PC関連

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1レビュー|デスク下手前に最適なUSB-Cハブ!

どうも、デスク環境を改善中のCHASUKEです。

僕のデスクでは、裏にMac miniを固定し、できるだけケーブルを出さないようにしてます。

しかし、これで困るのが、ポータブルSSDやSDなどの外部メディアが使いづらい点。普通ならモニター下にドックを置くのでしょうが、今回はデスク下手前にUSB-Cハブを設置していきます。

デスク下手前とは、矢印のココです。

そして、今回設置したのが「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1」というUSB-Cハブになります。実際のものがこちら。

この製品の特長

  • 5in1ながら小型・軽量(36g)
  • データ転送に特化した高性能ドック
  • USB-A×1, USB-C×2(全て最大10Gbps)
  • SD・microSD(最大104MB/s)
  • USB-Cケーブルが付け替え可能
  • 5ポートが片面に整列

実は以前から用途に合うメディアハブを探してたのですが、僕が必要なポートのみが揃ってる理想通りのものを見つけたわけです。

CHASUKE
HDMIやPD充電ポート不要で、ケーブル着脱式のものはなかなか無いんですよね。

 

冒頭から色々書いてしまったが、本記事では「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1」の外観や付属品のチェック、デスク下手前での使用感や性能をレビューしていきます。

▼最終的にこうなります。

僕と同じようにデスク下手前で使える理想のハブをお探しの人に、刺されば幸いです。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1の外観と搭載ポート

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1は、小型で軽量のUSB・SDのデータ転送に特化した5in1 USB-Cハブです。

カラーはApple製品と同じダークグレイシルバー揃っており、僕はダークグレイを選びました。

▼本体はW94×H30×D16mmで、36gと驚くほどにコンパクト。

ザラッとしたアルミニウム素材で、熱が本体に籠らない造り。持ち運びにも優れた形状です。

▼反対側はこんな感じ。

搭載ポートは5つ。HDMIやLAN、充電用Power Deliberyがないのがポイントです。

搭載ポートのスペック

  • USB-C (USB 3.2 Gen2 最大10Gbps)
  • USB-A (USB 3.2 Gen2 最大10Gbps)
  • SD(最大2TB SD3.0 UHS-1 最大104MB/S)
  • microSD(最大2TB SD3.0 UHS-1 最大104MB/S)

USB-Cは、全て高速転送(USB 3.2 Gen2)に対応。スペック例では、iPhoneの写真614枚(1.5MB/枚)がたった1分で転送可能とのこと。

 

▼PCと接続用ポート(USB-C)は側面にあります。

ケーブルは脱着式。つまり、自分の用途にあわせて、長いケーブルを使ったり、端子を変更してPC側のUSB-Aに接続することも可能です。

CHASUKE
デタッチャブルは汎用性が広がるので嬉しい!

 

▼付属品は、取扱説明書USB-C to USB-Cケーブル(0.2m)です。

▼繋げるとこんな感じです。

macOS、Windows、iPadOS、Androidなど、どのOSでも繋げばスグに利用できます。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1の取り付け・使い勝手

デスク下|奥にMac mini

では、デスク下手前にセッティングします。持ち運びに優れているので、勿体無い気もしますが。

写真の通り、Mac miniをマウントし、そこからUSB-Cケーブル(オス-メス)を伸ばしてます。と言うのも、以前まで、UGREENのSDカードリーダーを使っており、その名残です。

今回のハブはデタッチャブル。ケーブルを変えてPCと直接繋ぐのも有りでしたが、そのまま使うことにした。(Thunderboltケーブルも揃えたけど、途中で面倒になった)

 

デスク下手前へマウントする

貼り付けは、鬼ピタという両面テープを使用。粘着力抜群なのに綺麗に剥がせます。

形状はゆるい楕円形なので、これで問題なく貼り付けできています。

それと、PC接続ポートがサイドにあるので、90度コネクタもかまします。これも10Gbps対応をチョイスしてます。

配線スッキリのため、こだわっています。

▼位置を決めて、ピタペタッと。

軽量ボティなので、全く落ちる気がしません。

▼こんな感じで、少し内側に入れて配置してます。

PCとの接続方法

  1. M1 Mac mini
  2. USB-C to USB-C
    ケーブル(オス-メス)

  3. USB-C to USB-C
    付属の0.2mケーブル
  4. USB-C to USB-C
    90度コネクタ

  5. ALMIGHTY DOCK nano1
CHASUKE
ケーブル類は10Gbps対応です。いずれ1本化する予定。

 

▼デスク下に潜むドックがこちら。

これで怖いものなし。

▼ポートにディスクを挿し込むとこんな感じです。

横から見るとわかりやすいのですが、SDカードの挿し込みが結構浅いです。

デスクから飛び出るので、注意が必要です。が、今のところ引っ掛けたことは一度もありません。

 

転送速度サクサクで使い心地は快適

取り付けてしばらく経ちますが、やはりスグ近くにポートがあるのは使いやすいですね。

転送スピードもサクサクで快適。大容量のデータ転送をしても、ほんのり温かくなる程度で熱の心配は要りません

僕の使用カメラ(FUJIFILM X-S10)も含め、最近のカメラはWi-Fi転送に対応してます。だが、速度が遅かったり、不安定だったりで、基本的にハブ経由でデータを取り込んでます。

▼メインのSDカードはSanDiskのこちら。

最大150MB/秒、書込み最大70MB/秒

SDスロットはUHS-1規格(最大104MB/S)であることを踏まえ、BlackMagic Disk Speed Testで測定してみた結果がこちら。

読み込みは約90MB/sと制限されてますが、撮影データをPCに取り込む程度なら十分です。

 

また、PCで不要となった写真はポータブルSSDにバックアップしてます。Mac miniのストレージをケチったせいで512GBしかない。

▼ポータブルSSDは、USB 3.2 Gen2対応のHyperDiskを使ってます。

▼こちらも測定してみると、速度は十分

だいぶ早いですね。

試しに、795枚(9.98GB)の画像データを転送する機会があったので、測定してみました。

PC→SSDへは61秒、反対にSSD→PCへは25秒で転送完了しました。サクサクです。

CHASUKE
データ転送以外に、有線キーボードやマウスでも使えます。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1のレビューまとめ

USB-Cハブ「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1」のレビューを書きました。

UHS-1規格のSDなので、カードの種類によっては速度制限されます。ここだけ惜しい点でした。

SDとUSBポートに特化した高性能ハブで、HDMIやLANポート、充電用ポートが要らない人に最適。まさに、今回の僕の用途にはピッタリだった。

ハイスペックなだけに価格も6,600円と少々高いですが、同じようなハブがなかなかありません。刺さる人には刺さるアイテムであり、僕はかなり満足してます。

CHASUKE
記事はここまで。CHASUKE(@chasuke__)はTwitterでも便利なガジェットをつぶやいてます。こちらもぜひ!

SwitchBot読者限定クーポン

2021/12/2(木)までの期間限定で公式ストア&Amazonの割引クーポンが使えます。SwitchBot製品(一部対象外)がセール価格からさらに5%OFFで購入できます。

▼割引入力コード:2021BFSWB01

SwitchBot公式ストア

▼割引入力コード:2021CHASUKE1

Amazonショップ

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com