iPhone・iPad

【レビュー】Anker PowerLine III Flow USB-Cケーブル|耐久性のある柔らか急速充電ケーブル!

どうも、CHASUKEです。

MagSafeによるワイヤレス充電も便利だが、1秒でも早く充電したいときは、まだまだ有線ケーブルによる高速充電に頼っているのが現状です。

今回、信頼と実績のあるAnkerから「柔らかい・絡みにくい」をコンセプトにした画期的な充電ケーブル「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C ケーブル」が登場しました。

Anker PowerLine Ⅲ Flow の特徴

  • 柔らかく手触りさらさら
  • 優れた耐久性
  • カラフルなカラー展開
  • Apple MFi認証済み
  • 高速充電・データ転送に対応
CHASUKE
半信半疑でしたが、「絡まないは正義」ということでポチってみた。

 

使いはじめてしばらく経ちますが、今までのケーブルとは一味違い、コレは使いやすい。

「どの充電ケーブル買えばいいかわからん」という人にオススメできる逸品だったので、本記事では、柔らかいUSB-C充電ケーブル「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング」を紹介します。

サラサラと不思議な手触りで、デスクに置いても無駄に広がらないのが最高なケーブル。「USB-C to Lightning」タイプだけでなく、「USB-C to USB-C」タイプも販売されています。

▼iPhone用「USB-C to Lightning」はこちら。

▼iPad・MacBook用「USB-C to USB-C」も販売されてます。

created by Rinker
Anker
¥1,790 (2021/09/25 14:23:52時点 Amazon調べ-詳細)
CHASUKE
めちゃめちゃ気に入ったので、僕は白黒で2種類ずつ合計4本で揃えました!

iPhone用充電ケーブル|Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & Lightning

こちらがiPhone用急速充電ケーブル「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & Lightning」です。

ケーブル長は「0.9m|1.8m」の2種類、カラーは上の5種類から選べます。

CHASUKE
淡い色合いが可愛い。

 

▼レビュー用に開封したのは、ケーブル長0.9m・ブラックのもの。

白色のゴム状ケーブルクリップと同梱されてました。

 

▼先端がUSB-C端子Lightning端子となっており、iPhoneを最大20W出力で高速充電できます。

ケーブルはコンセプト通りの柔らかさ。厳しい耐久テストもクリアしているとのこと。

ケーブル外装がさらっさらで手触りが最高に気持ちいい。ちなみに重さは、28gととても軽い。

なぜ、これほど柔らかいのか?

簡単に構造を説明しておくと、内部銅線をグラフェンという素材で覆い、それをシリコン素材で覆った3層構造。これにより、今までにない柔らかさを実現している。
CHASUKE
見た目は普通のケーブルなんだけど、とても不思議な感覚。

 

▼端子にゴールドの素材が使われてかっこいいのですが、ゴム上のケーブルクリップがケーブル色に合ってないのが残念。

ちなみに、クリップを外しても、暴れて広がることはありません。これこそ絡まないケーブルだ。

 

▼Apple純正ケーブルの反発具合を確認してみると、一目瞭然です。

CHASUKE
左から右へ」にスライドすると、どこだけ反発するかわかります。

 

▼当然だが、ケースと端子の干渉も問題なし。

僕はAppleのレザーケースを使ってますが、根本が干渉することなく、使えています。

また、こちらはAppleの品質テストをクリアしたMFi認証済みのケーブルになります。急速充電およびデータ転送にちゃんと対応しています。

CHASUKE
実際に試してみましたが、問題なく使えました。

 

それにしても、充電中の見た目もスッキリして、気持ちが良いですね。

Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & Lightningケーブルは、iPhoneの急速充電に対応しており、たった30分で0%から50%までの充電が可能です。

ただし、急速充電には20W出力できるUSB-C充電器が必要となります。以下の記事でオススメを紹介しています。

【iPhone12 電源アダプタ選び】AnkerとAukeyの20W出力PD充電器を比較してみた!

MacBook用充電ケーブル|Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & USB-C

続いて、Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & USB-Cも購入してます。

ケーブル長は「0.9m|1.8m」の2種類、カラーは上の4種類から選べます。

CHASUKE
Lightningとほぼ同じラインナップだが、ピンクがない。

 

▼同梱物も同じで、シリコン製のケーブルクリップが同梱されてました。

Lightningケーブルと比較すると少しだけ硬さを感じるが、十分に柔らかいケーブルです。

 

▼両側にはUSB-C端子となっており、PD規格準拠のE-Markerチップ搭載ケーブルとなってます。

100Wまでの給電が可能なケーブルです。

しかしながら、通信規格はUSB 2.0なので、最大480Mbpsとなる。データ転送は少し物足りないです。

 

Lightningケーブルと合わせて、こちらも白黒の2種類を購入した。

CHASUKE
これだけあれば、困らないです。

急速充電ケーブル「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C 」 のレビューまとめ

以上、急速充電ケーブル「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-Cケーブル」をレビューしました。

期待通りに柔らかく、変な曲げ癖がつかないのが良かった。それに、クリップせずに置いても無駄に暴れて広がらないのが最高です。

「充電ケーブルどれ買えばいいの?」と迷ってる人にオススメなケーブルでした。僕は合計4本も買ってしまうほど気に入りました。

▼iPhone用「USB-C to Lightning」はこちら。

▼iPad・MacBook用「USB-C to USB-C」も販売されてます。

created by Rinker
Anker
¥1,790 (2021/09/25 14:23:52時点 Amazon調べ-詳細)

価格は少し高いですが、耐久性を考えれば十分にその価値があります。

CHASUKE
Lightningは最大20W、USB-Cは最大100Wとハイスペックな出力に対応してます!

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com