充電器

【Anker PowerCore III Fusion 5000 レビュー】PD対応USB-C充電器一体型モバイルバッテリー【パススルー対応】

どうも、CHASUKEです。

2016年発売のUSB充電器一体型モバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」をご存知でしょうか。大ベストセラーなので、使ってる人も多いのではないでしょうか。僕もかなり使ってました。

▼こちらですね。

一体型なので、モバイルバッテリーだけでなく、自宅や職場ではUSB充電器として1台2役で使えます。

さらに、パススルー対応なので、スマホと本体の両方が順番に充電されるので、使い勝手が非常によかったんですよね。

しかし、最近はPDによる高速充電が主流となり、「これがUSB PD充電できたらな。」と出番はかなり減ってました。

CHASUKE
気持ちはみんな同じですよね。

 

そんな期待が届いたのか、待望にしていたPD対応のUSB充電器一体型モバイルバッテリーが登場しました。

それが、今回購入したAnker PowerCore III Fusion 5000です。

1台2役の使い心地はそのままに、USB-CとUSB-Aの2ポートを搭載してます。容量は4,850mAhです。

本記事では、「Anker PowerCore Fusion 5000」を写真を交えながら、サイズ感や充電性能、使用感をお伝えしていきます。

4年ぶりの新モデルとしては、微妙な部分もあったので、それも踏まえて書いていきます。

created by Rinker
Anker
¥3,590 (2021/09/16 14:43:51時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
ホント使い勝手が抜群なんですが。

「Anker PowerCore Fusion 5000」の外観・付属品

お馴染みのAnkerパッケージです。

価格は3,590円で、購入したのは、ホワイトカラーです。というか今のところは、白色しか販売されていません。

今後、様々なカラー展開がありそうです。

▼パッケージ内容は、下記の通り。

充電器本体の他に、肌触りの良い専用ポーチユーザーマニュアルの3点セットが同梱されてました。充電ケーブルが付属されてませんのでご注意を。

▼本体の外観はこんな感じです。

表面は光沢感のある素材で、ツルツルしています。

モバイルバッテリーとして4,850mAh搭載されています。

搭載ポートは、最大18W出力のUSB-Cおよび最大12W出力のUSB-A同時利用で最大15W出力となります。どのポートも出力専用で、本体充電は背面コンセントからのみの仕様です。

 

▼表面の光沢感は、Apple純正の電源アダプタに似てますねー。

 

▼上にあるボタンを押すと、4つのLEDインジケータでバッテリー残量を確認できます。

白い光で見づらいですが、4段階で細かく表示されるのは良い点です。

本体サイズは「78 × 71.5 × 30(mm)」で、約176gとなってます。

▼旧型「Anker PowerCore Fusion 5000」と比較すると、サイズはほぼ同じでした。

旧型はUSB-Aを2ポート搭載しており、マットな素材で、シンプルなデザイン。

個人的にデザインは、ザラっとした旧型のが好きだったかな。

▼平置きすると、新型のがやや大きく見える。

旧型は5,000mAh搭載でしたが、新型ではサイズがほぼ同じにも関わらず4,850mAhとなっています。実は、微妙に減ってます。

とは言っても4,850mAhあれば、iPhoneを約1.5回充電可能なので、1日分の普段使いであれば余裕です。

▼背面には、旧型同様に折りたたみ式のプラグが搭載されてます。

本体充電は、こちらのコンセントからのみです。フル充電は約2.4時間かかります。

ここまで見ており、iPhoneを高速充電できる18w出力PDに対応したのは嬉しい。だがこのサイズであれば、もう少しバッテリー容量UP出力ワットUPを期待したかったのが本音です。

やっぱり「USB充電器+モバイルバッテリー」は使い心地が良い

これ買ってから、ずっと持ち歩いて使ってますが、やはり「USB充電器+モバイルバッテリー」は使いやすい。

▼コンセントに挿すと、LEDが点滅して本体の充電がはじまります。

この状態で、スマホを接続すると、本体LEDの点滅がストップし、スマホ側から優先して給電を開始します。

つまり、「Anker PowerCore III Fusion 5000」はパススルー充電ができ、コンセントに挿せば接続したモバイルバッテリーとスマホの両方が充電されます。細かく言うと、接続デバイス→モバイルバッテリーの順番で充電が行われます。

毎晩、寝る前にiPhoneを接続して、朝起きたらどちらもちゃんと充電されています。

CHASUKE
旧型と同じ仕様ですが、まとめて充電できるのは楽ですよね。

 

移動中はモバイルバッテリー、コンセントのある仕事場ではUSB充電器として使えるので、容量不足で困ることはないです。

1泊2日、2泊3日といった旅行や出張でも同様で、宿にコンセント1口あれば、よっぽど困りません。

さらに、モバイルバッテリーを充電するためのUSBケーブル・充電器が不要なのも大きなメリットです。iPhoneであれば、Lightningケーブル1本あればOKです。身軽になれます。

▼ケーブルは付属してないので、MFi認証付きのUSB-C to Lightningケーブルを揃えておくのがおすすめ。

created by Rinker
Anker
¥1,690 (2021/09/17 03:09:56時点 Amazon調べ-詳細)

充電性能をチェックしてみた

続いて、充電性能をチェックしてみました。

スペックは、充電器・モバイルバッテリーのどちらも同じで、PD対応USB-Cが最大18w、USB-Aが最大12wとなってます。

ちなみに、USB-Cポートは、最新のAnker独自規格「PowerIQ 3.0(Gen2)」に対応しています。

CHASUKE
様々なデバイスとの互換性、高出力で高速充電を可能にする規格のこと

 

PD対応モバイルバッテリーとして

PD充電器として

▼USB-Cの電流/電圧チェッカーでは、スペック通り9V×2Aレンジで充電されていた。

これだけの出力があれば、iPhoneの利用状況にもよるが、PD充電であれば、最大30分で0%から50%まで充電できます。

注意ポイント

PD充電に対応するのは、iPhone8以降の機種のみとなります。ご注意を。

 

▼USB-C搭載により、iPad ProもUSB-Cケーブルで充電可能に。

フルスピードとまでは行きませんが、問題なく給電して使うことができます。

もう一方のUSB-Aでは、5Vとなるが、10w近くの出力が確認できました。

 

2台同時に充電

2台同時充電も可能ですが、最大15w出力まで下がります。うーん、微妙。

イヤホンやスマートウォッチなど供給電流が低い製品向けに「低電流モード」という機能が使えます。USB-Aポートを利用時は、上のボタンを2回押す、または2秒間長押して、LEDが緑色に点灯すれば切り替え完了です。

CHASUKE
これは嬉しい機能です。

最後に(なんだかんだ気に入ってる)

以上、「Anker PowerCore III Fusion 5000」でした。

▼まとめると下記の通り。

  • つるつるテカテカな本体
  • 充電器とモバイルバッテリーの1台2役
  • PD対応の18w出力USB-Cポート
  • パススルーで本体と一緒に充電
  • 本体充電用の充電器やケーブルが不要
  • 低電流モードを完備

「今の技術ならもう少し小型化、もしくは高出力にできたのでは?」と疑問に思ったのは事実だが、製品自体は確実に進化してます。

微妙な点もいくつか書いたけど、なんだかんだで使い心地は気に入ってます。スマホの充電回りをスッキリさせたい方にオススメです。

created by Rinker
Anker
¥3,590 (2021/09/16 14:43:51時点 Amazon調べ-詳細)

もう少し容量が欲しい」という人には、容量9,700mAhの「Anker PowerCore Fusion 10000」がオススメ。レビューはこちらです。

【Anker PowerCore Fusion 10000 レビュー】PD対応USB-C充電器一体型モバイルバッテリー【パススルー対応】

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com