手ブレの悩みを解消!プロっぽい動画が撮れるスマホジンバル『ZHIYUN SMOOTH-4』

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも新たな武器を手に入れたCHASUKEです。

スマホ用の電動ジンバル『ZHIYUN(ジウン)SMOOTH-4(スムースフォー)を使ってみて感動したので紹介させいただきます。これは凄いぞー!!

最近のスマホは高画質で、いつでも手軽に動画撮影できるけど、気になるのが「手ブレ」っすよね。人に見せる予定の動画や、子供の成長記録などずっと大事に取って置きたい動画ほど、手ブレなしで綺麗に残しておきたいもの。

その悩みを解決するのがジンバルです。ZHIYUN社の最新モデル『SMOOTH-4』ですね。

キャッチコピーは「Born For Mobile Filmmakers」、つまりスマホを使った映像クリエイターのために生まれた製品です。ゴツカッコいい機材で、手ブレ知らずの滑らかでプロっぽい映像が手軽に撮れちゃいます。撮った映像を友達にシェアして、ドヤ顔できるやつです。

手ブレに悩まされている方、綺麗な動画でYouTubeにあげたい人、犬や猫などペットや子供の目線で動画を撮影したい人などなど、誰にでもおすすめできる製品です。

SPONSORED LINKS

『Zhiyun Smooth-4』ってどんなもの

手軽にプロっぽい映像が撮れるスマホ用電動ジンバル「Zhiyun Smooth-4」が、どんなものなのかチェックしていきます。

本体と付属品は、こちらの専用ケースに入っている。専用ケースと言っても強化発砲スチロール製なので、このままカバンにぶち込んでおけばOK。

見た目的にこのまま持ち運ぶのは恥ずかしいって人は、別売りですが調べてみると、カッコ良い防水ケースもあったりします♪

パッケージ内容をチェック

蓋を開けた瞬間、強そうな武器きたって思えたくらい、質感が良くてカッコいい。

さて、中身はこんな感じ。

  • SMOOTH-4本体
  • 三脚
  • USB-C充電ケーブル
  • 取扱説明書(一部日本語)

タイムラプス、ムービングタイムラプスなど、固定して撮影したい場面も多いですが、付属している三脚のおかげで、自立撮影やスマホを平行に調整する際に役立ちます。

嬉しいことに機能がめっちゃ多いため、説明書には網羅できてない。だが、日本語字幕付きのチュートリアル動画がYouTubeにアップされているので、僕は全く読んでいないw

サイズは「12.3(幅)×32.8(高さ)×10.5(奥行)cm」となっている。

本体はUSB-Cで充電し、フル充電で最長12時間駆動する。残念ながらスマホの非接触充電には対応していないが、チルト部にmicroUSB端子があるので専用充電ケーブルを用意して使用しながらiPhone充電が可能です。

iPhoneを装備して電源を投入すると、カメラを平行に保ってくれる。

対応するスマホサイズは『幅65~82mm』です。一番サイズの大きいiPhone8 Plusで横幅が78.1mmなのでほとんどのスマホが着用できます。

厚みのあるiPhoneケースであれば、固定台にフィットしないのでケースを外してジンバルに乗せる必要があるが、僕のiPhone7は薄型ケースのため、そのまま使えています。

『Zhiyun Smooth-4』の使い方

ここに関しては、僕がとやかく説明するよりも、公式チュートリアル(日本語字幕)を見た方が100倍わかりやすいw

基本機能

「パンフォローモード」「ロックモード」「フルフォローモード」「PhoneGoモード」など初心者には慣れないワードが出てきて、最初は戸惑った!

1つずつ機能をチェックしながら、動画の通りに操作を試せば違いがわかります。あとは実際に使っていれば、いつの間にか使いこなせるようになってた。ユーザビリティはかなり良い製品に感じました♪

各モードで動きの違いは以下の通り

【パンフォローモード】
左右の軸の動きに追従させ、上下の動きは固定したい場合に使用する。こちらがデフォルトモードになり、縦へのブレがなくなるので安定した動画になる。
【ロックモード】
左右、上下ともに固定したい場合に使用する。1点を見続けるような撮影が可能。
【フルフォローモード】
左右、上下とも軸の動きに追従させたい場合に使用する。
【PhoneGoモード】
フルフォローモード同様に左右、上下とも軸の動きに追従させたい場合に使用する。違いはカメラの動きに素早く追従する点です。早い動きの被写体の撮影が可能。

ZY PLAYを使った多彩な機能

アプリ『ZY PLAY』からスマホとBluetooth接続することで、指元の操作パネルから多彩な機能が利用できる。

当然ですが、ZY PLAYアプリを使わずに純正カメラアプリで撮影が可能。その場合、操作パネルからカメラの設定変更が行えなくなるが、純正アプリのが手ブレ補正がより優れている説もある。

機能がてんこ盛りすぎて、全ては紹介できないので少しだけ。

メニューボタンから「ホワイトバランス」「フィルター」などのカメラの設定変更ができる。デジカメを触っているかのように、ジンバルを握りながら細かい設定変更が手軽に試せるので便利です。

操作パネル横にあるダイヤルを使用して、カメラのズーミングやフォーカス送りができるのもすごいですね。iPhoneカメラが、ここまでイジれちゃうのか!

まだまだあります!

スローモーションやタイムラプスなどの撮影も可能ですよー。

中でも『移動低速度撮影(モーションタイムラプス)』では決まった区間をジンバルで自動撮影することができる。人や雲の動きなど面白い映像が撮れますね。時間をかけて撮影してみたいと思います。

他にも左下のトラッキングボタンを使って被写体を自動追尾させたり、フィルター機能フラッシュ点灯、横のダイヤルからズームやフォーカス送りなどなど、多くの機能が使えます!!

散歩がてら撮影してきた

ワンコとお散歩してきました。

撮影してきた動画がこちら。動画時間は56秒です。

スマホジンバルを片手に持っているだけで、ただの散歩もかなり楽しいものになりますよ。あとで見返した時に気持ちの良い動画になっているはずです。

それにしても、iPhoneのカメラ性能がやばいっすね。うまいこと使いこなして、構成とかしっかり考えれば撮影の表現力がグーン上がります。

SNSに動画をよくアップする人はまず買って損はないですね。間違いなく再生回数は上がると思います♪

使ってみて思ったこと

映像の滑らかさに感動

これは初めて使った人の誰もが感動を味わうことができると思います。

僕のような映像に関しての初心者でも、ただ歩いて風景を撮影しているだけでも、ふわふわぬる〜って感じのテレビや映画でよく見る映像を手軽に撮影できるのは本当にすごいです!!

1万円台の高コスパ

見た目は全然安っぽくない上に、全ては紹介できないくらいの多機能性です。

実際に使ってて「この値段でこの性能なら良い」って思える製品でした。

正直多機能すぎて、僕もまだ使いこなせてはいない。だが、基本機能をマスターしちゃえば初心者でも十分に満足のいく映像が撮影できる。

映像に関して初心者の一般ユーザーでもこれ1台もっているだけで、スマホ動画のクオリティをあげることができるのは嬉しいですね。

外見のゴツさの割に軽量

YouTubeなど紹介されている他のスマホジンバルと比較してみても、SMOOTH-4の方が圧倒的な高級感とカッコよさを放っている。

機能面やバッテリーも充実している分、本体重さが547gとそれなりに重くなっている。そこにスマホ重量も加わるので全部で700gほどになる。

僕からしたら、外見のゴツさの割には軽く感じ、重さは全く気にならなかったが、妻に撮影してもらったときの感想が「重い」ってことでした。女子の片手撮影は厳しいかもしれません!!

本体サイズが大きい分、使用できる時間が12時間と長く使えるのは利点です。旅行中などいちいち充電をする必要がない点はかなりのメリットです。電池残量を気にする必要はありませんからね。

毎回のBluetooth接続が手間

あまり悪いところが見つからない『SMOOTH-4』ですが、1つあげるとしたら、毎回のBluetooth接続が手間なところ。アプリ起動画面で簡単に接続できるのだが、この一手間が割と面倒です。

ロック機構が付いているので、使用中に電話着信時はロックして電話に応答できますが、電源を入れたら自動でBluetooth接続されたらもっと手軽になるのになぁと感じます。

最後に

スマホ用ジンバル『ZHIYUN SMOOTH-4』を使ってみました。結果からして欠点がほとんど見つからないくらい満足でした。

口コミをみているとAndroidデバイスとの相性が悪いようです。今回は検証できていないので、気になる方は慎重にお願いします!!

僕はスマホ用のジンバルを初めて使ってみたのですが、電源入れた時の、ふわっと持ち上がる感じといい、適当にちょろっと撮影してみてすぐにコイツの凄さがわかった。

旅行やイベントごとだけじゃなくて、普段の散歩や製品レビューとかにも大いに活躍しますな。こりゃすごい武器を手に入れてしまったよ!!

主にスマホで動画を撮影することが多く、普段の映像からクオリティをあげたい人におすすめ。特に僕のように初心者の方にはコスパが良くて特におすすめです。今回は愛犬を撮影してみましたが、子供の成長を撮影するのにもおすすめ。子供目線のアングルで撮影するのは結構大変ですが、ジンバルを使えば手軽に撮影ができますね。

うちの子はまだ歩くことができないが、これからの成長を撮影するのが楽しみで仕方がない!

GearBestならば届くのが少し遅くはなるものの、Amazon.co.jpよりもお値打ちに購入することが可能です♪

GearBestを利用したことがない人は、こちらを参考にどうぞ。

【GearBest購入方法】イケてる格安ガジェットを海外通販で買ってみた!
どうも、CHASUKEです。 様々なイケてるガジェットを取り扱う海外通販サイト『GearBest(ギアベスト)』での買い物方法を説明...

それではまた。