[Direct Actions対応] GoogleHomeでRemoの連携方法が3つになった!!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、Chasukeです。

『Nature Remo』の進化が止まりません。次は、Google Assistantの『Direct Actions』に対応しました。

公式ブログで発表してます

これによりGoogle Homeユーザーは、IFTTTの設定不要で、「OK、Google、エアコンの温度をあげて」といったシンプルで自然な音声操作が可能になりました^^

早速試してみました!!

SPONSORED LINKS

Google HomeでRemoを使う3つの方法

Google HomeでNature Remoを利用する方法が3パターンになりました。

▼違いは、公式ブログにあった表がわかりやすい。

Direct Actions

今回追加された機能(Actions on GoogleのDirect Actions)です。

Google Homeから直接Nature Remoにアクセスし、家電を操作します。台数制限なく好きな家電を登録できるところがポイントです。また、操作できる内容は以下のシンプルな内容になります。エアコンは、少しリッチですね!!

エアコン:電源ON/OFF、運転モード、温度の変更
その他   :電源ON/OFFのみ

電源ON/OFFのみですが、「アレクサ、エアコンをつけて」とシンプルで自然な言い方が可能です。また、ロボット掃除機や加湿器、空気清浄機等、どの家電でも登録可能♪

Conversation Actions

こちら(Actions on GoogleのConversation Actions)も「Direct Actions」と同様、Google Homeから直接Nature Remoにアクセスします。

台数制限により、多くの家電を登録できませんが、家電の細かい操作が可能になります。利用するには「ネイチャーリモで」といったスキル起動ワードが必要となるのがポイントです。

操作できる内容は以下の内容になります。

エアコン:電源ON/OFF、運転モード、温度の変更
テレビ   :電源ON/OFF、チャンネル、音量の変更
照明      :電源ON/OFF

IFTTT経由

Google Homeから一旦、IFTTTを経由してNature Remoを呼び出します。スキル起動ワードなしで利用できるため、こちらもまだまだ現役です。

IFTTTの設定は大変ですが、Actions on Googleで操作できない内容の登録だったり、「オンにして、オフにして」以外の自由な言い回し、返事まで自由にカスタマイズ可能なのがポイントです♪

▼IFTTT登録方法はこちら

【スマートホーム初心者向け】自動化サービス「IFTTT」の使い方
どうも、CHASUKEです。 スマートホームを実現する上で、AIスピーカーやIoTガジェットなどと相性が良いWebサービスIFTTT(イフトと読む...

「Direct Actions」の設定手順

「Direct Actions」で連携するための手順は、以下の公式ブログにあります。

設定手順はこちら

テレビやエアコン以外の家電は、「ON」や「OFF」アイコンを利用していないと操作ができないようです。また、アカウントのリンク方法も若干クセがあるのでご注意ください。

僕もカスタムスキルの時にハマっちゃいましたが、設定手順を参考にやれば、問題なくリンクできますよ^^

「Direct Actions」の使い心地

エアコン操作が楽々

エアコンについては、電源On/Off以外にも「エアコンを暖房(冷房)にして」「エアコンを◯度にして」というような音声操作ができるのは、かなり使えます。

その他の家電操作は電源ON/OFFのみですが、IFTTTへの登録作業が不要になり、手間が省けます!!

部屋ごと/デバイスごとの使い分けが大変

Google Homeスマートホームをのぞいてみると、アイコンは以下のとおり3パターン(エアコン/照明/プラグ)あることがわかる。

我が家では、Remoをリビング、LinkJapanを寝室に設置してます。

Google Homeの仕様上、Direct Actionsにて登録したデバイスは、「照明をつけて」とお願いすると、全ての照明アイコンデバイスを操作する。つまり、リビングと寝室の全照明が点灯する。これが厄介。

ちゃんと使い分けるには、デバイス単体に別々の名前をつけたり、部屋の割り当てが大事になります。

我が家では上の画像のようにデバイスや部屋割り登録することで、「リビングの照明を切って」でリビングにある2つの照明を消したり、「パソコンライトを消して」で片側の照明のみを消せるようにしました。

今はこれでやりくりしてますが、デバイスごとに名前を変えていると、いざ操作したいときに名前がわからなくなる。この辺りはIFTTTでもっとうまいことできるかもしれません。もう少し試行錯誤します。

最後に

今回のNature RemoのDirect Actions対応により、EchoデバイスやGoogle Homeデバイスで利用できる機能の全てに対応しましたね。

▼Echoデバイスについてはこちら

[Smart Home Skill対応] AlexaでRemoの連携方法が3つになった!!
どうも、CHASUKEです。 最近仕事が忙しくチェックできていませんでしたが、Alexaのスマートホームスキル『Nature Remo Smart Hom...

多くのスマート学習リモコンがリリースされていますが、ここまで対応してるのはNature Remoだけ!!

それでは、よりスマートライフを♪