ラズパイ

【初心者におすすめ】ラズパイ3B+ スターターキットを導入・リモート活用方法

更新日:

どうも、CHASUKEです。

4台目となるRaspberry Pi(ラズパイ)を導入しました。

本体と合わせてケーブル類、OS書込済みSDカードなど必要なものがセットになったスターターキットを購入しました。キットに含まれる本体は最新モデル『RaspberryPi3 B+』です。

avatar

CHASUKE

ワクワクすっぞー

 

時間がかかるOSダウンロードなど準備作業が不要になるラズパイキットは、初めてラズパイを購入しようと思っている方に超おすすめです。もちろん僕のように初めてじゃなくても..

なぜなら、変なところで(意味不明なところで)ハマらないから。SDカードの相性、ACアダプタのアンペア数、OSが書込み...罠がいっぱいなんすよね。

avatar

CHASUKE

準備ばっかで本題に入れないと放り投げたくなっちゃう

 

この記事では、以下のことをサクッと書いてます。

  • Raspberry Pi3 B+と他との違い
  • スターターキットの内容・導入方法
  • PC(Mac)でリモート活用するための設定

これからラズパイを触ってみようと思っている方々の参考になれば幸いです

また、導入して終わりだとつまらないので、最後にiOSショートカットを使って、ラズパイ処理の呼び出しするデモも紹介します。

avatar

CHASUKE

どちらかと言うとiPhoneやMacユーザ向けですね。

では行ってみましょう。

RaspberryPi3 B+』と他ラズパイとの比較

ラズパイは超小型パソコンなので、WindowsやMacOSとは違いますが、ディスプレイに繋いで普通のパソコン同様に使えます。

これまでのモデルと比べ、ラズパイ3B+は性能が大きく向上してて、触っていても十分に違いを感じられるほどでした

 

▼スペックを比較するとこんな感じ。

モデル名ラズパイ 3B+ ラズパイ 3B
価格約5,000円左記と同じ
発売日2018年3月2016年2月
CPUBroadcom BCM2837B0
クアッドコア1.4GHz
Broadcom BCM2837
クアッドコア1.2GHz
メモリ1GB左記と同じ
LAN10/100/1000 Base-T10/100 Base-T
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n/ac
2.4/5GHz
EEE 802.11 b/g/n
2.4 GHz
Bluetooth4.24.1
サイズ85 × 56 × 17mm左記と同じ
電源2.5A先と同じ

前モデルと比べて、CPU処理性能ギガビットLAN対応WiFiの5GHz帯対応が大きな変更点です。かなり処理性能と通信性能が向上していますね。

avatar

CHASUKE

これから購入するなら新モデルRaspberry Pi3 B+がおすすめ!

スターターキットなら導入がめっちゃ簡単

今回は『ABOX RaspberryPi3 B+』というスターターキットを購入して、ラズパイ3B+を導入しました。

avatar

CHASUKE

綺麗でしっかりした化粧箱に、ラズパイのモデル名が記載されたパッケージ

 

ABOXのスターターキットを選んだ理由はレビュー評価とコスパが良かったから。常に割引があるようで9,000円ほどで購入できます。

頻繁にセール対象になっているので、是非チェックを!

 

ABOXスターターキットの中身

箱を開けると、主役となる「Raspberry Pi3 Model B+」がお目見えする。

 

▼その下層には、付属品が綺麗にまとめられていた。

 

同封物は以下の通り。

  • ラズベリーパイ3B+
  • ラズパイケース
  • 5V/3Aスイッチ付き電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • SDカードリーダ(USB-A&USB-C対応)
  • microSDカード(32GB、CLASS10)
  • ヒートシンク(2つ)
  • 日本語取扱書

avatar

CHASUKE

たくさん入ってますが、ディスプレイやマウスとキーボードは含まれないので別途用意が必要です

 

▼こちらが「ラズパイ3B+」本体です。

基板上には、CPU上にヒートスプレッダやWi-Fiアンテナを覆うRaspberryPiのロゴが刻まれた金属部品などがあります。旧モデルにはなかったですね。

単体購入すると5,000円ほど。

 

▼LANポート1つ、USBポート4つを搭載。

LANは無線利用なので使いませんが、USBは設定時にマウスやキーボードで使います。

 

▼microUSB端子、HDMI端子があります。

microUSBで給電し、HDMIでモニターと繋いでデスクトップを出力します。

 

▼ラズパイケースです。

蓋を付けると全部ブラックとなりカッコいいですね。

表も裏も穴だらけで熱が篭りにくく設計されています。蓋部分などにカメラを固定するマウントなどもあり、機能的にも良い感じ。

単体購入すると800円ほど。

 

▼ACアダプタ(5V/3A)はON/OFFスイッチ付き。

ラズパイ3B+は2.5A以上のものが必須です

iPhoneに付属しているようなACアダプタは5V/1Aなので正常に動作しません。スターターキットなら困りませんね。

単体購入すると1,200円ほど。

 

▼テレビやPCディスプレイに出力するためのHDMIケーブル。

長さは1m届かないくらいです。

単体購入すると800円ほど。

 

▼microSDカードリーダです。

microSDカードをセットして、USBのTypeAとTypeCの両方で使える珍しいものです

今回は、既にOS書き込み済みのSDカードが同封されているので出番なし。

単体購入で800円ほど。

 

▼最後にmicroSDカードCPUに貼り付けるヒートシンクです。

SanDiskのCLASS10、32GBです。

単体購入すると1000円ほど。

 

▼マニュアルは日本語ですよー。

当然ですが最低限のことしか書かれてません。僕としては、サポートの問い合わせ先をチェックするくらいでした。

 

パッケージに「技適マーク」の記載あり!

ABOXの製品ページには技適マークの有無が記載されていない。少し心配だったのですが、パッケージ裏面に技適マークがありました。安心して購入できます。

avatar

CHASUKE

古いパッケージに当たると技適マークがないので、サポートに問い合わせるべし

 

トータルでスターターキットがお得

同封物のトータルでコストを計算してみると約1万円です

クーポン割引もあるので初めてで何も揃ってないのであれば、SDカード書き込み済みのキットがお値打ち。セール時は、間違いなくセットのがお得ですね。

 

ちなみに、設定操作にはUSBマウスUSBキーボードが必要です。

こちらは同封されてません。リモート利用がメインなら使用頻度は少ないですが、もし持っていない人はコスパの良さそうなものを購入しておきましょう。

最低限使えてコスト抑えめで、評価が良いものをセレクトしました。

 

ABOXスターターキットの初期設定

avatar

CHASUKE

初期設定と言うほどやることはないが..

ただし、アップデートなどに時間がかかるので時間に余裕を持ってやるのがおすすめ。

 

▼ヒートシンクをCPUの表裏で貼り付け、microSDカードを差し込み、ケースに格納します。

よく見るヒートシンクとは違い、ピンクゴールドの格子タイプ。

アクセサリー感が出ます。

 

電源ケーブル、HDMIケーブルを接続します。WiFiが使えるのでLANは不要です。

電源を入れる前に注意点があります。

HDMIケーブルを接続して、ディスプレイ電源を入れた状態で、ラズパイの電源を入れましょう。これをしないと、まれに何も表示されないことがあります。

 

▼それでは、スイッチを「カチっ」と。

ラズベリーマークが付けばOK。

 

▼下にある言語設定を日本語にして、「Raspbian」というOSをインストールします。

 

▼インストールって凄い時間かかるイメージだったけど10分ほどで完了した。

ラズパイが高性能になったおかげなのでしょう。これは期待できます。

 

▼来たぜ、デスクトップ。

avatar

CHASUKE

画面にある歪みは周波数の関係のやつなのでお気になさらず

 

初回起動のタイミングで、初期設定が一括で行えます。といっても最初に言語設定を日本語でしているので全てデフォルトのままです。

今回のラズパイ3B+から利用可能になった5GHz帯のWiFiに無事に接続できました

avatar

CHASUKE

最後の方のアップデータは1時間近くかかった!

 

▼全て終わったら、念の為、ターミナルから以下のコマンド(お決まりのやつ)を実施して完了です。

$ sudo apt-get update$ sudo apt-get upgrade$ sudo rpi-update

 

また、日本後入力したい人は以下のコマンドでインストールできます。

sudo apt-get install ibus-anthy

 

インストール後、ラズパイ設定メニューから「iBusの設定」を開いて、日本語切替のショートカットを決めます。僕は「Control + スペース」にしておきました。

これでMacからリモートした時でも問題なく日本語入力ができます。

PCでリモート活用するための設定

普通のPCのようにモニターに接続して使っても全然問題もありませんが、サーバとして利用するなら、普段のノートPCからラズパイにアクセスできた方が便利です

avatar

CHASUKE

僕はMacを愛用しているので、そちらで説明していきます

 

▼ラズパイ側の設定からSSHVNCを有効に。

基本的に必要なソフトがプリインストールされているので、これだけでリモートデスクトップ(VNC)やMacターミナルからSSH接続ができるようになります。

 

SSH

$ ssh pi@192.168.xx.xx

avatar

CHASUKE

ラズパイ上で「ifconfig」などでチェックできます

 

Macのターミナルから以下でSSH接続すれば、ラズパイ上のコマンドラインが打てます。

これめっちゃ使う。

 

VNC

Windowsのリモートデスクトップみたいに、無線でラズパイのデスクトップをPC上で表示・操作ができます。

ラズパイ側は先ほどの有効設定で完了ですが、表示させるPC側にはクライアントソフトが必要になります。RealVNCというソフトですね。

avatar

CHASUKE

こちらからダウンロードできます!

 

▼普段使ってるPCから先ほどのデスクトップが表示できるようになった。

この通り、デスクトップを表示させて、GUI操作ができます。

GUI操作が必要な時は使います。

 

ちなみに、同じRealVNCアプリをインストールすれば、iPhoneやiPadでラズパイのデスクトップが使えます

VNC Viewer - Remote Desktop

VNC Viewer - Remote Desktop
開発元:RealVNC
無料
posted withアプリーチ

 

iPhoneでの操作性が気になるところですが、これが意外と使いやすい。

指でマウスカーソルを操作し、画面タップでクリックできます。

 

FTP

PCからファイルをラズパイに置いたり、持ってきたりと、FTPめっちゃ使います。

 

これはプリインストールされていないので、ラズパイ側にFTP機能をインストールします。

$ sudo apt-get install vsftpd

これでOK。

 

ノートPC側にクライアントソフトを入れます。WindownsならFFFTPやWinSCPなどがありますね。Macも色々ありますが、僕は昔から「Yummy FTP」を使ってます。

iOSショートカットでラズパイ呼び出し

さて、Raspberry Pi 3B+の設定は終わったのですが、せっかくなのでラズパイを使っておきます。最近iOSショートカットを触る機会が多かったので、これネタで。

iOSショートカットを使えば、iPhoneで自動化スクリプトを作成できます。ただし、がっつり処理を書くことができないので、複雑な処理はラズパイにやってもらって、結果だけiPhoneに返してもらいます。

 

Hello Worldを出力する簡単な例

例えば、以下のようなPythonスクリプトをラズパイのデスクトップに置いて、これをiPhoneからキックして、結果を返してもらうことができます。

# ファイル名:test.py
# めっちゃ簡単なPythonスクリプト
print("Hello Wrold")

avatar

CHASUKE

なんか綴り違ってるw

 

▼iOSショートカットの中身はこんな感じ。

SSH経由でスクリプトを実行できるんですよね。

 

▼実行するとこんな感じ。

ちゃんとHello Wr…が表示されました!!

これ僕も知らなかったけど、ウィジェット上だとこんな感じに出力されるんですね。

 

【応用】テレビ番組の検索結果を表示

先ほどのPythonスクリプトが文字表示するだけの簡単なものでした。

このスクリプトを、欲しい情報を動的にネット上から取ってくるような複雑な処理にすることで便利なツールがiPhoneで作れます。

avatar

CHASUKE

ウェブサイトから必要な情報を抽出することを「Webスクレイピング」と言う

 

PythonではWebスクレイピングするためのライブラリが揃っている。ということで、入力したキーワードでテレビ番組表を検索する処理を作ってみた。

んで、入力ボックスを追加したiOSショートカットを実施した結果がこちら。

マツコさんの番組を検索!

 

▼欲しい情報がすぐに手に入るって良いよねー。

なんか見にくいので改善の余地はありそうですが、こんなところでもラズパイが活用できますってのが言いたかった

スクレイピングやiOSショートカットのやり方がもっと詳しく知りたい方はコメントやら問い合わせしてくれればお答えします。こんなのやりたいでもOK。

最後に

Raspberry Pi3 B+がセットになったスターターキットの初期設定リモートで利用するための設定などを紹介しました。

旧モデルの3Bも使っているのでわかりますが、3B+の処理や通信速度は早いです。普通に使ってて感じるほどに違います。ラズパイでネットサーフィンすると固まるというイメージはもう無いですね。価格も同じなので、単品購入も3B+がおすすめ。

 

そして、スターターキットなら導入が非常に簡単。

初心者の方で手っ取り早くラズパイで遊びたい(学習したい)なら、絶対におすすめですね

 

今回使ったABOXのスターターキットは、SDカードを32GB16GBで選べます。大きな容量が必要ない方は小さい方を選んでも良いですが、32GBの方が安心です。

 

他にも、ラズパイネタの記事を書いているので、よろしければチェックしてみてください。

カテゴリ→「ラズパイ」はこちら!

それではまた。

Amazonお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.