オーディオ

可愛いデザインのSwitch用Bluetoothトランスミッターを試してみた!

どうも、CHASUKEです。

今回は、任天堂Switchをワイヤレスで楽しめるアイテムを紹介します。

ご存知の通り、SwitchってなぜかBluetoothのイヤホンが使えないんですよね。なんでだろ。

3.5mmオーディオプラグは搭載してるので、有線では問題なく使えます。ですが、最近はマスクを着ける機会も多くて邪魔くさいです。

▼そこで使えるのがコレ。

任天堂SwitchのUSB-C端子に挿し込んで、音声を無線イヤホン・ヘッドホンに飛ばせるBluetoothトランスミッターというものです。

似た製品が多くあるけど、本記事では、Bluetoothトランスミッター「MUSON MK3」を使ったレビューを書いていきます。

小さいSwitch型をした可愛らしいアイテムですが、充電不要低遅延のapt-X LL(Low Latency)Bluetooth 5.0に対応した高性能モデルです。

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております

「MUSON MK3」の外観と付属品

コンパクトなパッケージです。

▼内容物がこちらになります。

  • MK3 本体
  • USB-C延長ポート
  • 3.5mmマイク
  • 説明書(日本語)

MUSON MK3には、音を飛ばすBluetoothトランスミッターだけでなく、ボイスチャットで使えるマイクも付属します。

本体はたった30gで、なによりこのSwitch型デザインが可愛い。

正面には、LEDインジケータが2つと物理ボタンが1つ。背面に技適マークがありました。

▼側面にはUSB-C端子があり、Switch本体の充電に使えます。

USB-C端子部分はキャップ付きで、持ち運びが考慮されてます。

見た目はSwitchですが、USB-C端子を持っているパソコンPS4など他の機器にも代用できます。

その他、「3.5mmマイク」と「USB-A変換用延長アダプタ」が付属します。

延長アダプタは、Switchドックに接続してTVモードで使います。

「MUSON MK3」の設定方法

使い方は非常に簡単。

僕が持ってるワイヤレスヘッドホンを使って、順を追って説明します。

 

step
1
MK3の電源ON

初回の場合は、MK3をSwitchに挿し込むと、LEDインジケータが赤青で交互に点滅します。これがペアリングモードです。

1度ペアリングすれば、次からは自動接続されます。もし別の機器と接続したい場合は、真ん中のボタンを長押しでペアリングモードにできます。

 

step
2
Bluetooth機器の電源ON

続いて、音を聞く側のヘッドホンをペアリングモードにします。

ここは接続機器によって違いますが、僕のヘッドホンの場合は、電源長押しでOK。

 

step
3
接続完了

無事に接続すると、下記コーデックに従い、LEDランプの表示が変わります。

  • SBC:青色がゆっくり点滅
  • aptX:赤色がゆっくり点滅
  • aptX-LL:赤色が点灯

この手順だけで、接続設定は完了です。

僕はボイスチャットが楽しめるゲームはやってないが、Switch上部にマイクを差し込めば、同時に声を拾ってボイスチャットも楽しめます。

▼TVモードの場合は、付属の延長アダプタを使って同様に設定できます。

見た目はスッキリしないものの、TVモードでもイヤホンが使えるのは良いよね。

「MUSON MK3」を使ってみた感想

一言でいうと、快適です。

MK3は、Bluetooth5.0および低遅延コーデック「aptX-LL」に対応しています。

ノイズはなく、高音質です。全く音ズレも感じないので、いわゆる音ゲーなどでも問題ありません。

▼参考に各コーデックの遅延表は以下の通り。

  • SBC(遅延220ms前後)
  • aptX(遅延70ms前後)
  • aptX-LL(遅延40ms未満)

イヤホン・ヘッドホン側も「aptX-LL対応」の必要があります。

 

唯一の充電ポートが埋まってしまうが、MK3経由でSwitchを充電できます。

CHASUKE
これで充電切れの心配は不要。

 

テーブルモード持ち運びが、やや不便。

MK3は見ての通り、本体から出っ張った状態になります。そのため、残念ながらSwitchの背面スタンドを使ったテーブルモードでは遊べません。

また、Nintendo Switch専用ケースにはそのまま入らないです。

パーツが小さくて失くしそうなので、出来れば付けたまま運べるのが理想。ってことで、僕はどんな形状でも使える特殊な布カバーを使ってます。

柄面と無地面のみ貼り付く特殊な布カバーです。僕はこれをSwitchに巻いて持ち運びしてます。

厚手なので保護力もしっかり。この状態でリュックに入れてます。

created by Rinker
MOFT
¥2,380 (2020/08/03時点)
CHASUKE
汎用的に使えるので、1枚持ってると便利です。

「MUSON MK3」まとめ

以上、Switch本体およびSwitchドックで使えるBluetoothトランスミッター「MUSON MK3を紹介しました。

▼まとめるとこんな感じ

MUSON MK3

  • 可愛いデザイン
  • Bluetooth5.0、aptX-LL対応
  • 本体の充電は不要
  • USB-C端子からSwitch充電可能
  • ペアリング設定は非常に簡単

最新の規格対応で、ノイズや遅延がなく安定して使えるのが1番ですね。

Switchをワイヤレスイヤホン・ヘッドホンで楽しみたい人におすすめできます。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.