ハワイの景色が素敵すぎて『THETA S』で空間まるごと保存してきた!!

CHASUKEの記事をシェアする..

こんばんは。CHAUSKEでございます。

先日のハワイ旅行で、シェラトンワイキキホテルの『マリア・オーシャンフロント・スイート』という部屋に宿泊しました。名前から凄さが伝わってきますが、とても広くて快適なお部屋でした♪

特にバルコニーからの眺望はヤバかった!!

▼マリアオーシャンフロント客室はこんな感じ。

hotelview

▼バルコニーからは雑誌やネットで良く見かける風景。綺麗すぎる。

hawaii1

これぞ、『ザ・ハワイ』

街、ダイヤモンドヘッド、ワイキキビーチ、海が一望できるこの眺めに、全て詰まってて超お気に入りの景色になった。

時間があれば、バルコニーにある椅子でまったり。ビールを片手に心地良い風を感じながら、街並み、サーファーたちの波乗り風景でハワイを酔いしれてました。

僕は思った。

この眺め全て持ち帰りたい!!

そう、リコーが誇る全天球360度カメラの『THETA』でね。360度カメラってのは、要するにGoogleマップのストリートビューで見えるあれです。

最近ではFacebookでもよく見ますね^^

SPONSORED LINKS

360度の眺めはコチラ

僕が持っている『THETA S』を使って、朝、昼、夜の3パターンを撮ってまいりました。撮影した360度写真は、サイト「theta360.com」を通じて簡単に埋め込み表示できました。タップして色々な方向を見てやってください。

■朝■

ハワイの朝@ホテルからの眺め #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

■昼■

ハワイの昼@ホテルからの眺め #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

■夜■

ハワイの夜@ホテルからの眺め #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

全て撮影モード『オート』で撮影してますが、まぁまぁ綺麗に撮れました♪

リコー『THETA』のあれこれ

THETA(シータ)について、色々と書いてきます。

THETAシリーズは3種類!!

現在、リコーTHETAシリーズは、3種類が販売されてます。

  • RICOH THETA SC
  • RICOH THETA S 
  • RICOH THETA V 

両モデルとも有効画素数や動画解像度、フレームレートは同様です。『THETA SC』では動画の連続撮影時間が短くし、ライブ用のHDMI端子を省略することで低価格となっています。

▼主な違いは以下の通り。もっと細かい製品比較はこちらから

THETA SCTHETA STHETA V
参考価格23,723円29,500円44,700円
ライブストリー
ミング撮影
×
内蔵メモリ約8GB約8GB約19GB
静止画
(最大解像度)
5376×26885376×26885376×2688
動画
(最大解像度)
1920×1080
30fps
1920×1080
30fps
3840×1920
29.97fps
外部インター
フェース
Micro USBMicro USB
HDMI-Micro
microUSB
MIC端子
動画記録時間
(1回)
最大5分最大25分または
ファイルサイズ
上限4GB
最大5分/25分

※価格はAmazon.co.jpで2018.5.26時点のもの。

綺麗な解像度で楽しみたいなら、絶対に新型「THETA V」がおすすめ。静止画の最大解像度はカタログでは同じだが、イメージセンサーとメインプロセッサー「Snapdragon」を採用し、画質が大幅に向上しているとのこと。動画は4Kで撮影可能。

写真撮影や短い動画撮影する程度の使い方であれば、SCで十分だと思います!!

▼THETA V

▼THETA S

▼THETA SC

気軽に360度撮影が可能

僕がハワイで撮影したのは、フルHD/30FPSの動画画質でライブストリーミングが可能な『THETA S』とを例に紹介します。

全天球カメラと聞くとスゴイものを想像しちゃいますが、ポケットに入る大きさで、気軽に撮影できちゃいます♪

▼パッケージ内容は、こんな感じ

htheta2

▼スティックタイプで握りやすいコンパクトなサイズ

htheta3

この本体中央についているボタンを押せば、撮影できます。THETAから出ているWiFiとスマホを接続することで、撮影イメージを確認しながら、遠隔シャッターが押せます^^

▼スマホからの撮影は、公式アプリ[THETA S]を使います。

RICOH THETA S

RICOH THETA S
開発元:Ricoh Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

写真・動画の撮影が可能。さらに、インターネットで生動画配信もできます!!

撮った写真や動画は、Googleカードボード(紹介記事はこちら)でVR再生が可能なのですが、公式アプリでVRビュー(二眼)にしてからカードボードでのぞいてみましたが、画像がアップ表示になっちゃってうまいこと見えない。試行錯誤してなんとかうまいこと見えるように考え中。

風景を綺麗に撮るなら、三脚が必須。

三脚で撮影したほうが断然いい写真が撮れます。

ダイヤモンドヘッドの景色も三脚置いて撮りたかったのですが、頂上は混雑してたので諦めました。海外旅行には立派な三脚は持っていけないので、ちっこい三脚を持って行きました。

htheta4

楽天で500円で買えた。これ。

▼三脚付けると背面にあるmicroUSBポートが使えなくなり撮影中の充電ができなくなります。

theta5

▼Amazonではリコー純正の三脚と本体の間のアダプターが売られていますが、高い。

▼近所のホームセンターで、ナットとW1/4ネジが安く購入できたりします。

theta6

theta7

『汚い。』って思った人は純正アダプタを買いましょう♪

マニュアル撮影が可能

THETA Sでは、公式アプリから4種類の撮影モードが使えます。

①オート撮影

img_3044

設定できる項目
・露出[EV]
・オプション[ノイズ低減,DR補正,HDR合成]

②シャッター優先

img_3045

設定できる項目
・シャッタースピード
・ホワイトバランス[WB]
・露出[EV]

③ISO優先

img_3047

設定できる項目
・シャッタースピード
・ホワイトバランス[WB]
・露出[EV]

④マニュアル

img_3048

設定できる項目
・シャッタースピード
・ISO感度
・ホワイトバランス[WB]

マニュアル設定の使い方勉強中の私は、オート撮影ばかり使ってます。マニュアル撮影のが、より綺麗な画質で撮影できるみたいなので、頑張って覚えて、これから冬の星空を撮影しようと企み中♪

開発用SDKが公開されている

もう一つ、THETAの魅力ですが、パソコンとTHETAをWiFi接続させて、HTTPでAPIアクセスが可能です。知識のある玄人ならば面白いアイデアを形にできますね。

THETA開発者向けページ

最後に

思い出は空間で残す時代になりました。

旅行や人が集まる時は、このTHETAを持ち歩いてます。年末年始なんかの親戚一同の集まりで、テーブルの真ん中にセットして、みんなで記念撮影なんて面白いです。

結構ウケがいいし思い出にもなります。お盆で集まったときに使ってみましたが、話題性もあり好評でした(^^)v

それではまた♪