iPhone・iPad

【レビュー】MagSafe対応スマホスタンドMOFTがめっちゃめちゃ良い!

スマホを縦置きできる薄型スタンドとして、高い利便性で人気のある「MOFT X」にMagSafe対応版が登場しました。

MagSafe対応といっても、着けたままMagSafe充電ができるわけではない。マグネットの力でiPhone12の背面に吸着させて使えます。

これまで粘着シート版MOFTを愛用してましたが、iPhone12に変えてからはMagSafe充電が使いたくて剥がしてました…

粘着シート版 | MagSafe対応版

今回のマグネット版MOFTなら、簡単に脱着してMagSafe充電が使えます。また、似たアイテムにApple純正のMagSafe対応のレザーウォレットがあるが、これよりも安くて多機能に仕上がってます。

ということで本記事では、iPhone12背面に吸着して使えるMagSafe対応MOFTをレビューしていきます。年末年始しばらく使ってみた感想を添えて紹介していきます。

created by Rinker
MOFT
¥3,180 (2021/01/25時点)

CHASUKE
iPhone12と合わせて買いたい最強のスタンドだと思う。

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております。

MagSafe対応MOFT のデザイン・サイズ

こちらがMagSafe対応MOFTのパッケージ。「MOFT Wallet Stand with MagSafe for iPhone 12 Series」とあります。

カラーは4種類(ブルー・ブラウン・ブラック・グレー)があって、今回のは「ブルー」です。

CHASUKE
ちなみに、ケースの色に合わせて「ブラック」も注文した。

 

パッケージは全て英語だが、裏面に使い方のイラストで載っている。

使い方や使ってみた感想は次章で紹介します。

▼パッケージ中身はこれだけ。

表面は、人工皮革で質感がかなり良くなってる。

サイズは9.8×6.4mm厚み5mmで、重さ40gとなっております。

iPhone 12 miniからiPhone 12 Pro Maxまでシリーズ内の全モデルで使えるように設計されてます。

反対側(吸着面)も同じく、質感の良い合成皮革(フェイクレザー)となってます。

▼iPhone 12 Proに装着するとこんな感じ。

ちなみに僕はApple純正のMagSafe対応レザーケースの上から使ってますが、位置を合わせれば、バコッとしっかり吸着しました。

逆に言うと、MagSafe非対応ケースでは吸着力が弱くなります。これでは使い物にならないので、必ずMagSafe対応なのかチェックしてから購入しましょう。

▼厚みは5mm。見た目だとこれだけ膨らみます。

マグネット対応したことで、従来の粘着シートよりも厚み0.5mm重さ10gが増加してます。

個人的には、厚みも重さもさほど気にならず、持った瞬間から「これは愛用できそう」と思わずニヤけてしまったほど。

質感が似てるため、レザーケースとの相性は最高にイイ。

 

【参考】カラバリとiPhone 12シリーズでのサイズ感

公式ページに、他の本体カラーバリエーションとiPhone 12の各モデルでの使用イメージがありました。

▼左からiPhone 12 mini〜iPhone 12 Pro Maxです。CGみたいなので参考までに。

続いて、4種類(ブルー・ブラウン・ブラック・グレー)のカラーバリエーション。

CHASUKE
どれも素材は同じで、フェイクレザーです。

MagSafe対応MOFT をiPhone 12 Proで使ってみた感想

2週間ほど使ってみたので、使い方と合わせて感想を書いていきます。

 

スタンド機能は全部で3パターン

MOFT Xと言えば、スタンド機能。喫茶店や仕事場でいつでも縦置きできるのが便利です。

3パターンのスタンドで使える!

  1. 縦置き
  2. 横置き
  3. 浮かせ置き
CHASUKE
浮かせ置きとは..。

 

縦置き

僕が一番使うのが縦置き

椅子に座って何かやりながら、常にスマホ画面を向けていられるから落ち着くんですよね。

角度は60度。これが個人的には絶妙に使いやすい。人間工学的にも最もスマホが見やすい角度とのこと。

省スペースで、画面をタップしても簡単倒れないほど安定してスタンドできます。

これまでの粘着シートとの違いで気になった点が1つ。粘着シートなら貼り付け位置を下げることで、角度を微調整できた。だが、今回のMagSafe版は、貼り付け位置が固定されるため、自分好みに角度調節ができない。特に問題はないが。

 

横置き

縦置きから、そのまま横置きにできます。

こちらも同じく60度の角度でスタンドで、テーブルに置いて動画を見るのに適してます。

ここで注意点が1つ。

サイズの小さいiPhone 12 miniの場合、十分な角度がつけれず、安定したスタンドができない。横向きで使うには、次の浮かせ置きを使うことになる。

 

浮かせ置き

これがMagSafe版だけの浮かせ置き。正式なスタンド名は「フローティングモード」とのこと。

▼1度剥がして、横向きにバチっと貼り付けます。

横置きと同じ角度60度で、少し浮いただけに見えるが、これがなかなか使える。

1度外すのが面倒ではあるが、動画やテレビを集中して観たいときは、このモードが適してると思う。

 

カードホルダー付きで財布要らず

MOFTの中にカードを収納できます。最大3枚まで。折り畳めば外からは見られません。

僕は運転免許証を入れてますが、きつめの構造で1枚でも抜け落ちる心配はいりません。

また、MOFTが貼ってあっても、Apple PayNFCタグは問題なく使えます。

今の時代、そこら中でiDやQuick Payといった電子マネーが使える。キャッシュレス時代で財布に現金を入れておく必要は無くなったが、免許証は持ち歩いてないと何かと困る。そういう意味で、MOFTのカード収納がとても役立ってます。

構造上、スキミング防止できるRFIDブロック機能が付いてません。その点だけ、注意が必要です。

 

安心の吸着力でハンドグリップとしても使える

吸着力に少し不安があったが、年末年始の2週間使ってみて、問題ないことがわかった。MagSafe対応のiPhoneケースであれば、上の写真のように持ち上げても簡単に落ちないほど。

実際、吸着力はApple純正のレザーウォレットと同等とのことで安心できます。

CHASUKE
もちろん、反動をつけて振り回すと飛んできますがw

 

さらに、ハンドグリップとして、持ち手に安心感をプラスさせることができる。

▼これのおかげで、画面隅の操作がしやすくなった。

これまでのMOFTと違い、指で引っ掛ければ簡単に外れるので、ワイヤレス充電も手軽。無線充電機能が無駄にならないのが嬉しい。

CHASUKE
本当に理想系のMOFTだと思う。

 

マグネットシートで活用の幅が広がる

別売りとなるが、こちらがマグネットシート

マグネットの裏面は両面テープとなっており、壁や鏡に貼り付けてスマホを固定して便利に使えます。

僕は他社製だが、同じくマグネットで引っ付く車載ホルダーを愛用してます。

▼MOFTのまま、貼り付けて固定できます。

こちらの吸着力もばっちり。1時間ドライブして全く落ちませんでした。

CHASUKE
スマホの置き場所にも困らないので、車載おすすめです。

MagSafe対応MOFT まとめ

以上、MagSafe対応MOFTをレビューしました。

脱着が手軽で、ワイヤレス充電を捨てることなく、MOFTの機能をフルで使えます。もう期待通りで、めっちゃめちゃ気にいってますね。

▼一応、まとめるとこんな感じ。

良い点はココ

  • 質感の良いフェイクレザー素材
  • 3パターンのスタンドが可能
  • 吸着力はApple純正アイテムと同等
  • カードホルダーで財布要らず
  • ハンドグリップで安心をプラス
  • 車載でも便利に使える
  • Apple Pay及びNFCに影響なし

注意点はココ

  • スキミング防止機能がない
  • iPhone 12シリーズのみで利用可能
  • MagSafe対応ケースで利用可能
  • iPhone 12 miniは横置きができない

スタンド、カード入れ、車載ホルダーなど多機能さが魅力です。とても人気のあるアイテムなので、早めのチェックがおすすめです!

created by Rinker
MOFT
¥3,180 (2021/01/25時点)

Apple純正MagSafe対応レザーケースとの相性も良いです。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

© 2021 CHASUKE.com