Apple Watch

Apple Watchベルト一体型ケース『ラギッド・アーマープロ』がアウトドア派に超おすすめ!

どうも、CHASUKEです。

アップルウォッチを着け始めてもう3年が経った。今では充電以外ずっと着けっぱなしの生活をしている。

そんな僕ですが、以前はG-SHOCK等のアウトドア系な腕時計を巻いてました。

Apple Watchのデザインは嫌いじゃないが、友人のゴツい時計を見て「カッコいい」と思うこともしばしば。けれど、Apple Watchロスの生活は考えられないため諦めてました。

CHASUKE
Apple Watchはスリムでスマートな印象ですね

 

ところが、G-SHOCKのようにアウトドアなオーラを醸し出せるベルト一体型ケースを見つけました。ベルト一体型で保護性も抜群です。

それが「Spigen Apple Watch バンド一体型ケース ラギッド・アーマー プロ」です。

CHASUKE
まさに求めてたやつでした..

 

本記事では、「Apple Watch バンド一体型ケース ラギッドアーマープロ」について、レビュー記事を書きます。

  • スリムな見た目がちょっと...
  • 傷が怖くてアウトドアには...

なんて思ってた人には是非チェックして欲しいアイテムです!

ラギッドアーマープロの外観・装着イメージ

ブラックを購入!

こちらが「RUGGED ARMOR PRO(ラギッド・アーマー プロ)」のパッケージ。価格は2,999円。

カラーバリエーションは、「ブラック」と「ミリタリー・グリーン」の2色から選べます。

ちなみに、Spigen社は丈夫なスマホケースメーカーとして有名です。

注意ポイント

Apple Watch Series 5/4 44mm対応モデルではあるが、Series 5(セラミックモデル / ホワイト)モデルには対応していないとのこと

 

ラギッド・アーマー プロ本体をチェック

こちらが本体です。ベルトとケースが一体になってます。

安そうなプラスチックとは違い、変形しにくい性質を持つ特殊なTPU素材が使われている。衝撃吸収性が高く、しっかり守ってくれます。

シリコンと違ってサラサラした手触りなので、ホコリや汚れがへばり付くことは無い。

CHASUKE
素材は硬すぎず柔らかすぎずのイイ感じ!

 

▼マイク・スピーカー、デジタルクラウン、ボタンに対応した作りになってます。

まだフォルムだけですが、G-SHOCKのようにゴツくて無骨な外観はカッコいい。

 

▼ベルト部分はこんな感じ。

留め穴は多めなので、腕の太さに合わせて細かく調節できそう。

ベルト長については、後でもう少し詳しく書きます。

 

▼装着方法は簡単。アップルウォッチをケースに押し込むだけです。

さぁ、ラギッドアーマーに魂を注ぐぞ!!

 

▼ドーーン

だが待て。

フレームにある文字が反転してます。

これは僕がデジタルクラウンの位置が左側にくるように反転設定しているため。少し離れれば全くわからないので、とりあえずこのまま使ってます。

 

フィット感が凄い!

よく見ると、エッジ部分が画面より高くなってるので地面に落としてもガードされます。

CHASUKE
これ、イイ!

 

ラギッド・アーマープロを着けてみた

巻きつけるとこんな感じ。

スリムでスマートな印象が一変して、ゴツくてアウトドアな見た目に。

 

▼標準のスポーツバンドとの比較。

スライドして動かせます

 

▼背面はくり抜かれてるので、センサー類も問題ありません。

ラギッド・アーマープロの使用レビュー

期待通りの見た目・耐衝撃性

まずはタフな見た目。

アウトドア派が好みそうなデザインで、耐衝撃性も抜群です。

パッと見ではアップルウォッチには見えない。

CHASUKE
期待通りでしたー!

 

ダイヤルが回しづらい以外は大満足

側面にあるボタンは押しやすく、機能を損ねることのない作りになっている。画面タップや上下・左右のスワイプもサクサク動きます。

ちなみに僕は、今も昔もアップルウォッチに保護シートを貼らない派です。

保護シートを貼った場合、ケースと干渉して剥がれやすくなるとのこと

 

▼僕的に気になったのは、ダイヤル式の「デジタルクラウン」が回しづらかった点

ケース部分があるせいで、少し奥ばったデザインをしている。

そのため、押す動作は問題ないのだが、とっても回しづらい

音量調節やメールで、ダイヤルを使う機会は多い。ココだけは残念ポイントです。

 

Apple PayやSuicaの利用は問題なし

ゴツいケースで気になったのがApple PayやSuicaがちゃんと動くかという点です。

結論をいうと、こちらも問題なし。

ラギッド・アーマーなら、改札にガンガン当てても気にしなくて良いですよね。

CHASUKE
ワイルドに行動しよう!

 

ベルト留め位置は「純正Lサイズ」と同じ

ラギッド・アーマープロのベルト長は「留め金具〜留め穴」まで、時計本体を挟んで「約16cm〜23cm」ありました。

手首が約16cmの僕の場合、アップルウォッチでは純正スポーツバンドLサイズで短い方から2番目で留めてました。今回のラギッド・アーマーのベルトも同じ2番目の位置でした。

CHASUKE
素材の違いもあって、ラギッド・アーマーの方が少しだけキツく感じました。

最後に(まとめ)

アップルウォッチ4/5(44mm)で使える「バンド一体型ケース ラギッド・アーマープロ」について、レビューを書きました。

デジタルクラウンの使用感は残念でしたが、トータルでは非常に満足してます

CHASUKE
これで2,999円なので、かなりお値打ちに感じた!

価格のわりに安っぽさが全くなくカッコいい。その上、着けると同時にスゴい安心感が得られます。

アウトドア的なゴツい腕時計が好みの方には、かなりおすすめです。

それではまた。

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
CHASUKE

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

Copyright© CHASUKE.com , 2020 All Rights Reserved.