Apple Watch 充電器

【レビュー】超小型で軽量。BelkinのApple Watch用モバイルバッテリーを購入

どうも、Apple Watchをつけて睡眠しているCHASUKEです。

Apple Watchを毎日使う上で気をつけなければならないのが「バッテリー」。僕の場合、充電は毎日必須です。

家に帰ったら充電を日課としてるが、日が経つにつれ稼働時間が充電時間を上回り月1回ペースで充電切れという事態が起こる。

CHASUKE
稀に朝起きるとバッテリーが謎に瀕死状態って事も..

 

ということで、どこでも持ち運べて手軽に充電できるApple Watch専用のモバイルバッテリーを購入してみました。

フル充電2回以上/小型/軽量」という条件で探し、迷った挙げ句にBelkin製品を選びました。僕自身、初めてのBelkin製品だ。

本記事では、Apple Watch専用モバイルバッテリー「Belkin BOOST CHARGE Power Bank 2K」をレビューします。

結論から言うと、コンパクトなサイズ感と機能面でとても気に入りました。また、シリーズ1-5の全モデル対応です。Apple Watchの電池でお困りの人の参考になれば幸いです。

外観と付属品

こちらがパッケージです。

左下にはApple認定マーク「Made for Apple Watch」があり安心して利用できます。製品を選ぶ上で、MFi認定は大事なポイントです。

それにしても、Belkinさんのパッケージは鮮やかな色使いで興味をそそられます。

CHASUKE
捨てるのが勿体無くなるパッケージですな

 

▼さっそく開封していきます。

おおぉ。

これは思ってた以上に小さいかも。

 

▼パッケージ内容です。

  • BOOST↑CHARGE本体
  • Micro USBケーブル(15cm)
  • 保証書類

 

▼本体の外観はこんな感じ。

背面にはバッテリーに必要なPSE認証マークがきっちり。下の方にゴチャゴチャっと纏めた感じがこれまたお洒落。

 

▼実際に手にとってみて、コンパクトさに驚いた。これは良いぞ。

ざらざらとした手触り。シンプルで洗練されたデザイン。さすがBelkin

 

▼握ると手の中に収まるほどのミニサイズ。

サイズは約173×79×42mmです。重さはたったの70gとなってます。

このサイズであれば、ポケットやカバンの中で邪魔に感じることはないと思う。

CHASUKE
ピチピチのスキニーのポケットにも入るだろうね

 

AirPodsと比較するとイメージがつきやすい。

サイズを比較

厚みを比較

AirPodsより1.5倍ほど長いものの、薄さではBelkinバッテリーの方が少し勝ってます。

 

▼続いて、バッテリー上部はこんな感じ。

物理ボタンを押せば、4つのLEDインジゲーターで電池残量をすぐに確認できます。

隣のMicroUSBポートはバッテリー本体の充電用です。出力には使えません。

入力は5V/2.1Aで充電可能なため、急速充電すれば1時間ほどでフル充電できるのも魅力です。

CHASUKE
入力がメインで使ってるモバイルバッテリーと同じUSB-Cだったら完璧でした..

使ってみたレビュー

使い方はApple Watchを載せるだけ

マグネットになっているので、ある程度近づけるとカチッと張り付いてくれる。

 

▼マグネット力と本体の軽さもあり、そっと持ち上げればこんな事もできちゃいました。

 

実際のApple Watch充電結果

肝心の充電性能も問題無さそうです。

モバイルバッテリーをフル充電(4LED点灯)にし、Apple Watch4で充電してみた結果は以下の通り。

回数充電時間バッテリー
充電残量(LED)
Apple Watch
充電残量
150分4→445→97%
264分4→339→99%

メーカー公称値では2,200mAhで3.5回分の充電が可能と記載があります。

上記の2回の充電結果から推定すると、約3回のフル充電が可能と言えます。

少し不安だったのですが、3回充電ができる点充電速度が純正ケーブルと同程度である点でとっても満足してる。

これはApple watchの使い方によって異なるので参考までに。

 

バッテリー本体とApple Watchの同時充電が可能

何気に便利なのがこちらの機能。

BOOST CHARGEバッテリー本体を充電しながら、Apple Watchの充電ができます。

CHASUKE
これをパススルー充電と呼ぶ

 

つまり、2泊3日の旅行終盤でモバイルバッテリー残量が残り少しになっても、宿で同時充電すればどちらもフル充電で復活するわけです。Micro USBケーブルさえあれば、煩わしいApple Watch充電ケーブルは持ち歩く必要は一切無くなりますね。最高だ。

さらに言えば、自宅用に純正のApple Watch充電ケーブルを3,500円で購入するくらいなら、BOOST CHARGEバッテリーを購入した方がお得にさえ感じます。

 

バッテリー縦置きでナイトスタンドモードが使える

BOOST CHARGEバッテリーは、充電中に夜間時計や目覚まし時計として使える「ナイトスタンドモード」に対応しています。

上画像のようにバッテリーを立てて使うと本体充電USBポートが床側に来るため、同時充電が出来ない。しかしながら、PC横に簡単な置き時計、睡眠中は目覚まし時計として使えるのは有り難い

CHASUKE
見た目もとってもスタイリッシュだ

 

カバンに入れながらの充電も可能

移動中にApple Watchを充電できたらなと思うことがある。

これ今まで諦めてましたが、BOOST CHARGEバッテリーにベルトを巻き付けることで充電可能です。この状態ならカバンの中で揺られても大丈夫です。

僕が使ってるスポーツバンドでは横巻きではなく、上の画像のように縦巻きにすることで、ベルト穴がフィットしました。

CHASUKE
これで移動中も充電できる!

2in1 モバイルバッテリーを選ばなかった理由

Apple Watch用モバイルバッテリーを購入する上で迷ったのが、iPhone充電器と併用できる「2in1モバイルバッテリー」の存在です。

▼下記ような製品があります。

これらとBOOST CHARGEを比較すると、2モデルともサイズUP・重さUPになる。また、バッテリー容量がiPhoneとApple Watch合わせて5000〜6700mAhでは、少し物足りなく感じた。

CHASUKE
発売が2016-2018年とやや古い点も気になった

今、メインで愛用している「cheero Power Plus 5」がコンパクトかつ大容量(10,000mAh)で非常に使い勝手が良い。BOOST CHARGEのサイズならApple Watch専用モバイルバッテリーと2個持ちできると判断した。いざとなれば、cheeroからBOOST CHARGEに充電だって可能となる。実際に、使ってみてこの選択は間違って無かったと思う。

他に良い製品が見つからなかったと言えばそこまでだが、モバイルバッテリーの進化は著しい。

例えば、「cheero Power Plus 5」の性能そのままで、Apple Watchの充電口がアドオンされれば、いればすぐにでも買い換えるだろう。

最後に(まとめ)

Apple Watch専用モバイルバッテリー「Belkin BOOST CHARGE Power Bank 2K」をレビューしました。

▼ポイントを纏めると以下の通り。

  • 超小型の軽量ボディ
  • 約3回のフル充電が可能
  • パススルー充電が可能
  • ナイトスタンドモードが使える
  • 安心のBelkin製品

価格は高めですが、それも納得できる優れたアイテムでした。迷ったけど選んで正解だった。

Apple Watchバッテリーでお困りの人に参考になれば幸いです。

CHASUKE
これからBelkin製品を少しずつ増やしていこうと思う

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2019 All Rights Reserved.