に(まとめ)

以上、6in1充電ケーブル「inCharge6」のレビューを書きました。

inCharge6の良い点

  1. 6本分のケーブルを1本で持ち歩ける
  2. iPhoneの急速充電が可能
  3. 充電だけでなく、データ転送も可能

inCharge6の微妙な点

  1. PD規格に非対応
  2. MFi認証されていない
  3. USB3.0でなく、USB2.0に対応

高出力モバイルバッテリーと組み合わせれば最高かも。と期待しましたが、PD非対応のためiPad ProやMacBook用として常用するのは、僕的には厳しく感じました。

とは言っても、これ1本持ってれば、普段持ち歩いてない端子でもいざという時に便利です。軽くてスペースも取らないので、緊急用としてバッグに入れておくことにした。

PD充電に頼らない、または緊急用充電ケーブルとしておすすめできます。それではまた。

CHASUKE
inCharge6が販売開始したら、追記します。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.