スマホや家電の操作できるIoTボタンデバイスQmoteが面白い!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、またまた面白いIoTガジェットをゲットしたCHASUKEです。

親指サイズのボタンデバイスのQmote S(キューモートエス)です。

一見すると雫の形をしたキーホルダーなんだが、片側一面がボタンになっています。このボタンを押すことで、スマホ機能のランチャーになったり、現在地を残したり、家電を操作したりと様々なことができちゃいます。さらにさらに、IFTTTなど複数の自動化アプリに対応しており幅広く機能を拡張できます!!

また、ボタンのクリックパターンを複数指定でき、複数のアクションを登録させること可能。今回は、このIoTボタンデバイス『Qmote S』を利用してみて面白いと思ったので紹介していきます。やれることも多いしオススメなガジェットです♪

IoTブームに乗って、なんかそれっぽいことしてみたいなぁって人はまずはこのボタンデバイスで色々と試してみてください(^^)v

Amazonの評価はイマイチです、、僕は好きなんですがw

それではいってみましょう!!

SPONSORED LINKS

「Qmote S」の特徴・できること

まずは、製品の紹介動画がこちら。

QmoteSの特徴は以下の通り。

  • クリックパターンで9つの操作を登録可能
  • スマホ・家電操作など多くの操作を登録可能
  • PCと接続してプレゼン操作にも利用可能
  • IFTTTなど複数の自動化アプリに対応
  • Bluetoothでスマホと簡単接続
  • IP57相当の防水性能で水場も安心
  • 重さは500円玉と同じで軽量
  • 電池交換可能なので長持ち

登録できるアクションは以下の通り。さすがにAndroidの方ができることが多いですね。

なんか色々できるみたいですねー!!

HTTPリクエストとかもできます。自宅のラズパイをサーバーにして、Qmoteから処理を起動させるってことも簡単にできますね^^

ボタンを1つだけ備えた「Qmote S」

販売元であるQblinksは台湾を拠点におく会社ですが、パッケージはしっかり日本語対応されていますね。

パッケージ内容をチェック

  • 本体(固定用の両面テープ有り)
  • キーチェーン
  • 取扱説明書
  • 保証書

取扱説明書は日本語で記載されていますが、詳しいことはWebマニュアルを参照とのことです。→マニュアルはこちら。

▼本体サイズは、3.9(縦) x 3.3(横) x 0.5(奥) cm で重さは6g。

IP57防水認証されており少量の水なら濡れても大丈夫とのこと。カバンに付けてて、突然の雨も問題ありませんね^^

▼こちらがボタン側

ボタンは、カチッとした感触で浅いです。複数のクリックパターンに対応する必要があるので、押し易さを重視した設計なのでしょう。

また電池が取替えれるのも素敵。CR1620ボタン型電池で最長約1年間使用できます。バッテリー残量はちゃんとアプリから確認できました^^

▼キーチェーンを付けたら、完全に雫形のキーホルダーにしか見えない。

この何気ないキーホルダーに意外な仕掛けが隠されてる。うーん、カッコいいですねw

設定はとっても簡単!!

アプリをインストールしたら、あとは指示に従いQmoteをペアリングして完了です。

iOSとAndroidどちらもQmoteに対応しておりますが、今回はiPhoneにて操作していきたいと思います!!

▼必要なアプリがこちら

Qmote

Qmote
開発元:Qblinks
無料
posted with アプリーチ

▼アカウントを作成し、ログインしましょう。

▼画面通り、Qmote Sとアプリをペアリングさせてやります。

▼手持ちのQmote Sが一覧に表示されるので、「Add」をタップすれば完了です。

ここからクリックパターンにアクションを登録していくわけですが、最初からの機能としてスマホの位置確認が使えます。

この機能はボタンをひたすらクリックし続けると、その間ずっとスマホが鳴り響いて場所を教えてくれます。マナーモードにしてても鳴り響くのでお試し時は注意してください^^

例えば、朝急いでるときに僕はよくAppleWatchでカバンに入れたiPhoneを鳴らしてちゃんと持ったか確認しますが、Qmoteでも代用できますね^^

Qmoteでアプリ起動を設定して使ってみた

アイデア次第で、無数の使い方ができるQmoteですが、一般的な機能である「アプリ起動」を設定して使ってみます。※iPhoneアプリを使用。

我が家の玄関はスマート化されており、Qrioスマートロックを使っています。いつも玄関前でアプリを探すことになるので、今回はこのアプリを起動するように設定します!! →Qrioについて詳しくはこちら!!

▼登録したQmoteマークをタップすると、アクションを登録するクリックパターンが現れます。

画像右のクリックパターンのアイコンが少しわかりづらいですが、左上から右下にかけて読みます。点は短くクリック、棒は長押しです。僕が選んだクリックパターンなら「カチィーーーー、カチッ、カチッ」ですね。

▼続いて、何のアクションを起こすかを選択します。

今回は「アプリ機能」ですね。

▼起動できるアプリがズラッと出てきます。

私が起動したいアプリは「Qrio Smart Lock」。

当然ながらそんなマイナーなアプリはありませんが、大丈夫。「Customize」を選んで、URLスキームを登録します。URLスキームとは短いURLみたいなもので、対応したアプリが起動できます。

Google検索などで「URLスキーム Qrio(アプリ名)」などと検索すれば、ほとんどのアプリが出てきますよ。

▼Qrioアプリに対応したURLスキームを入力する。

これで、アクション登録完了です。

さぁ、それではアクションさせてみます。

「カチィーーーー、カチッ、カチッ」

▼うまくいけば、iPhone側に通知プッシュが出ます。

通知まで3秒くらいで意外と長いです。「コマンド間違えたかな?」と思ったくらいに通知がきたりするので我慢が必要です。

また、クリックパターンを間違えると反応はしますが、通知は来ません。「カチッ、カチッ」のタイミングはちょっとしたコツが要りますね。早すぎもなく、遅すぎもなくといった感じですね。

とは言うものの、通知をタップするだけでQrioアプリが起動するようになったので、これで玄関前の解錠作業が捗りそうだ。ボタンクリックでそのまま鍵が開いてくれたらもっと快適ですが、セキュリティ的にもアウトです!!

ちなみにiPhoneをロック中に操作しても、ちゃんとプッシュ通知が飛んできます^^

Qmoteで家電操作を設定して使ってみた

アプリの標準機能で、スマート照明Hue(ヒュー)の操作設定が可能です。

だが今回は、自動化アプリの「IFTTTアプリ」を使って、「Qmote S」とリモコン信号を記憶できる「Nature Remo」を連携させ、テレビのスイッチを入れてみます。

→Nature Remoの詳細はこちら

▼処理の流れとしてはこんな感じ

①Qmoteボタンクリック

②iPhoneアプリからIFTTTに送信

③Nature Remoが呼ばれリモコン信号を送信

④テレビON

「もし〇〇なら△△をする」と言ったように様々なサービス同士を連携させることができるIFTTTを設定していきます!!

▼「Qmote」のトリガーイベントは「Press button」のみ。これを選択します。

「What click pattern?」では、クリックパターンを選びます。

ここでは9パターンを選択可能で、アプリですでに登録してあるパターンも使えます。被ってる場合は、両方のアクションが起こります。

▼続いて、「Nature Remo」のアクションを選択します。

事前にNature Remoに記憶させてあるテレビ電源のリモコン信号を選択します。

同じ方法で、Qmoteを使って様々な家電を操作できるようになります。

クリックパターンを如何に覚えておくか

9つのクリックパターンをどうやって覚えておくかが課題です。

家で使う分なら、近くにチートシートみたいなのを置いておけますが、屋外で使う分にはそういう訳にはいかない。点字シールみたいなのを本体に貼って、指先でコードがわかるようにできたら良さそうです。

とりあえず現状は、よく使うコードパターン(3種ほど)のみを暗記している状況です…

最後に

「アプリ起動」と「IFTTT連携」を試したが、他にも利用シーンはいっぱいありそう。

例えば、現在地をメールに送る機能とか面白いですよ。美味そうな飯屋を発見した時とか、誰かの家を覚えておきたいとか、すぐに現在地をメモりたいときは、カチカチッとしとけばOKです。指定したメールにGoogleマップの現在地URLを飛ばすことができます。

9パターンのクリックパターンを暗記するという課題はあるものの、運転中やポケットの中でも、指先だけで簡単に操作できるのが良いですね!!