PC関連

【Belkin Thunderbolt3 Dock Coreレビュー】AC電源不要の小型ドッキングステーション!

2020年11月16日

どうも、CHASUKEです。

以前に、Thunderbolt3ドッキングステーション「Belkin Thunderbolt3 Dock Pro」を紹介しました。最強クラスのドックでしたが、約2.7万円と手軽に試せる価格ではなかった。それに、大きく重いAC電源の扱いも大変でした。

そんな中、Dock Proのお手頃版とも言えるThunderbolt3ドック「Belkin Thunderbolt3 Dock Core」が登場しました。

▼主な特徴がこちら。

Thunderbolt3 Dock Core の特徴

  • コンパクトなスクエア型
  • AC電源不要で使える
  • USB PDで60W給電が可能
  • Mac・Winどちらでも使える
  • ケーブル1本で7ポート拡張
  • USB3.1 Gen2(最大10Gbps)
  • デュアル4K60Hzに対応

AC電源なしでポータブルThunderbolt3ドックとして使えるのが最大の特徴です。コンパクトなので外出先でも持ち運び利用できるアイテム。

CHASUKE
これまでThunderbolt3ドックと言えば、AC電源ありで据え置き利用がメインでした。

 

ということで本記事では、AC電源不要で使えるThunderbolt3ドック「Thunderbolt3 Dock Core」をレビューしていきます。

ポータブルThunderbolt3ドックをお探しの人、Dock Coreの購入検討してる人の参考になれば幸いです。

本記事は商品をお借りし、レビュー記事を作成しております

Belkin Thunderbolt3 Dock Core の外観・インターフェース

外観・サイズ感

Thunderbolt3 Dock Coreの外観やサイズ感を紹介していきます。

コンパクトでスクエア型(10cm×10cm×3cmのドッキングステーションで、約20cmのThunderbolt3ケーブルが直付されています。

▼表面は金属製ではなく、マット加工されたプラスチック素材。約214gと軽量です。

シンプルな見た目ながら、上部と下部に排気口があり、排熱が考慮された作りをしています。

CHASUKE
黒一色のデザインがカッコいい!

 

▼iPhone12 Proと比較したサイズ感がこちら。

天辺には、ロゴLEDステータスがあります。

▼底面は、四隅がしっかり滑り止め加工されてます。

 

搭載インターフェース

 

▼上記の番号順に並べてみます。

1(ノートPC接続)

2(USB・オーディオ)

3(映像出力・LAN)

4(充電用USB-C)

 

▼各インターフェース詳細は下記の通り。

1Thunderbolt 3ケーブル
2オーディオジャック(入力/出力)
USB-A 3.2 Gen 2(10Gbps)
USB-A 2.0
3Displayport(DP 1.4)
HDMI(HDMI 2.0)
Gigabit Ethernet
4USB-C(PD60W入力のみ)

全部で7ポート搭載です。

USB-Cポートは、充電のみでデータ転送や画面出力に使えません。60W以上の充電器とつないで、接続デバイスにパススルー給電ができます。

また、SDカードスロットは無いのでご注意を。

Belkin Thunderbolt3 Dock Core の使用感

Belkin Thunderbolt3 Dock Coreを実際に設置して試してみました。

Thunderbolt3が内蔵されたMac/Winのどちらにも対応していますが、今回はMacBook Proで使ってます。

 

設置してみた

配置するとこんな感じ。

ドックの割には小さな本体で、スペースはそれほど要らない。滑り止めが効いて簡単にズレないのも良い。しかし、全方向に伸びるケーブルがやや気になる。

たった1本のケーブルで周辺機器を一括接続できるのは、ドックを使うメリットですよね。

▼本体から直接生えるケーブルは20cmなので、MacBookの近くに配置する必要があります。

設置の向きは色々と試してみたが、個人的にはHDMIやLANを背面するスタイルで落ち着いた。

▼USB-Aが前面になる配置も試したけど、やはりケーブルがゴチャゴチャして見えてしまうのが残念。

CHASUKE
前面にUSB-Aあった方が、すぐに使えて便利なんですが。。

 

USB3.2 Gen2で高速データ転送

USB-Aは2ポートありますが、USB3.2 Gen2仕様は1ポートのみです。

▼USB3.2対応のポータブルSSDをUSB3.2(左側ポート)につないで、速度テストした結果がこちら。

めちゃめちゃ早いですね

▼続いて、USB2.0(右側ポート)がこちら。

仕様通りですが、遅いです。

また、iPhoneの充電も可能ですが、実測で2Wと弱めの出力でした。こちらのポートは、キーボードやマウスなどの給電に回した方が良さそう。

 

デュアル4K60Hzで映像出力

▼映像出力は下記の通り。

  • HDMI 2.0(4K60Hz対応)
  • DisplayPort 1.4(8K30Hz、5K60Hz、4K60Hz対応)

シングルモニターであれば、最大8K30Hzまで。2端子を使えば、最大4K60Hzまでのデュアルモニター出力が可能です。

残念ながら、ドックにあるUSB-Cは充電専用のため映像出力には使えない。僕が今使ってるPCモニター「DELL U2720QM」はUSB-C出力対応だが、上写真では、HDMIで接続しています。

CHASUKE
映像やデータ転送できるUSB-Cポートが欲しかった。

 

有線LANで高速通信

普段は、手軽に使えるWi-Fiを利用しがちですが、ドッキングステーションなら有線LANの接続に手間がかかりません。

もちろん通信速度は、爆速でした。

 

電源不要で持ち運び便利

繰り返しになるが、Dock CoreはACアダプタ不要で使えるThunderbolt3ドックです。

▼2通りの方法で、接続デバイスへ給電します。

ノートPCから給電

USB-Cからパススルー給電

 

ノートPCに接続し、USB-Cからパススルー給電すると、両方のLEDが点灯します。

USB-Cからは最大60Wまでのパススルー給電が可能で、ノートPCへ給電できます。実際に、ワット数を測定するとMacBookへ50Wで給電されてました。残りの10Wは他の機器で使われるようです。

▼パススルー給電なしの状態では、約6Wがドック方向に流れてました。

 

パススルー給電なしで使っていて気になったのが、クラムシェルモードでの挙動の違い

MacBookを開いた状態なら、問題なくHDMIで映像出力できるのに、クラムシェルモードでは、映像出力ができない。これは何度か試したが、僕の環境では1度も出来なかった。

DisplayPortやデュアルモニターでは試せていないので、他にも違いがあるかもしれない。

Thunderbolt 3 Dock CoreとDock Proと比較

最後に、Belkin Thunderbolt3 Dock ProDock Coreをスペック比較していきます。

 Dock ProDock Core
サイズ19.8×8.1×2.5cm10×10×3cm
重さ422g214g
AC電源必要(デカい)不要
PC接続ケーブルケーブル別直付ケーブル
PC給電最大85W最大60W
映像端子Thunderbolt3
DisplayPort
HDMI
DisplayPort
映像出力シングル:最大8K30Hz
デュアル:最大4K60Hz
同じ
SDカードUHS-II ×1なし
USBUSB-A 3.1 Gen2 ×1 
USB-C 3.1 Gen2 ×1 
USB-A 3.0 ×4
Thunderbolt3 ×2
USB-A 3.1 Gen2 ×1
USB-A 2.0 ×1
USB-C PD ×
LAN端子ギガビット同じ
オーディオあり(入力/出力)同じ
対応OSMac/Win同じ
Amazon価格
2020/11/16時点
27,364円12,355円
CHASUKE
2倍以上の価格差はあるが、Dock Proは半端ない性能ですw

Belkin Thunderbolt3 Dock Core のまとめ

以上、ドッキングステーション「Belkin Thunderbolt3 Dock Core」をレビューしました。

▼再度、特徴のおさらいです。

Thunderbolt3 Dock Core

  • コンパクトなスクエア型
  • AC電源不要で使える
  • USB PDで60W給電が可能
  • Mac・Winどちらでも使える
  • ケーブル1本で7ポート拡張
  • USB3.1 Gen2(最大10Gbps)
  • デュアル4K60Hzに対応

搭載ポートこそ、7つで少なめですが、手頃な価格と持ち運びやすさが魅力の1台。利用用途がバチッと合った人向けです。

こちらの記事も要チェック
【Thunderbolt 3 Dock Proレビュー】ケーブル1本で12ポート増設。ベルキンのドッキングステーションを試す!
こちらの記事もおすすめ
【レビュー】超満足。4Kモニター「DELL U2720QM」をMacBook用に購入しました。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

こちらの記事も読まれてます

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.