スマート製品

【SwitchBotカーテンレビュー】スマホや声でカーテンを操作してみた!【徹底解説】

どうも、CHASUKEです。

カーテンの開け閉めがスマホでできたらな。

「太陽の光で目を覚ましたい」「布団の中からカーテンを開け閉めしたい」など理由は色々ですが、一度は考えた事はありませんか。

そんな願いを簡単に実現してしまうのが、今回紹介する「SwitchBotカーテン」です。SwitchBotと言えば、物理スイッチをスマート化できるアイテムだが、このシリーズとして新たに加わりました。

SwitchBotカーテンが凄いのは、今あるカーテンに簡単に後付けできる点。そして、スマホや声、ボタンといった様々な方法で操作できる点です。シリーズ製品と組み合わて便利に使えます。

ということで本記事では、スマートカーテン「SwitchBotカーテン」をレビューし、使い方をわかりやすく解説していきます。

CHASUKE
太陽の光で起きれるのは最高。

SwitchBot読者限定クーポン

2021/12/2(木)までの期間限定で公式ストア&Amazonの割引クーポンが使えます。SwitchBot製品(一部対象外)がセール価格からさらに5%OFFで購入できます。

▼割引入力コード:2021BFSWB01

SwitchBot公式ストア

▼割引入力コード:2021CHASUKE1

Amazonショップ

本記事は商品提供をいただき、レビュー記事を作成しております

SwitchBotカーテンでできること

冒頭にもある通りSwitchBotカーテンとは、カーテンをスマート化するアイテム。今使ってるカーテンはそのままで、簡単に後付けできます。

▼U型レールの場合、こんな風に設置。

レールにセット

カーテンで挟む

CHASUKE
留め具の間にセットするだけ。

SwitchBotカーテンの操作は、専用アプリからはもちろん、多彩な方法が用意されています。

 

多彩な操作でカーテン開閉が可能

具体的にどんなカーテン操作ができるのか紹介します。

  • スマホ操作で操作
  • タイマー・光センサーによる操作
  • 手動操作(半自動操作)
  • 専用リモートボタンで操作
  • 外出先や声で操作

基本操作は、スマホアプリタイマー・光センサーによる自動操作、手動操作の3つです。

「手で引っ張るなんてって当たり前じゃん」って聞こえてきそう。だが、本体には加速度センサーが内蔵されおり、カーテンを少し引っ張るだけで残りは自動で開閉されます。いちいちスマホを出す手間を省く便利な機能です。

また、上記操作以外にも、別途SwitchBotシリーズ製品を揃えれば、専用ボタンから操作、仕事場など外出先からの遠隔操作スマートスピーカーから音声操作にも対応できます。どれもあると便利です。

さらに少し上級者向けとなるが、IFTTT公開APIでの操作も可能。SwitchBotカーテンは、スマートホームの初心者から上級者まで楽しめる(遊べる?)スマート製品なのだ。

 

対応レールと確認方法

SwitchBotを楽しめるかどうかはココにかかってるので先に説明しておきます。

▼対応レールは大まかに3パターン

製品ページでは市販のカーテンレールにほとんど対応しているとあるが、仕様が古いレールもあれば新しいのもある。全てカバーするのは正直厳しい。

▼現在、Amazonで販売されているU型レールタイプの場合、この角部分を規格内のレールに入れて、転がす必要があります。

あちこちのU型レールで試してみたが、やはりサイズが合わないと動かなかったり、途中で止まってしまった。そんなわけで購入前に確認キットでチェックすることを強くオススメします。対応レールや確認キット詳細はこちら

CHASUKE
安い買い物では無いので。

規格外のレールについて、サポートに問い合わせてみると、時期は不明だが対応版を今後販売予定とのこと。

SwitchBotカーテン の外観と付属品

U型レールのSwitchBotカーテンを購入すると、本体と取付ユニット(U型レール)、USB-Cケーブルがセットになってます。

カーテンを両開き操作したい場合、このセットが2つ必要となります。付属の透明クリップを両開きの中央で挟むことで、SwitchBotカーテン1台で左右に開閉することも可能です。8kgまでのカーテンを押し出せます。

▼参考に、ポールタイプのSwitchBotカーテンの場合は、こんな感じのセットになる。

見ての通り、本体は同じです。左右の取付ユニットを付け替えて、利用が可能です。

U型レールのSwitchBotカーテンとして組み立てるとこんな感じ。

サイズは42mm×51mm×110mm、重さは135gです。iPhoneXSと並べて、横幅はほぼ同じです。

CHASUKE
本体シルエットが、七面鳥の丸焼きに思えたのは僕くらいだろう…

 

全体的にシンプルな外観で、背面には電源ボタンステータスランプUSB-C端子があります。

外観にはあらわれないが、日の光を測る光センサー、動きを感知する加速度センサーが内蔵されてます。

ちなみに、取付ユニットは付属のツールで、楽々に取外しが可能です。指でやると硬くて怪我しますw

▼SwitchBotカーテンは充電式。1回のフル充電で最大8ヶ月も使うことができます。凄い。

電源アダプタ(5V/1A)は付属していないので、別途用意が必要なのでご注意ください。

CHASUKE
では、実際にカーテンに取り付けてみます。

SwitchBotカーテン の初期設定

今回は、こちらのU型レールカーテンをスマート化していきます。両開きするため、SwitchBotカーテンを2台用意してます。

▼初期設定は専用アプリを使います。

SwitchBot

SwitchBot
開発元:wonderlabs, Incorporated
無料
posted withアプリーチ

本体の取付方法や設定手順は、全てアプリ内に表示されます。とても親切な印象を受けました。

▼では、SwitchBotカーテンを追加していきます。

▼続いて、カーテン開閉方向を選ぶと、取付方法が動画やテキストで確認できます。

▼カーテンの留め具を外し、本体をレールに取り付けるだけで設置完了です。

▼手に持って左右にスムーズに動けばOKです。

CHASUKE
これを2台分やります。

 

▼設定画面では、2台目のカーテンを追加します。

これで設置は完了。

続いて、カーテンの移動距離調節を行います。

画面の左右をタップして、カーテン全開位置全閉位置を覚えさせます。両開きなので、これも2回。

▼後から修正できるので、あまりこだわらずに。

CHASUKE
ここで初めてカーテンが動く。感動のあまり、無駄に遊んでしまった。

 

これで初期設定はすべて完了です。

▼最初の画面にカーテンが追加され、タップすると操作画面が表示されます。

CHASUKE
では、実際に動かしてみます。

SwitchBotカーテン を操作してみた

SwitchBotカーテンは、カーテンの裏側にあるので、部屋の中からは全く気にならない。

 

スマホアプリからの操作

▼スマホ画面の「開ける」「閉める」をタップすると、素早く動き出します。動画でご確認ください。

作動音はそれなりにする(動画だと一層うるさく聞こえる)ので、これで起きてしまうこともあるが、個人的には許容範囲。それよりも、耐重量8kgのパワーでスムーズに開閉できるのが感動的です。時々あと少しの所で止まる事もあるが、ほぼ完璧です。

設定で「静音モード」も選べますが、開閉速度が半減します。

 

▼ポチポチして行ったり来たりさせてみた。

CHASUKE
家族みんなでスゲーってなった。

 

▼スライドバーで任意の位置にも移動可能。

▼さらに、Apple Watchアプリも使えます。

別売りのハブ(Hub Mini)を利用していない場合、操作はスマホからBluetooth接続されます。そのため、あまり離れすぎると操作できません。

CHASUKE
離れた場所からも操作したいなら、後述するHub Miniの導入が必要です。

 

スケジュール・光センサーによる自動操作

目覚まし代わりにカーテンを開けたい

▼アプリからスケジュールを設定すれば、自動オープンを簡単に実現できます。

余裕で目覚まし代わりになります。

また、起床が遅い休みの日は、光センサーを使って、カーテンの自動化を実現しています。

太陽の光で起きると不思議と眠たくならないし、何より寝起きでも清々しい気持ちになれる。

CHASUKE
買ったら是非体験してみて欲しい!

 

タッチ&ゴーで半自動操作

スマートカーテンは便利だけど、やはり手で開け閉めしたい時もありますよね。

SwitchBotカーテンの「タッチ&ゴー」という設定をオンにすれば、少しカーテンを引くだけで、残りを自動化できます。

スマホだけの操作で使い勝手が悪くなるのは、ナンセンス。この辺りはしっかり考えれています。

SwitchBotカーテンの1歩踏み込んだ使い方

ここからはSwitchBotシリーズと組み合わせて使う方法を紹介します。

 

外出先・スマートスピーカーから操作

続いて、先にも出てきたHub Miniです。

これを自宅Wi-Fiに接続することで、インターネット経由のアクセスができます。SwitchBotカーテンへの通信をHub Miniが仲介してくれるので、外出先からでもアプリ操作が可能になります。

さらに、各種スマートスピーカーによる音声操作も使えるようになります。

タップして設定方法を確認

Hey,Siri カーテン閉めて。」寝る前にササッとカーテンを閉めれるのが最高に贅沢だ。

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥2,990
CHASUKE
追加購入するなら、まずはこれ。

 

リモートボタンからの操作

まずは、SwitchBotリモートボタン。専用の物理スイッチになります。

枕元にスマホを起きたくないって人、決まった場所にスイッチを固定したい人には便利なアイテムです。

上下にある2つのボタンを使って、開閉操作を割り当てることができます。

▼便利だけど、少し高い。

 

ソーラーパネル取付で充電不要

なんと専用のソーラーパネルもあります。

本体のUSB-C端子に挿し込んで、太陽に向けて設置ができます。

1回のフル充電で最大8ヶ月持ちますが、ソーラーパネルあれば、充電は不要になります

▼やるからには完璧を目指す人向け。

 

IFTTTや公開APIによる自動操作

最後に、上級者向けな自動操作も紹介します。

  • IFTTT
  • 公開API

IFTTTは、サービス同士をつないでくれる自動化アプリです。ちょっとよくわからんって人は、こちらの記事をチェックしてみてください。

▼ほんの一例ですが、こちらのSwitchBot温湿度計とSwitchBotカーテンを連係させる自動化もできます。

指定温度を下回ったら、カーテンを閉める」という感じの自動化ができます。

その他にも、Weather Underground(お天気アプリ)と組み合わせれば、「日の出時刻にカーテンを開ける」なども簡単に設定できます。

 

続いて、APIによる自動制御について。

SwitchBotでは、操作用のプログラムコードが公開されています。これを使って、自作アプリからの制御も可能になります。

また、Apple HomeKitに擬似的に対応させるための、Homebridgeプラグインも用意されてます。

試してみた

CHASUKE
iPhoneのホームアプリから操作が可能になります。

SwitchBotカーテン まとめ

以上、SwitchBotカーテンについて書きました。

いつものカーテンが簡単にスマート化できました。また、多彩な操作を可能にする魅力溢れるアイテムでした。簡単にまとめるとこんな感じです。

良かった点はココ

  • 多彩な操作方法が楽しめる
  • 反応良くスムーズに動く
  • 部屋の中から見えない
  • 太陽が目覚ましになる
  • フル充電で最大8ヶ月使える

注意点はココ

  • 動作音が少々うるさい
  • 対応レールかチェックが必須
  • 両開きするには2セット必要

カーテンの自動化を試してみたい人におすすめできます。スマートホーム初心者から上級者まで楽しるアイテムでした!

created by Rinker
スイッチボット(SwitchBot)
¥2,990
合わせて読みたい!
【レビュー】SwitchBotの3アイテムで快適スマートルームを作ってみた!
合わせて読みたい!
SwitchBotセンサーと防犯カメラの使い方&レビュー |屋根裏をスマート化しました!

SwitchBot読者限定クーポン

2021/12/2(木)までの期間限定で公式ストア&Amazonの割引クーポンが使えます。SwitchBot製品(一部対象外)がセール価格からさらに5%OFFで購入できます。

▼割引入力コード:2021BFSWB01

SwitchBot公式ストア

▼割引入力コード:2021CHASUKE1

Amazonショップ

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2021 CHASUKE.com