充電器

【iPhone12 電源アダプタ選び】AnkerとAukeyの20W出力PD充電器を比較してみた!

どうも、発売日にしっかりとiPhone12 Proを手にしたCHASUKEです。

ご存知かもですが、iPhone12シリーズから電源アダプタ(充電器)が同封されていません。さらに、今までとは違い同梱する充電ケーブルは、USB-C to Lightningになっています。

そんなこんなで、iPhone12を購入検討中の同僚や友人からおすすめの電源アダプタをよく聞かれます。

ということで本記事では、iPhone12シリーズに最適な最大20W出力のPD電源アダプタ(PD充電器)について書きます。今回、定評のあるAnkerAukeyの2製品を購入し、比較してみました。

iPhone12シリーズ用の電源アダプタを、どれにしようか迷っている人の参考になれば幸いです!

20W出力のPD充電器とは

iPhoneの一部モデルではUSB Power Delivery(PD充電)という規格に対応しており、高速充電が可能です。PD充電を使えば、iPhoneをたった約30分で最大50%まで充電できます。

PD充電の対応モデル

  • iPhone8以降:最大18W
  • iPhone12シリーズ:最大20W
CHASUKE
iPhone12から対応ワット数がさらに増えてます。

 

以前までiPhoneに同梱されていた、下記のようなUSB-A電源アダプタとUSB-A to Lightningケーブルでは、最大でたった5Wの充電になります。

この組み合わせでは、高速充電はできません。

別途、20W出力以上のPD対応USB-C電源アダプタUSB-C to Lightningケーブルを用意することで、高速充電が可能になります。

単純計算で4倍速の充電スピードですね。

次章からは、iPhoneの高速充電におすすめできる最大20W出力PD充電器の2製品を比較していきます。

AnkerとAukeyの20W出力PD充電器を比較

iPhoneにおすすめのPD充電器(電源アダプタ)は、AnkerとAukeyのが2製品あります。

どちらも驚くほど小型かつ軽量なのに、20W出力が可能です。

また、Apple純正の「20W USB-C電源アダプタ」もあります。価格の差はそれほどですが、サイズが割と大きめです。

 

スペック比較

CHASUKE
ここでは、純正を含む3製品を比較してます。
 Apple
20W USB-C
電源アダプタ
Anker
PowerPort III
Nano 20W
Aukey
Omnia Mini 20W
Amazon価格2,200円1,780円1,980円
出力最大20W
5V=3A
9V=2.22A
最大20W
5V=3A
9V=2.22A
最大20W
5V=3A
9V=2.22A
サイズ
(プラグ長1.5cm)
5.7×4.3×2.8cm4.5×2.7×2.7cm4.6×2.9×2.9cm
重さ(実測)58g30g32g
カラー白/黒
USB-Cポート数111
折り畳みプラグ不可不可不可
保証期間1年2年2年

出力仕様などは、全て同じ。

スペックだけであれば、Ankerの充電器が最もサイズが小さく軽いですね。

 

パッケージ内容

Anker PowerPort III Nano 20Wのパッケージがこちら。Ankerでお馴染みのブルーのパッケージです。

本体とマニュアル類のみ。

 

続いて、Aukey Omnia Mini 20Wのパッケージ。

パッケージ内容はAnkerと同じですね。

本体とマニュアル類のみ。

 

外観デザイン

正面からのデザインがこんな感じ。

Aukeyはマットな質感に対し、Ankerは正面がつるっとした素材になっています。上の写真のように光に当たるとテカります。

▼正面とプラグ側はこんな感じ。

▼サイドの違いはこんな感じ。

Anker製は、正面とサイドともにロゴが目立ちますが、Aukey製は、かなり控えめなデザインです。

CHASUKE
デザインではAUKEY押し!

 

サイズ・重さ

Apple 5w | Aukey 20w | Anker 20w

続いて、サイズと重さについて。

ここでは、以前のiPhoneに同封されていたUSB-A電源アダプタとも比較しています。

▼上から比べるとこんな感じ。

Anker 20w | Aukey 20w | Apple 5w

スペック通り、ほんの僅差ですがAukey製が大きいのがわかります。

CHASUKE
と言っても、5w充電器とほぼ同じサイズなのが驚き。

 

▼手のひらに載せると、この大きさ。

2製品とも重さは、公称で30gとあったが、実測では違いが出ました。

Anker

Aukey

CHASUKE
なるほど、なるほど。

 

▼コンセントに挿したときのサイズ感はこちら。

CHASUKE
ロゴが凄い。

 

充電性能

最後に、iPhone12 Proを使って、実際に充電して比較してみました。

Anker PowerPort III Nano 20Wから。

充電を開始すると、徐々に出力ワット数が増加し、19〜20Wの出力が確認できました。

▼続いて、Aukey Omnia Mini 20Wです。

結果はこちらも同じ。

徐々に出力ワット数が増加し、19〜20Wの出力が確認できました。

実測した充電時間バッテリー残量は、下記の通り。

充電時間バッテリー残量
0分8%
10分30%
20分51%
30分66%

30分で58%のバッテリー回復が確認できました。めちゃくちゃ早いです。

AnkerとAukeyともに、誤差レベルの違いはありましたが、概ね同じ速度。また、両充電器とも発熱が少ないのが好印象でした。

20W出力PD充電器 まとめ

以上、iPhone12におすすめできる20W出力PD電源アダプタについて書きました。

僕は、Apple純正品ではなく、AnkerやAukeyを選びました。両方使ってわかりましたが、スペックや実際の性能はほぼ同じでした。

あとはデザインの好みかなと思います。

特にこだわりが無ければ、Anker PowerPort III Nano 20Wが価格とサイズで1番有力です。

個人的には、Aukey Omnia Mini 20Wのデザインに、プラス200円を出す価値があると感じました。それに黒のカラバリもあります。

created by Rinker
AUKEY
¥1,980 (2020/12/02時点)

また、今回の20W出力の電源アダプタは、iPhone12から対応のワイヤレス充電規格MagSafe」にも使えます。1個持ってると重宝します。

iPhone12シリーズ用の電源アダプタを、どれにしようか迷っている人の参考になれば幸いです。

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.