スマートスピーカー

Echo Show 5レビュー|小型スマートディスプレイでできること【Google Nest Hubと比較】

どうも、CHASUKEです。

5.5インチのスクリーン付きスマートスピーカー「Amazon Echo Show 5(エコーショー5)」を購入しました。コンパクトで使いやすいかなと。

▼購入時の価格は9,980円でした。

created by Rinker
Amazon
¥7,980 (2021/09/26 14:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

新型Echo Show5の登場により、当モデルは頻繁にセールが行われてます。

 

▼我が家にAmazonデバイスが揃ってきた。用途や形が異なるこの3台です。

左から Echo Show | Echo Show 5 | Echo Spot

「Echo Showは大きすぎる」「Echo Spotじゃ小さすぎる」など、好みのサイズは人それぞれ。

ということで本記事では、コンパクトサイズのAmazonスマートディスプレイ「Echo Show 5」をレビューします。

サイズ感や使い心地において、Google Nest Hub(7インチ)との違いも書いてます。購入検討してる人の参考になれば幸いです。

CHASUKE
それでは、参りましょう。

Echo Show 5 の外観と付属品

予約してたEcho Show 5が届いた。パッケージは、予想通りにコンパクトで小さめ!

CHASUKE
さっそく中身をチェックしていきます。

 

Echo Show 5 パッケージ内容

箱からの中身は必要最小限でシンプル。

  • Echo Show 5 本体
  • 15W電源アダプタ(1.8m)
  • スタートガイド

本体は小さいですが充電式で使えない。常時に電源接続が必要です。

 

非常にコンパクトなEcho Show 5

リーズナブルな価格ながらカメラが搭載されているため、ビデオ通話、呼び出しが使えます。また、カメラには物理カバーがあり、セキュリティ的に抵抗のある人にも嬉しい。これまでのEcho ShowやEcho Spotにはなかった。

 

▼手に乗せたり、握った画像でサイズをイメージしやすいかと思います。

スピーカー部分に重厚感がありますが、全体的にコンパクトな仕上がりです。

  • サイズ:14.8 x 8.6 x 7.3 (cm)
  • 重量 :約410g

液晶サイズは5.5インチ。iPhoneの画面サイズとほぼ同じです。

CHASUKE
個人的には、Echo Spot(約418g)よりも軽いのには驚きだった。

 

▼Echo Spotは丸型で見た目重視の可愛さがあるが、Echo Show 5は横長でバランスの良い形状。枕元にあっても違和感はない。

左からEcho Spot | Echo Show 5

お目覚めスクリーンやスリープモードと機能があるので、スマート目覚まし時計として最適かもしれない。

 

知らない間にカメラが起動してた」なんてホラーですが、物理カバーがあるので心配不要です。

スイッチをスライドさせると「カメラ オン」と画面に表示されました。

 

▼背面は「1.65インチフルレンジスピーカー」内蔵で音にボリューム感があります。

▼背面ポートは左から以下の通り

  • 電源ポート
  • microUSBポート
  • 3.5 mmステレオジャック
CHASUKE
micro-USBポートは電源供給用ではなく、有線LAN接続するためです。

 

デバイスからサクッと直接設定

電源を入れると、初期設定が始まった。

設定に必要なものは「Amazonアカウント」のみ。ログインやネットワーク設定など、5分もあれば設定できます。

 

▼ネット設定やAmazonアカウントのログインの入力は「キーボード」を使います。

「5.5インチのキーボードなんて..」と思ったが、これが意外と使いやすい。ブラウザやYouTube検索でもキーボード入力しますが、フリックや音声入力可能で工夫されてます。

 

Google Nest Hubと比較

ベゼルサイズは同じくらい。

5.5インチと7インチなので、並べると画面サイズはけっこう違いがあった。

 

スピーカーサイズはEcho Showのがボリュームがある。それもあって、音質はEcho Show 5のが断然良いです。

音質はNest Hubは薄っぺらい感があるのに対し、Echo Show 5はしっかり太く良い感じ。音量設定では、最小音量でも大きめのNest Hubに対し、Echo Show 5は夜間でも音楽を十分に楽しめるほど音量を落とせます。

CHASUKE
スマートディスプレイも基本はスピーカー。この性能が良いに越したことはない。

Echo Show 5で出来ること

こちらはEcho Showの紹介動画ですが、基本的に出来ることは同じなので参考になります。

▼Echo Show 5の代表機能はこんな感じですね

  • 家電操作(スマートホーム化)
  • Amazon Photosによるデジタルフォトフレーム
  • ブラウザ検索・YouTube再生
  • 高音質な音楽再生
  • プライムビデオ再生
  • ビデオ通話・呼びかけ機能
  • 料理レシピ検索・タイマー機能

次章では、具体的な機能について、違いを比較していきます。

 

2021.6 追記|第2世代との違い

2021年6月に、Echo Show 5の第2世代が発売されました。違いは下記の通りです。

Echo Show 5第1世代第2世代
価格7,980円8,980円
内臓カメラ100万画素200万画素
カラバリグレーシャーホワイト
チャコール
ディープシーブルー(第2世代のみ)

正直、微妙。買い替えるほどではありません。

ビデオ通話する人には嬉しいですが、100万画素綺麗になったところで...という感じなので、セールで激安販売される第1世代が圧倒的におすすめです。

Echo Show 5を実際に使ってみた(レビュー)

▲画面を右から左にスライドすると「機能ランチャー(ショートカット)」が現れタッチ操作が可能に。

プライムビデオやミュージック、アラームがタッチ操作で手軽に呼び出せます。手の届く範囲に配置するEcho Show 5と相性がいいです。

ちなみに、AmazonとGoogleデバイスでアシスタントの反応が異なります。声をかけると青く光るだけのEcho Showに対し、Nest Hubは話した言葉が文字になって表示されます。

好みは分かれますが、僕的には聞き間違いが確認できるので文字表示された方が好き。よく噛むので..

さて、いくつか代表機能を触ってみたので、比較レビューしていきます。

 

家電操作(スマートホーム化)

スマートスピーカーと言えばこれ。ホームアシスタント機能ですよね。

アレクサ対応家電の音声操作はもちろん、操作パネルも表示可能させて、単純にON/OFFだけでなく多彩な操作もできます。

音声操作に比べると出番は少ないですが、リモコン代わりになるのであると便利です。

▼Google Nest Hubでも同じように操作パネルがある。アシスタントが違うため出来ることが若干異なる。

製品によって対応状況が異なるので、利用するスマート家電がAlexaまたはGoogleアシスタントのどちらに対応しているのか調べてから購入するのがおすすめ。

照明やスマートプラグ以外にも、セキュリティカメラと連携すればディスプレイにライブ映像を表示できます。

▼コスパの良いEufyカメラTapo照明がおすすめです。レビュー記事もぜひ。

Alexa対応のカメラ
【Anker Eufy IndoorCam 2Kレビュー】コスパ抜群のHomeKit対応ネットワークカメラ!
Alexa対応のLEDライト
フルカラーのスマート電球「TP-Link Tapo L530E」をレビュー【オート機能搭載で約2,000円】

 

Amazon Photosでフォトフレーム

クラウドフォトストレージである「Amazon Photos」の写真をフォトフレーム化できます。

設定手順:[設定]-[ホーム・時計]-[時計]-[パーソナルフォト]-[背景]から指定

 

僕自身、写真を多く取る人なので、この機能はお気に入りの1つ。クラウドに放り込んだ何気ない写真が表示されて見てて面白い。

Amazon Photosで指定したアルバムのみを表示する事もでき、写真の衣替えがアプリから簡単に出来る。さらに、クラウドで蓄積された画像を自動で学習するため、「人物」や「場所」など指定で画像の音声検索できるのも未来を感じます

肝心の画質ですが、Echo Show5とGoogle Nest Hubで同じ写真を並べると少し画面が暗く感じます。

見ての通り、Googleフォト連携のNest Hubの方が鮮やかではっきり綺麗に見えます。

雰囲気だけなら良いですが、せっかくの写真を綺麗に表示したいならGoogle Nest Hubのフォトフレームがおすすめです。

フォとるレーム以外にも、シンプルな時計表示や壁紙設定が可能です。

 

ブラウザ検索・YouTube再生

Echo Showに「アレクサ、Googleを開いて」といえば、Googleブラウザを開くことができます。

PCやスマホが手元になくても、思いついた時に調べごとができます。サイズ的にギリギリ使えますが、あると便利です。

ですがやっぱり、検索機能でGoogleには敵いません

Nest Hubでは少々専門的な質問でもWebページを検索して答えを返してくれますが、Echo Showではそうはいきません。

 

YouTubeについても同様です。

Nest Hubと違い専用アプリでシームレスに再生する事はできないが、ブラウザ経由で使えます。

普通に検索や再生が行えるものの、画質や使い勝手は良くないのが本音です。YouTube再生したいなら、本家のNest Hubがおすすめします。

 

高音質な音楽再生

上のように音楽再生中は、歌詞をディスプレイに表示できるのが便利です。

音質について、先にも述べましたが10インチEcho Showには勝てないものの、Echo Spotより性能アップしてて悪くありません。ボリュームを下げてもちゃんと聞こえますね。

▼対応している6つの音楽サービスが利用こちら。

  • Amazon Prime Music
  • Spotify(無料・有料)
  • Apple Music
  • AWA
  • dヒッツ
  • うたパス

上記サービスを利用せずとも、スマホの音楽をBluetooth接続して再生することもできます。

ちなみに、プライム会員特典のPrime Musicでも使えますが、再生曲は200万と少なめ。約75,000曲を聴けるAmazon Music Unlimitedを契約して使ってます。月額360円のエコープランもおすすめ。

 

プライムビデオ再生

続いて、Amazon会員御用達のプライムビデオ

Amazonオリジナルコンテンツを含め、多くの映画やアニメが見えるのが素敵です。

コンパクトなEcho Show 5でも十分に綺麗な画質で楽しむ事ができます。スマホで動画を見ている感覚で視聴できます。

CHASUKE
何気なくEcho Showで再生したプライムビデオに見入ってしまうことも多々。

 

ビデオ通話・メッセージ・呼びかけ・アナウンス

Echo Show 5はカメラ搭載なので、端末間やAlexaアプリでメール・電話・ビデオ電話・呼び出しができます。

CHASUKE
会社帰りにアレクサアプリからEcho Showで娘とお喋りしてます。

 

1歳の娘に電話するときは「呼び出し機能」を使ってます。こっちだと応答操作が不要なので。

他にも、Echo Show 5とともに発表されたEchoデバイスの新機能「アナウンス」も便利。家中のEchoデバイスに音声やテキスト入力したメッセージを再生してくれます。館内放送のようなイメージですね。

我が家は、1部屋1台Echoを設置されているので、外出中であっても家のどこかにいる妻に急ぎの連絡を伝えることができる。他にも「ごはんだよー」の声を全員に一斉放送できたり面白い機能となってます。

Echo Show 5 レビューまとめ

以上、Amazonのスマートディスプレイ「Echo Show 5」でした。コンパクトで省スペースに使える便利な1台に仕上がってます。

検索機能やYouTube再生の使い勝手ではGoogle Nest Hubに劣りますが、スマートホーム連携、スピーカー性能と価格面で言えば、圧倒的にEcho Show 5がおすすめです。

▼Amazon Echo Show 5(第1世代)

created by Rinker
Amazon
¥7,980 (2021/09/26 14:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

セールで購入がおすすめ!

 

▼Amazon Echo Show 5(第2世代)

created by Rinker
Amazon
¥5,980 (2021/09/26 14:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼Googleサービスをフル活用してるならGoogle Nest Hubのが使いやすい。

created by Rinker
¥9,900 (2021/09/26 08:28:10時点 楽天市場調べ-詳細)

Nest Hubのレビュー記事もぜひ!

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com