スマート製品

ウェイクワードを変更してGoogleアシスタントを呼び出す方法

投稿日:

どうも、CHASUKEです。

任意のウェイクワードでGoogleアシスタントを呼び出す方法を紹介します

と言うのも、メールでこんなリクエストを頂いたからです。

「メリークリスマス!」でクリスマスツリーを点灯させたい。しかし、Amazon EchoやGoogle Homeではウェイクワードが必要で困っています。

avatar

CHASUKE

お問い合わせありがとうございます

 

メールの最後に「電子機器にはまるで疎いのですがやる気だけはあります!」と力強いお言葉が添えられていたので、考えてみました。

最終的に以前紹介したスマートスピーカー自作キット『Google AIY Voice Kit』を使って、それっぽくできました。

もうすぐクリスマス。イベントごとで活躍したら幸いです!

それではやっていきましょう♪

ウェイクワードは必須!

現在販売されている各種スマートスピーカーで、アシスタントを呼び出すには、以下のようなウェイクワードが必須です。

  • Amazon Echoなら「アレクサ」
  • Google Homeなら「OK、Google」
  • Clovaなら「クローバ」

または、スピーカー本体のボタンを押すことでアシスタントを呼び出せます。

逆に、これらの操作無しにアシスタントを呼び出すことはできない。基本的にウェイクワードを自由に変更することもできません。

ただし、自作スマートスピーカーであれば、ウェイクワードを自由に変更できます!

ウェイクワードを変更する方法

自作スマートスピーカーを使って、ウェイクワードを変更する方法を紹介していきます!

 

自作スマートスピーカーを準備する

RaspberryPi(ラズパイ)にマイクやスピーカーなどのパーツを接続して、自作スマートスピーカーを作ることも可能です。

avatar

CHASUKE

けれど、パーツ揃えたり設定するのがめちゃ大変!

 

ということで、以前紹介した自作キット「Google AIY Voice Kit」を使います。簡単にGoogleアシスタント内蔵のスマートスピーカーが作れますよ。

▼詳しくはこちら

https://chasuke.com/voicekit/

avatar

CHASUKE

記事を参考に初期設定してみてください!

 

▼現在はRaspberryPi Zeroを使ったバージョン2も販売されています。

 

ウェイクワード「メリー」を準備する

ウェイクワード(検知ワード)の作成には「snowboy」を使いました。

snowboyとは、クラウドベースで学習したホットワードのモデルデータをRaspberry Piなどの環境で利用可能にするライブラリです。個人的利用であれば無償で利用可能です。

「アレクサ」や「OK、Google」といったウェイクワードを自作して設定を可能にします。

 

上記ページから既存のGoogleアカウントなどでログインすると、「Create Hotword」から自作できます。今回は、「メリー」というウェイクワードを作っていきます。

 

▼3回分音声を録音することができる。

 

▼テストをして、音声ファイルをダウンロードできます。

umdlという拡張子のファイルができます。

これを自作スマートスピーカーに転送しておきましょう。僕は「/home/pi/snowboy/merry.pmdl」に配置しました。

 

自作ウェイクワードで呼んでみる

Google AIY Voice Kitのウェイクワードをカスタマイズして、先ほど準備した「メリー」でGoogleアシスタントを呼び出せるようにします。

この連携部分は、Githubで公開されている「custom-hotword-for-aiy-voicekit」を利用させてもらいました。これでカスタマイズが容易にできます!

 

▼インストールする

// インストール
$ cd /home/pi/
$ sudo apt-get install libatlas-base-dev
$ git clone https://github.com/senyoltw/custom-hotword-for-aiy-voicekit
$ cp -ipr custom-hotword-for-aiy-voicekit/mod AIY-projects-python/src/
$ cp -ip custom-hotword-for-aiy-voicekit/assistant_library_with_snowboy_demo.py AIY-projects-python/src/examples/voice/
$ cd AIY-voice-kit-python
$ chmod a+x src/examples/voice/assistant_library_with_snowboy_demo.py

 

▼Snowboyで作成したファイルを引数にセットして、実行します!

$ src/examples/voice/assistant_library_with_snowboy_demo.py /home/pi/snowboy/merry.pmdl

 

▼「メリー!」と声を掛けて、ボタンが光れば成功です♪

「今日の天気は?」「株価は?」など、あとはGoogleアシスタントが返事してくれます。

 

反応が悪い時の対処方法

認識率は少々低めなのですが、Snowboyモデルの呼び出し時のパラメータを変化させ、認識率を高めることができました。

先ほど、Githubから持ってきてコピーした「assistant_library_with_snowboy_demo.py」の81行目付近を下記のように書き換えます。

def _run_hotword(self):
    detector = snowboydecoder.HotwordDetector(model, sensitivity=1.0, audio_gain=1) 
    with aiy.audio.get_recorder():

 

avatar

CHASUKE

これでかなり反応が良くなった

「メリー、クリスマス!」でツリーを光らせる

ウェイクワード無しでメッセージを伝えることはできませんが、「メリー」でGoogleアシスタントが呼べるようになった。

合わせて、Google HomeアプリやIFTTTを使って「クリスマス」という言葉に反応する仕組みを作ることで、「メリー、クリスマス」を実現しました!

 

▼かなり強引ですが、こんな感じにできました。

 

「ハッピークリスマス」の棒読み具合が残念ですが、無事にクリスマスツリーを光らせることに成功しました。

光らせたクリスマスツリーは、Amazonで899円のUSB給電タイプです。グラデーションが綺麗でなかなか良いです。これをスマートコンセントで制御しています。

https://chasuke.com/smacon/

最後に

ウェイクワードを変更する方法を紹介してみました。これができると、スマートスピーカーの活用の幅がもっともっと広がりますね。

こちらの記事が参考になれば幸いです。

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.