ラズパイ

SwitchBotやリモコン家電をHomeKitに対応させる方法【Homebridge】

どうも、CHASUKEです。

 

「SwitchBotの様々なデバイスやリモコン家電をiPhoneのホームアプリで操作したい。」

 

本記事では、SwitchBotデバイスやHub miniに登録したリモコン家電を、HomeKitに対応させる方法を書いてます。

CHASUKE
SwitchBotサーバー経由で操作するオープンAPI「SwitchBot-OpneAPI」を利用します。

 

以前にも、同じようなSwitchBotをHomeKit対応する方法を記事にしました。

上の記事では、SwitchBotサーバーを経由しない「Bluetooth API」を使ってます。SwitchBotハブが無くても使えるメリットがある一方、対応デバイスが3つに限られていました。

ポイント

本記事の方法なら、より多くのSwitchBotデバイスをホームアプリで管理できるようになります。

 

▼今回の方法で、iPhoneのホームアプリに追加したデバイスがこちら。

SwitchBotデバイスに加え、Hub miniに登録してあるエアコンや照明も追加できています。

Homebridgeを使って、Nature Remoのリモコン家電をホームに追加している人は大勢いますが、SwitchBotでも同じようにできます。

▼Hub miniは、API公開もされてて、4,000円(セールなら3,000円)で購入できます。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥3,580 (2021/10/17 18:28:47時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
興味のある人は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

HomeKit対応できる「Homebridge」とは?

Homebridgeとは?

Homebridge(ホームブリッジ)とは、HomeKitをエミュレートであるスマートホームサーバーのこと

Homebridgeを自宅で稼働させ、対応製品のプラグインを追加します。これでHomeKitに正式対応していない製品でも、ホームに追加して操作できるようになります。

▼Homebridgeには、下記のブラウザベースの管理画面が用意されており、初心者でも使いやすいです。

Homebridgeは、常に稼働させておかなければ、思ったときに家電の操作ができません。MacBookなどに構築することもできますが、常に自宅で動かし続けるので非現実的です。

ラズパイやNASを使うのがおすすめです。

CHASUKE
次章では、HomeKit対応に「必要なモノ」を紹介します。

HomeKit対応するために準備したもの

▼準備したものは下記の通り。

Homebridgeを稼働させるため、ラズパイ(上写真)を使ってます。

ここではOSインストールなど初期設定の説明は省きます。これから買うなら、スターターキットがおすすめです。

 

また、Synologyなどの一部のNASで、カンタンにHomebridgeを構築する方法もあるので、そちらも参考になればなと。

 

今回のHomebridgeプラグイン「homebridge-switchbot-openapi」を使うと、ハブに紐付いているSwitchBotデバイスリモコン家電をホームに追加できます。

本記事では、リモコン家電の追加をメインに書いてますが、両デバイスとも追加しています。

CHASUKE
ちなみにSwitchBotハブは、Hub miniでもHub PlusでもどちらでもOKです。

SwitchBotをHomeKit対応させる手順(前半)

ではやっていきます。

ざっくり手順は、前半でラズパイに下記をインストールします。

  1. Homebridge + Homebridge UI
  2. SwichBotプラグイン
CHASUKE
SwitchBotプラグインの設定方法を、後半に書きます。

 

Homebridge + Homebridge UIのインストール

ラズパイにHomebridgeをインストールする方法は、以下の記事を参考にしてください。

上記の通りにやれば、「Homebridge」と管理UIツール「Homebridge UI」がインストールできます。

 

▼ブラウザでこれが開けばOKです。

ラズパイでなく、SynologyなどのNASを使う場合は、こちらの記事「Synology NASにHomebridgeを追加する方法」を参考に!

 

SwichBotプラグインのインストール

プラグインの検索で「switchbot」と入力すると、今回使う「Homebridge Switchbot Openapi」が表示されます。

▼「インストール」から、プラグインを追加します。

追加したプラグインの設定をする前に、SwitchBotの開発者トークンが必要となります。

CHASUKE
続きは後半で。

SwitchBotをHomeKit対応させる手順(後半)

ここからは、必要な情報を揃えて、プラグインの設定をしていきます。

ざっくり手順はこちら

  1. クラウドサービスの有効化
  2. 開発者トークンの取得
  3. デバイスIDの取得
  4. プラグインの設定に入力

では、1つずつやっていきますね。

 

クラウドサービスの有効化

すでに設定済みかもしれませんが、念のために、確認しておきます。

▼アイコン右上に「雲マーク」があれば、OKです。

ちなみに今回、僕のデバイス一覧にあるHub miniを除く5つがホームアプリに追加されます。

CHASUKE
「ライト」と「日立エアコン」がHub miniに登録しているリモコン家電ですね。

 

開発者トークンの取得

開発者トークンは、SwitchBotサーバにアクセスするための鍵です。ユーザーごとに異なります。

▼SwitchBotアプリのプロフィールタブの設定ボタンから取得できます。

アプリバージョンの項目を10回連続でタップすると、トークン取得画面が表示されます。トークンは人にバレないように管理しましょう。

CHASUKE
後で使うので、メモしておく。

 

デバイスIDの取得(curlコマンド)

SwitchBotのデバイスIDを取得します。

全てのデバイスIDは必要なく、指ロボットの「SwitchBot」だけ必要なようです。

アプリのデバイス一覧に「SwitchBot」がない人は、この作業は不要ですので、スキップしてください。

 

では、SwitchBotアカウントに紐づくデバイス一覧を取得します。

取得方法は、API仕様「Get device list」にある通りですが、下記のcurlコマンドをMacのターミナルで実行します。

/usr/bin/curl -X GET "https://api.switch-bot.com/v1.0/devices"  -H "Authorization:<開発者トークン>"

メモ

JSON形式の文字がズラッと出力されるので、コピーして整形しましょう。

 

▼整形すると、こんな感じ(一部抜粋)です。

"deviceList": [
    {
        "deviceName": "Hub Mini(自宅)", 
        "hubDeviceId": "000000000000", 
        "deviceType": "Hub Mini", 
        "deviceId": "HHHHHHHHHHHH"
    }, 
    {
        "deviceName": "温湿度計", 
        "hubDeviceId": "HHHHHHHHHHHH", 
        "deviceType": "Meter", 
        "deviceId": "MMMMMMMMMMMM"
        "enableCloudService": true
    },

    (中略)
    
    {
        "deviceName": "白スイッチ", 
        "hubDeviceId": "HHHHHHHHHHHH", 
        "deviceType": "Bot", 
        "deviceId": "BBBBBBBBBBBB", 
        "enableCloudService": true
    }
]

メモ

アプリに登録済みのSwitchBotデバイス(deviceList)にある、SwitchBot(僕の場合、白スイッチ)の「deviceId」をメモしておきましょう。
CHASUKE
これで必要な情報が揃った。設定を入力していきます。

 

プラグインの設定に入力

Homebridgeに戻って、さっきインストールしたプラグインを設定していきます。

CHASUKE
設定ファイルを直接変更せず、プラグインの設定からできます。

 

▼設定を押すと、こんな画面が出ると思います。

「SwitchBot Account Info」の「>」を押すと、開発者トークンの入力項目が表示されます。

 

▼Tokenにメモしたトークンを記載する。

 

続いて、指ロボット「SwitchBot」のデバイスIDの設定です。持ってない人は、設定不要です

「Advanced Settings」- [SwitchBot Device Settings] - [Bot Settings]まで進みます。

僕のSwitchBotは「押すモード」なので、「Press Mode Bots」の方に、先ほど取得したデバイスIDを入力します。

これで設定完了です。保存して再起動します。

CHASUKE
他にも、様々なオプションがありそうなので、イジってみると面白いかもです。

実際にホームアプリで操作してみる!

では、ホームアプリにアクセサリ追加して、実際に家電を操作してみます。

 

デバイスをホームに追加する

iPhoneのホームアプリを起動し、「アクセサリを追加」を選びます。

Homebridgeのダッシュボード画面にあるHomeKitコードを読み込むと、、、

まだあります。

ブリッジ(Homebridge)を除き、全部で5デバイスが追加された。

 

▼デバイス一覧がにぎやかになった。

SwitchBot・温湿度計・カーテンといったSwitchBotデバイスだけでなく、ハブに登録したリモコン家電もちゃんと追加されてます

CHASUKE
アイコンを押せばちゃんと動きます。それに、Siriからも音声操作できます。

 

リモコン家電を操作してみる

それぞれの操作画面はこんな感じ。

 

▼照明は、オンオフ操作のみですが、ばっちり動いてます。

 

▼エアコンも、オンオフ操作は正常に動きます。しかし、僕の環境では、温度やモード変更するとエラーが出力されます

Device internal error due to device states not synchronized with server. Or command fomrat is invalid.

CHASUKE
上記エラーが出てるので、バグなのかな...

 

今回は、エアコンと照明を試しましたが、それ以外のリモコン家電の対応状況は、以下に記載があります。

SwitchBotのHomeKit化対応 まとめ

SwitchBotハブのリモコン家電をHomeKitに対応させる方法を紹介しました。

家中の家電をホームアプリで管理・操作したいというiPhoneユーザーにおすすめです。

CHASUKE
是非挑戦してみてください!

 

▼その他のSwitchBot関連記事はこちら。

スマート製品

2021/10/5

【SwitchBotカーテンレビュー】スマホや声でカーテンを操作してみた!【徹底解説】

どうも、CHASUKEです。 カーテンの開け閉めがスマホでできたらな。 「太陽の光で目を覚ましたい」「布団の中からカーテンを開け閉めしたい」など理由は色々ですが、一度は考えた事はありませんか。 そんな願いを簡単に実現してしまうのが、今回紹介する「SwitchBotカーテン」です。SwitchBotと言えば、物理スイッチをスマート化できるアイテムだが、このシリーズとして新たに加わりました。 SwitchBotカーテンが凄いのは、今あるカーテンに簡単に後付けできる点。そして、スマホや声、ボタンといった様々な方 ...

ラズパイ

2020/12/19

SwitchBotカーテンをラズパイ経由で操作する方法(Python3編)

どうも、CHASUKEです。 本記事では、公開されているSwitchBotのAPI(Python)を使って、SwitchBotカーテンの操作方法を紹介します。 今回は、ラズパイに最初からインストールされているPython3を使ってます。実は以前にも、同じようにラズパイ経由からSwitchBotを操作する記事を書いてます。 以前の記事との違いとしては、新しいPython3を使ってみた点。それと、新たにSwitchBotに加え、SwitchBotカーテンやSwitchBot温湿度計のセンサー値も取得してます。 ...

スマート製品

2021/7/24

SwitchBotハブ「Hub Mini」と「Hub Plus」は何が違うのか?【比較レビュー】

どうも、CHASUKEです。 これまでスマートリモコンにもなるSwitchBotハブとして「Hub Plus」を使ってました。これを、小型・低価格化した新モデル「Hub Mini」に取り替えてみました。 CHASUKE雲のような可愛い見た目から、スクエア型のすっきりデザインに一変しました。   今回、Hub PlusからHub Miniに買い替えたわけですが、Hub Miniの方が2,000円も安い。 「大事な機能が削られたのか?」 とかも思ったのですが、結論からいうと、大事な機能は削られていま ...

スマート製品

2021/7/24

【レビュー】SwitchBotの3アイテムで快適スマートルームを作ってみた!

どうも、CHASUKEです。 「電気とかテレビをスマホや声で操作したい」 突然、母がそんなことを言ってきた。 僕の母は、スマート家電などの知識は全くない。家電をスマート化できる製品は多くあるけど、誰もが使えて、築30年以上の実家にもフィットするモノは多くない。 それらを踏まえ、母のようなスマートホーム初心者にもおすすめできると思ったのが、「SwitchBot(スイッチボット)」です。どんな家電もスマホで遠隔操作を可能にします。それにとにかく使いやすい。 本記事は、SwitchBotシリーズの3アイテム使っ ...

スマート製品

2020/1/26

SwitchBot(スイッチボット)のCR2リチウム電池を交換する方法|動画あり

どうも、CHASUKEです。 物理スイッチを遠隔操作できる便利なスマートデバイスSwitchBot。 今では家に複数ありますが、最初に見つけたのは海外クラウドファンディング「INDIEGOGO」でした。最初はここに出資してGETしました。 CHASUKEもう3年前の話ですね   ▼そんなSwitchBotをPCモニターに貼り付けて運用してました。 地上波&ネットテレビの両方で使ってる   しかし、いつの間にか反応しなくなってた。アプリから確認すると、右下マークが付いてない。 お ...

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com