オーディオ

【1MORE ComfoBudsレビュー】小型軽量ながら高音質ワイヤレスイヤホン!【AirPodsと比較】

どうも、CHASUKEです。

自宅のデスク環境では、手軽に着けれるインナーイヤー型のAirPodsを愛用してます。遮音性は弱くなるが、周囲の音を取り込みながらBGM感覚で使えます。

今回は、AirPodsに似た使い心地でコスパに優れたワイヤレスイヤホン「1MORE ComfoBuds」を紹介します。

1MOREとは?

「優れた品質のオーディオを消費者に優しい価格で提供する」を使命に、CES Innovation、RedDot、iF Designアワードなど多数の業界・デザイン賞を獲得している中国/深センを本拠地とするメーカー

特徴は、世界最軽量クラスでありながら、13.4mm特大ドライバーを搭載し高音質を実現した点です。

ということで本記事では、ワイヤレスイヤホン「1MORE ComfoBuds」の外観やサイズ感、実際に使ってみた感想を紹介していきます。

▼現在は、ANC機能や外部音取り込み、風切り音低減モードを搭載した上位モデルも登場しています。

1MORE ComfoBuds の外観とサイズ感

こちらが「1MORE ComfoBuds」のパッケージ。Apple製品のようにしっかりした箱で、製品への信頼感が増します。

カラーは、黒と白の2パターン。今回は真っ白の「パールホワイト」をチェックしていきます。

 

外観・サイズ感

▼本体ケースの小ささにはビビりました。

思わずニヤけてしまうほどの軽さ。

ケース表面はつるつるで上品な仕上がり。小型なので、蓋を開ける際に指先から滑りやすいかも。

やや膨らみのあるカプセルのようなケースに、イヤホンが2本入ってます。無駄な部分が全て削り落とされてます。

蓋の真上には1MOREのロゴがあるが、控えめなグレー色でそこまで目立ちません。

ケースサイズは68.7×30×25mmで、イヤホンと合わせて重さ37gです。

▼蓋を開けるとこんな感じ。

付け根に赤くちょろっと見えているが、装着センサーが反応しないよう保護テープが貼られている。

また、イヤホンはマグネットでかっちり収納されてるので、棒の先端を引っ掛けると取り出しやすい。

▼イヤホンも非常に軽い

イヤホンサイズは39.25×17.92×18.7mmで、重さは片耳3.8gです。

1,2世代のAirPodsと似た形状だが、無駄が剃り落とされ、うどん部分がシャープになっている。後で並べて比較するが、個人的にはこちらのが好みだ。

真っ白なボディに、スピーカー部分の赤がアクセントになってます。デスクに置いてもカッコ良い。

また、先端にちょろっとあるイヤーチップが特徴的で、これが耳へのフィット感を高めてくれます。取外しできたので、パーツがあれば交換できそう。

たまに左右がわからなくなるが、イヤホンとケースの両方にLRマークが大きくあり助かる。その隣の黒いセンサーは、耳への装着を検知して音楽の自動再生・停止を可能にします。

さらに、1イヤホンにつき、ノイズ除去を補助するENCマイクが2個ずつ搭載されます。

▼イヤホン込みでも約37gと軽く、握りやすい。

CHASUKE
価格以上のクオリティを感じる。

 

AirPodsとの比較

ケースの表面加工やイヤホン形状は、同じインナーイヤーのAirPodsと似ている。

▼並べるとこんな感じ。

パッと見は似ているが、よく見ると、ComfoBudsにはチンアナゴやうどんといった感じがない。

▼スケールで測ると、10g以上も差があった。

▼その他、スペック比較はこちら

 ComfoBudsAirPods(1nd)
ケース幅:68.7mm
高さ:30mm
厚さ:25mm
重量:28.9g
幅:44.3mm
高さ:53.5mm
厚さ:21.3mm
重量:40g
イヤホン幅:17.9mm
高さ:39.2mm
厚さ:18.7mm
重量:3.8g
幅:16.5 mm
高さ:40.5 mm
厚さ:18.0 mm
重量:4 g
連続再生単体:4時間
ケース込:18時間
単体:5時間
ケース込:24時間
コーデックAAC/SBCAAC/SBC
Bluetooth5.05.0
Amazon価格4,990円18,576円

Apple製品同士の親和性では負けるが、ほぼ同等スペックで価格差が半分以下。これは凄い。

 

付属品

USB-C to USB-Aケーブルと、マニュアル1MOREステッカー(クマ)が含まれます。

日本語マニュアルは、イラスト付きでわかりやすいのが好印象だった。

USB-C端子なのが良いですねー。

充電ケースは約80分でフル充電され、イヤホンの充電はケースに入れて約85分かかります。

▼蓋のちょうど下辺りにあるLEDインジケータでバッテリー残量を視覚的に確認できます。

ちなみに、手持ちのUSB-C to USB-CケーブルでMacBookと接続しても充電ができました。

1MORE ComfoBuds の設定・使い方

ComfoBudsは、蓋を開けると自動で電源オン、閉めると電源オフとなります。

初めて利用する場合、ペアリングモードに入り、上画像のように棒先端が光ります。あとは、スマホやPCでペアリングすればOKです。1度ペアリングすれば、以降は自動接続されます

CHASUKE
この辺りは、よくあるワイヤレスイヤホンと同じですね。

 

続いて、イヤホンで可能な音楽操作について。イヤホンの付け根辺りをタップして操作ができます。

  • 2タップ:再生/停止、通話応答/切断
  • 3タップ:音声アシスタント呼出

AirPodsでは2タップの操作だけでしたが、ComfoBudsでは3タップでの操作も使えます。

また、専用アプリ「1MORE MUSIC(iOS/Android)」を使うことで、操作内容をカスタマイズできました。

▼下記の操作を割り当てできました。

  • 再生/一時停止
  • 前トラック/次トラック
  • 音量+/音量-
  • ボイスコトロール

しかし、左右で操作できるペアが決まっており、自由に個別設定ができないのが残念だった。ここは次回のアップデートに期待したいところ。

CHASUKE
アプリが使えるのはなかなか無いので面白い。

1MORE ComfoBuds の使用感と音質

1週間ほど使ってみたので、感想を書いていきます。

圧迫感の無い着け心地

先でも書いたが、ComfoBudsはインナーイヤー型です。カナル型にあるような、圧迫感はほとんど無い。耳にスッと置くだけでライトに使えます。

ちょろっとあるイヤーチップのおかげで固定感もあります。口を大きく開けたり、首を振っても、ズレ落ちることはなかった。

軽い着け心地で遮音性は弱いため、周囲の音も聞こえてきます。耳に負担をかけない構造で、ストレスなく長時間利用できます。

 

低音が効いたバランスの良い音質

高音から低音まで大きな偏りはなく、バランスの取れた音質。クリアな音質で迫力のある音が出せます。

高音に関しては、粒感のある繊細な音質。そして、13.4mm特大ドライバー効果で、軽量ボディからは想像できないほど重みのある低音が味わえます。音の好みは人それぞれですが、多くの人が気に入る音質だと思います。

また、爆音で再生しない限り、音漏れも気にならなかった。これもイヤーチップのおかげなのかも。

CHASUKE
普段はカナル型を使ってますが、インナーイヤーも良いなと思えるほどでした。

 

続いて、通話品質について。

外出先から家族と少し喋った後に、通話の品質を聞いてみると「音がやや籠もり気味だった」とのこと。反対に、向こうからの声はクリアに聞こえている。

CHASUKE
全く使い物にならないわけではないが、ビジネス用途では微妙かも。

 

トータルで使いやすいイヤホン

ComfoBudsは低価格ながら装着検知センサー搭載により、イヤホンを着けると自動再生、外せば自動停止されます。AirPods使った事がある人はわかると思いますが、使い勝手が抜群に上がります。耳に着けてからケースに仕舞うまでがとてもスムーズ。

この設定はアプリで変更可能。

 

やっぱり小さいのが素敵。かばんや胸ポケット、デニムのポケットにも、かさばらずに入れておけます。

また、周囲の音を聞きながら使えるので、手ぶらで街歩きやランニングにも使いやすい。イヤホン本体は、IPX5の防水性能があり、雨や汗によって壊れる心配もいりません。

1MORE ComfoBuds まとめ

以上、世界最小級サイズのワイヤレスイヤホン「1MORE ComfoBuds」のレビュでした。

良い点はココ

  • 軽量でカッコいいデザイン
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 装着感が良くズレ落ちない
  • 低音の効いたバランスの良い音質
  • 雨や汗から守れる防水対応

注意点はココ

  • ケースが滑って開けづらい
  • タップの操作設定に自由度がない
  • 通話音声が籠もる

インナーイヤー型を前提に、バランスの取れた音質使い勝手の良さが価格以上に感じた。これで5000円以下なので、コスパの優れたワイヤレスイヤホンと言える。

カナル型が苦手で、インナーイヤーを好む人におすすめできます。初めてのワイヤレスイヤホン、贈り物にもぴったりです。

▼現在は、ANC機能や外部音取り込み、風切り音低減モードを搭載した上位モデルも登場しています。

SwitchBot読者限定クーポン

2021/12/2(木)までの期間限定で公式ストア&Amazonの割引クーポンが使えます。SwitchBot製品(一部対象外)がセール価格からさらに5%OFFで購入できます。

▼割引入力コード:2021BFSWB01

SwitchBot公式ストア

▼割引入力コード:2021CHASUKE1

Amazonショップ

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com