オーディオ

TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」レビュー|独特なデザインと抜群の操作性を持つワイヤレスイヤホン

どうも、CHASUKEです。

本記事では、TaoTronics SoundLiberty S10 Proのレビューを書いてます。

特長はざっとこんな感じ。

  • 独特なイヤホンデザイン
  • 開放的なインナーイヤー
  • 独自の音声操作に対応
  • 多彩なタッチ操作に対応
  • aptX・AACコーデック対応
  • 装着検出で自動再生に対応
  • IPX7防水で運動にも使える
  • 5分で1時間再生の急速充電

価格は1万円弱で、AirPodsと似た形状のインナーイヤー型ですが、デザインは独特です。

驚きだったのが、ウェイクワード不要で独自の音声操作が使える点。タッチでも、多彩な操作ができて操作性に優れてます。

その他、装着センサー付きでaptX対応と基本スペックの高いイヤホンに仕上がってます。

TaoTronics SoundLiberty Pro S10
TaoTronics
CHASUKE
では、参りましょう。

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております

TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」の外観と付属品

こちらがTaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」のパッケージです。

ケースは、ホワイトのマットな質感で、触り心地がとても良いです。

手の平に収まるサイズ(58.4×50.5×22.5mm)で、重さは約42gとなっています。

正面にはメーカーロゴと、充電時やペアリング時に点灯するLEDインジゲータがあります。

 

▼蓋をあけるとこんな感じです。

TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」はIPX7(水深1mに30分)の完全防水。雨や汗はもちろん、水場を恐れずに使うことができます。

 

そして、イヤホンがこちら。

個性的で美しいグラデーションカラー

やや長めのイヤホン(46.3×20.0×17.1mm)で耳へのフィット感が良い。また、片側4.3gと軽いため、耳が疲れにくいです。

 

イヤホンには、装着検知センサーが搭載されており、着ければ再生・外せば停止が自動で行われます。これはAirPodsと同じ。

鮮やかな背面部分で、タッチ操作が可能です。

CHASUKE
操作方法は後ほど!

 

AirPods(第2世代)と比較!

ケースサイズは、AirPodsよりやや大きめ。

背面には、AirPodsと同じくペアリングボタンが用意されています。

 

▼SoundLiberty S10 Proの蓋は、開けて揺すると、少しグラグラする印象があった。

イヤホンはマグネットでケースに固定され、出し入れしやすい仕様です。

 

▼続いて、付属品について。

付属品

  • SoundLiberty S10 Pro本体
  • USB-C to USB-Aケーブル
  • 取扱説明書(日本語)

▼ケーブルは短めで取り回しがしやすい。

SoundLiberty S10 Proは、5分の充電で1時間再生の急速充電に対応しています。

イヤホン単体で4時間ケース充電と合わせて20時間再生できます。ボイスコントロール可能なためか、連続再生時間はやや短めです。

 

▼取説に操作方法が日本語できっちり載ってます。

CHASUKE
ボイスコントロール機能が面白い。詳しくは後ほど。

TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」のレビュー

TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」は、蓋を開けると電源がオンとなり、初回ペアリングすると、次回からは自動でスマホと接続されます。

耳に装着すると音楽が自動再生されるので、音楽をスムーズに楽しめます。耳から外せば、動画も音楽も一時停止されるのが、とても便利です。

CHASUKE
では、ここから実際に使ったレビューを書いていきます。

 

開放的な着け心地・低音寄りの音質が楽しめる

TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」を装着すると、特徴的なグラデーションカラーが目立ちます。

インナーイヤー型なので、耳に載せるだけのライトな着け心地です。長時間でも疲れにくいので、耳に押し込むカナル型が苦手な人におすすめです。

遮音性は弱いため、周りの音を取り込みつつ、テレワークや散歩、スポーツでの使用に向いてます。

 

QualcommのQCC3020チップと12mm大口径ドライバー搭載により、低音がしっかりと効いたサウンドで音楽が楽しめます。中高音域が少しだけボケ気味ですが、マイルドで聴きやすい音質だと感じました。

CHASUKE
個人的に好みの音質でした。

 

TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」は、音ズレに強い低遅延のaptX、iPhoneと相性の良いAACコーデックに対応しています。

Bluetooth5.0対応なので、接続も安定しており問題ありません。蓋を開けてからのペアリングが早く、耳に入れて音楽を聴くまで、とてもスムーズに使えるのが良いと感じた。

 

音声操とタッチのダブル操作が可能

TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」は、タッチ操作だけでなく、声で操作もできます

従来のイヤホンでは、タッチ操作でSiriやGoogleアシスタントの起動後に、「音量上げて」などボイス操作するのが一般的でしたが、このイヤホンは違った。

アシスタント起動する必要がなく、「ボリュームアップ」というだけで、ひょこっと音量が上がります。

CHASUKE
発音が悪くても、ボソッと言ってもちゃんと拾ってくれます。いや、これにはマジで驚いた。

 

ボイス操作コマンド

アシスタント
呼び出し
ヘイ,ティティ
再生プレイミュージック
一時停止ポーズミュージック
音量+ボリュームアップ
音量-ボリュームダウン
次の曲ネクストソング
前の曲プレビアスソング
電話応答ピックアップ
電話拒否ハング

はじめは「なにが Hey TT だよ。」なんて思ってたけど、聞き取り感度も良く、実用レベルで十分に使えます。

CHASUKE
なめてました、ごめんさい。

 

「人前でボイス操作はちょっと恥ずかしい」

そんな状況でも、イヤホン背面をタッチして、多彩な操作が可能です。

タッチ操作

アシスタント
呼び出し
(右/左)を2秒タップ
再生(右/左)を2回タップ
一時停止(右/左)を2回タップ
音量+右を上にスワイプ
音量-右を下にスワイプ
次の曲左を下にスワイプ
前の曲左を上にスワイプ
電話応答(右/左)を1回タップ
終話・拒否(右/左)を2秒タップ

誤作動しないように、音楽操作で1回タップが使われていない。ちゃんと考えれてますね。

長さのあるイヤホンなので、誤動作させずにスワイプ操作がしやすいです。

CHASUKE
操作性は抜群にいい!

TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」のレビューまとめ

以上、TaoTronics「SoundLiberty S10 Pro」のレビューでした。

特長をおさらいします。

  • 独特なイヤホンデザイン
  • 開放的なインナーイヤー
  • 独自の音声操作に対応
  • 多彩なタッチ操作に対応
  • aptX・AACコーデック対応
  • 装着検出で自動再生に対応
  • IPX7防水で運動にも使える
  • 5分で1時間再生の急速充電

独特で個性的なデザインで、好き嫌いありそうですが、アクセサリ感覚が楽しめるイヤホンでした。

aptX・AACコーデック装着検出センサー搭載でスペックの高いインナーイヤー型イヤホンで、音質も着け心地も十分満足できるものでした。

他のイヤホンと差別化するのであれば、操作性が非常に優れている点だと思います。

特にボイス操作は驚きで、ウェイクワード無しで使えて、なおかつ反応も良くて実用できます。

その代わりバッテリーが4時間とやや短めですが、普段からボイス操作に慣れてる人には、非常におすすめできます

▼Amazonでの価格は、8,999円となっています。

TaoTronics SoundLiberty Pro S10
TaoTronics

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

© 2021 CHASUKE.com