iPhone・iPad

【レビュー】11インチiPad Proで「MOFT FLOAT」を使ってみた【良い点・悪い点】

どうも、CHASUKEです。

iPhone・iPadのスタンドといえば、MOFTシリーズですよね。リーズナブルかつ機能的なスタンドが揃ってて、僕もいくつか愛用しています。

そんなMOFTから、iPad専用スタンド「MOFT FLOAT(モフトフロート)」が登場しました。これまでの粘着シートタイプと違い、ハードケース一体型スタンドになってます。

 

粘着式MOFTスタンドとの違い

 MOFT FLOAT粘着式MOFT
一般価格6,180円2,980円
装着ハードケース式粘着シート式
設置
モード
①縦置き
②横置き
③フローティング
①縦置き
②横置き
重さ378g137g
対応
モデル
iPad Pro 11
iPad Pro 12.9
iPad Air 2020
9.7〜13インチ
CHASUKE
最大の違いは、高さと角度が自由に変えれるフローティングモードが使える点です。

 

僕はこのフローティングモードに期待を込め、海外のKickStarterで先行購入してみました。

CHASUKE
そして、忘れた頃に自宅に届きました。

 

ということで本記事は、ケース一体型iPadスタンド「MOFT FLOAT」のレビューを書きます。外観や使い方、11インチiPad Proで使った感想(メリット・デメリット)を紹介していきます。

created by Rinker
MOFT
¥6,180 (2021/09/16 15:28:36時点 Amazon調べ-詳細)

結論からいうと、フローティングの使い心地が今一つでした。。あくまでも個人的な感想ですが、、、期待してただけに、やや辛口レビューになってしまった。

iPadスタンドケース「MOFT FLOAT」の外観と付属品

外観と付属品について

こちらがiPadスタンドケース「MOFT FLOAT」です。11インチ向けを購入しました。

表面はマットな質感で高級感があり、保護力の高いTPU素材でサラサラな手触りです。

 

ケース背面には、スタンドさせるためのギミックがあります。ニョキニョキっと。

2つのヒンジ構造で、3つのスタンドモードを実現しています。ヒンジはアルミ合金製で、かなりしっかりした作りです。

3つのスタンドモード

  1. 横置きモード
  2. 縦置きモード
  3. フローティングモード
CHASUKE
それぞれの使い心地は次章で。

 

ケースの裏地は起毛したスエード調になっており、iPadが傷つかないように工夫されています。

CHASUKE
高品質なケースに仕上がってます。

 

▼11インチiPad Proを装着するとこんな感じ。

 

▼厚みもそれほど気になりません。

 

▼カメラやボタン位置、スピーカーの切り抜きも正確です。スイッチの押し心地も問題ありません。

USB-C端子部分は、やや狭め。根本が太いケーブルだと干渉するのでご注意ください。

 

▼iPadを含めトータルの重さは875gでした。

Magic Keyboardをメインで使っていたので、個人的には重たいと感じることはなかった。

 

▼付属品は、ガラス保護フィルム取扱説明書です。

既に貼っていたガラスフィルムが干渉しなかったので、特に使ってません。

 

合わせて買ったペンケースとキーボードについて

MOFT Floatと合わせて、同じ素材のApple Pencilケースとタッチパッド付きのモバイルキーボードも購入しました。

▼ペンケースは同じ素材で、iPadケース上部で「マグネット固定+充電」して使えます。

ケース無しでも「マグネット固定+充電」ができるので、見た目を気にする人におすすめです。

 

続いて、モバイルキーボードについて。

タッチパッドも期待してたのですが、これはおすすめできません

キーボードやカーソル操作は問題ないですが、スワイプやスクロール操作がカクつきます。癖が強いじゃじゃ馬といった感じ。

Magic Trackpadに慣れていると、イライラするほど違和感を感じました。

CHASUKE
キー操作は、おとなしくマウスを使うのがおすすめ。

 

ケースをつけたままでも、普段使っているInteckケースに入りました。

CHASUKE
ポケットにキーボードも入るほどの余裕があります。

iPadスタンドケース「MOFT FLOAT」のレビュー

縦置きモードについて

背面を1枚だけ立てて、iPadとスタンド下部のみの2点で支えます。

スタンド位置はiPadの中央にしないとバランスを崩してしまうため、ほとんど角度調節ができません

▼2枚のヒンジを伸ばせば、もう少し立たせることも可能です。

基本的には、タップやスクロール快適が操作にできます。ただし、床との接地面が少ないため、左上隅をタップすると、ガタつきやすい

スタンド位置を中央寄りにし、バランスを取ることで、支障のないレベルで使えています。

▼実際の利用シーンはこんな感じ。

CHASUKE
縦置きできるiPadケースは少ないので、イイ感じです。

 

縦置きモード

そのまま横にすれば、横置きモードです。

縦置きモードよりも、床との接地面が多いため、安定して使えます。

角度調整も可能で、スクロールやタップ操作にも十分耐えれます

寝かせれば、Pencilでメモや絵を書きやすいです

ただし、特に画面上部ですが、強い筆圧をかけると少しヒンジがたわみます

そのため、繊細な絵を描く人や、少しの揺れも許されない人には、おすすめできません。

 

フローティングモード

お待たせしました、「フローティングモード」です。

繰り返しになるが、2つのヒンジ機構で、高さや角度を自由自在に変えて使えるモードです。

製品ページにあるように「iPadが一瞬でミニPC」となり、外付けキーボードやマウスで操作します。

 

▼スタンドに転倒防止機能がついてます。

金属パーツではないので、iPadを支えれるほどの強度はありません。ですが、あくまでタップ操作の押し倒し防止として、あると安心できる機能です。

 

実際の使用感ですが、、、、、

バネのように、揺れる揺れる

CHASUKE
酔ってしまいそうに気になります。

 

画面をタッチ操作ほどではないですが、キーボードをバチバチ叩いたり、近くを人が歩いたり、電車が通ったりでも、微妙に揺れますね。

全然使えないこともないが、惜しいです。

 

MacBookと組み合わせて使える「Sidecar」やテレビ・動画鑑賞では、高さ調節できるフローティングモードが便利に使えそう。

CHASUKE
ですが、少しもったいない使い方ですよね。

 

一旦、いつものMagic Keyboardに戻してみました。やはりこっちのがしっくり来る。その偉大さを再認識しました。

MOFT FloatのフローティングモードでPCライクな使い方を期待するなら、絶対にMagic Keyboardをおすすめします。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥34,980 (2021/09/16 15:28:37時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
価格はしますが、こっちのが絶対に幸せになれます。

iPadスタンドケース「MOFT FLOAT」のまとめ(メリット・デメリット)

以上、ハードケース一体型iPadスタンド「MOFT FLOAT」でした。

▼レビューをまとめます。

良い点はココ

  • 高品質なTPU素材ケース
  • ヒンジ機構が強くて勝手に沈まない
  • 3つのスタンドモードで使える
  • 動画鑑賞やモニターとして使いやすい

悪い点はココ

  • 縦置きモードは角度調節できない
  • フローティングモードが揺れやすい
  • 同時購入のキーボードが使いにくい

期待してただけに渋いレビューとなった。しかし、逆にこのデメリットが許容できるなら「買い」とも言えます。あくまで個人の意見ですが、購入前の参考になれば幸いです。

created by Rinker
MOFT
¥6,180 (2021/09/16 15:28:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

フローティングモードが要らないなら、粘着式MOFTで十分。それにマグネット版「Snap-On タブレットスタンド」もおすすめです。

Snap-On MOFTのレビューはこちら

CHASUKE
個人的にiPadスタンドは、Snap-On + Magic Keyboardが最強コンボだと思ってます。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com