Apple Watch

スタイリッシュな見た目で保護性抜群のApple Watchケース「CrashGuard NX」レビュー!

2020年6月6日

どうも、CHASUKEです。

前記事で紹介したRhinoShieldのiPhone SE(第2世代)ケースに続き、今回は、Apple Watchケース「CrashGuard NX」を紹介します。

CrashGuard NXは、高い防御力高いカスタム性を兼ね揃えたアップルウォッチケースです。

▼まずはこちらの製品動画(30秒)を。

動画の通り、Apple純正スポーツバンドと相性が良く、カラフルで女性にも似合うケースです。

CHASUKE
アクティブに活動する人にもぴったりなケースです。

 

これまでG-SHOCK並にゴツい見た目耐久性が気に入ってベルト一体型ケース「ラギッド・アーマープロ」を使ってました。

それに対し、今回のCrashGuard NXは、Apple Watch本来のスタイリッシュさを残しつつ、高い耐衝撃性を実現したケースです。見た目はだいぶ違うけど、これはこれで気に入った。

ラギッド・アーマープロ

CrashGuard NX

 

ということで本記事では、お洒落で防御力の高いApple Watchケース「CrashGuard NXをレビューしていきます。

これからApple Watchの露出が増えてくる季節。お洒落で強いケースを探している人は是非チェックしてみて下さい。

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております

公式ショップで使える10%OFF限定クーポンでお得に購入できます。

クーポンコード(期限無し):CHASUKE

Apple Watchケース「CrashGuard NX」の特徴

CrashGuard NX 特徴

  • 薄さ1.9mmのスタイリッシュさ
  • 最大1.2mからの落下保護性能
  • 77パターンのカスタマイズ性

CrashGuard NXは、スタイリッシュな見た目ながら優れた衝撃吸収性を持ち、自分好みにカスタマイズできるApple Watchケース。

Apple Watch Series 1〜538〜44mmまでの全ての形状が用意されています。

CHASUKE
ちなみに僕はApple Watch Series 4/44mmを愛用中。

 

▼腕に巻くとこんな感じ。

独自素材の耐衝撃性ポリマーにより、最大1.2mからの落下衝撃吸収性能があります。これは米軍のMIL-STD 810G落下試験規格にも適合するレベルとのこと。時計なので落とすことはないが、壁や机にぶつけるのは日常茶飯事。衝撃や傷から大切なApple Watchを守れます。

高い防御力を持ちながら、ケースの厚みは1.9mm。Apple Watch本来のスタイリッシュさが維持できています。

CHASUKE
Apple Payや駅の改札でも、傷を恐れず使えます!

 

続いて、CrashGuard NXの個性を表現できるカスタマイズ性について。

CrashGuard NXは、「フレーム」と「リム」の2パーツで構成され、それぞれのカラーを組み合わせてケースの見た目をカスタマイズできます。

フレームは7色リムは11色があり、全77パターンの組み合わせが作れます。

Rhinoshield公式サイトでカラーの組み合わせを視覚的にチェックできます。絶対気に入るカラーパターンが見つかるはず。

【公式サイト】CrashGuard NX

公式ショップで使える10%OFF限定クーポンでお得に購入できます。

クーポンコード(期限無し):CHASUKE

Apple Watchケース「CrashGuard NX」の各パーツをチェック

CrashGuard NX」のパッケージがこちら。黒と黄色でめちゃめちゃカッコイイです。

今回は、全カラーのサンプルで送ってもらいましたが、ケースと同色のリムがセットで、1,860円/箱になります。

▼CrashGuard NXのグレー色を開封して、中身をチェックしてみます。

ケースは非常に軽量で、わずか4gです。

▼さらさらとした手触りで、グニャッと曲げても元の形状に戻る柔軟性があります。

ケース内側のアップルウォッチに触れる部分がハニカム構造になっており、衝撃吸収性を高めています。また、プラスチックによく含まれる有害物質(BPAおよびフタル酸)を含まない素材のため、長期的に安心して使えるメリットもあります。

▼フレームの上部にある「リム」は、このようにペリッと外すことができます。

▼スポーツバンドを外して、装着してみます。

▼フレームをはめてから、上部にリムを被せます。

▼リムをつけると1mm高さが出ます。デザインだけでなく画面保護の役割も担ってます。

質感とフィット感が驚くほど良い。ボタン・デジタルクラウンの位置も正確で、製品クオリティは高いです。

角々したイカつい見た目ではなく、丸みのある少し可愛いフォルムです。

▼背面はこの通り、心拍センサーが正常に使えます。

Apple Watchケース「CrashGuard NX」を装着してみたレビュー

CrashGuard NX(グレー色)を着けてみた。

手首を曲げた時に、ボタンが誤動作しないように、デジタルクラウンが左側になるように設定してます。以前使ってた「ラギッド・アーマープロ」は、デジタルクラウンが回しづらい欠点があったが、このケースなら大丈夫。ボタンの押し心地も問題なしです。

▼明るめのカラーも良いが、僕は断然ブラック派。

やはり、ベルト色と同じブラックの方が、引き締まった感じでカッコいいです。

ベルト一体型ケースではないため、違和感のある見た目にならないか心配だったけど、着けてみて大満足。見た目の質感が似ているのもあり、スポーツバンドとの相性が抜群に良かった

▼CrashGuard NXの有無を並べて、見た目を比較するとこんな感じ。

CHASUKE
ややボリュームが出る感じ。

 

ケース黒×リム黒なら、ビジネスシーンでも違和感なし。

仕事のときは、この組み合わせで着けてます。

休日は、リムに着せ替えして、アクセントを入れてます。別途リムの購入が必要だが、複数カラーを持っておけば、服やスニーカーに合わせてコーディネートできます。

▼例えば、フレーム黒×リム灰にしてみた。

公式サイトから、リム単体を300円/個で購入できます。

▼リム単体ではこんなパッケージ。

リム交換だけなら、ベルトを外さずにペリペリっと手軽にできます。

 

▼使いやすいApple純正のスポーツバンドと組み合わせれるのもメリットです。

ベルト一体型ケース「ラギッド・アーマープロ」の場合、ベルト先がブラブラしてて、服を脱ぐたびに袖に引っかかって苦労してましたw

 

▼CrashGuard NX有りでも、Apple Watchで施錠/解錠できるスマートロック「Qrio Lock」の反応に影響なしでした。これが使えないと困るので。

▼定番のSpigenのApple Watch充電器も使えましたが、ボタン側を下にするなど、ちょっとしたコツが必要でした。

個人的に、見た目のゴツさはベルト一体型「ラギッド・アーマープロ」のが好みだが、スタイリッシュさと使いやすさで「CrashGuard NX」も負けていない。

最後に(まとめ)

以上、Apple Watchケース「CrashGuard NX」のレビューを書きました。

Apple Watchのスタイリッシュさを維持したまま、耐久性とカスタム性を両立したケース。他のケースにはない魅力を持っています。

これからApple Watchを見せる機会が増えてくる季節。お洒落でアクティブに使えるケースを探している人におすすめです。どんなバンドでも使えるが、相性の良いスポーツバンドユーザーに特におすすめしたいケースです。

公式ショップで使える10%OFF限定クーポンでお得に購入できます。

クーポンコード(期限無し):CHASUKE

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.