【レビュー】Nature RemoはIFTTT・API公開で拡張性の高い学習リモコン!

CHASUKEの記事をシェアする..

どうも、賃貸マンションだが『快適なスマートハウス化』を進めているCHASUKEでございます。

今回は、『Nature Remo(ネイチャーリモ)でできること・使い方を紹介していきます。Nature Remo又はNature Remo miniの導入を検討されている方の参考になれば幸いです。

avatar

CHASUKE

赤外線学習リモコンIRKitの後継機です!

Nature Remoはネットワークに接続可能なスマート学習リモコンです。そのため、スマホやAIスピーカーから赤外線リモコンの学習・送信が可能です。また、搭載された温度や湿度センサーを利用して家電操作を自動化が簡単にできます。

さらに、学習リモコンでは珍しくAPIが公開されており、拡張性・自由度が高い使い方ができるのが最大の特徴です。

数々の学習リモコンを試してますが、僕の中で1番のお気に入りです。

avatar

CHASUKE

最も自由度の高いスマート学習リモコンじゃ!

SPONSORED LINKS

Nature Remoの特徴・できること

Nature Remoとは

Nature Remoとは、スマート学習リモコンです

基本機能として、家電の赤外線リモコンを学習・送信することができます。

また、ネットワーク接続している為、スマホやAIスピーカーから学習済み赤外線を送信させ、家電を操作できます。

▼製品動画ではエアコンを遠隔操作しています。

各種エアコンメーカーが、外出先からスマホ操作を目的とした無線接続アダプターを販売しています。しかし、Nature Remoがあれば、どんなエアコンでも遠隔操作可能なスマートエアコンになります。

avatar

CHASUKE

もちろん、月々の利用料は無料!!

エアコンだけでなくテレビや照明、扇風機、ロボット掃除機など、あらゆる家電を遠隔操作できます。

avatar

CHASUKE

外出先からあらゆる家電を制御できる日が来るなんて!

Nature Remoを使って出来ること

基本機能は先ほど述べた通りですが、他にも多くの特徴・機能があります。

▼ざっと以下の通りです。

  • 外出先からのスマホで家電操作
  • スマートスピーカー経由で家電の音声操作
  • 温度/湿度/人感/照度/騒音センサー搭載
  • センサーや位置情報を使った家電の制御
  • 本体デザインはシンプルで空間に馴染む
  • 直感的にサクサク使えるスマホアプリ
  • 自動化アプリ「IFTTT」の利用
  • 公開APIで拡張性抜群

Nature Remo 開封と初期設定

パッケージには『スマートリモコンで快適な生活を』という文字♪

パッケージ内容をチェック

▼パッケージ内容がこちら。

IRKitでは本体のみでしたが、Remoでは以下のものが同封されています。

  • Nature Remo本体
  • 電源アダプタ(世界対応コンセント)
  • microUSBケーブル
  • 両面テープ(3M)
  • 取扱説明書
クラウドファンディングからものは世界対応でしたが、国内販売のものであれば日本用コンセントのみ同封されます。

IRKitのときは、microUSBケーブルは同封されておらず、設定時にケーブルの相性に悩まされましたが、今回は動作保証されたケーブル付きなので安心です。

▼重さは「64g」でした。

付属する3M両面テープは強力なので、この重量なら余裕で壁に貼り付けれます。壁紙の剥がれに注意しましょう。

また、背面に初期化(リセット)ボタンが用意されています。

▼本体サイズ「74×74×20(mm)」です。

部屋の家電すべてに赤外線が届くように配置(※赤外線は天面から放射状に発信される)する必要があります。そんなわけで、壁への取り付けが理想的です。白い壁なら目立つことなく馴染んでくれます。

microUSBケーブルを取り付けると、リングが黄色になりセットアップが開始されます。(※光り方と状態の説明は取説にも載ってます)

僕の場合、microUSB供給するガジェットが多い為、付属の電源アダプタではなく、5V/2A(最大60W)が利用できるUSBハブを使ってます。問題なく作動しています♪

初期設定はアプリで簡単!

利用する為に必要なもの
・iOS、Androidのスマホ/タブレット
・常時接続可能なネットワーク環境
・Wi-Fiルータ

▼以下の専用アプリを使って「ネットワーク接続」をします。

Nature Remo

Nature Remo
開発元:Nature, Inc.
無料
posted with アプリーチ

設定はとても簡単です。

ネットワーク接続からエアコン登録までの手順は、公式ブログが参考になります。動画付きなので初心者にも安心です。

無線WiFiは「802.11b/g/n」に対応し、2.4GHz帯ネットワークのみ使用できますので、WiFi選択時に注意してください

▼手順通りやれば、簡単にRemo本体を追加できました。

リビング用や寝室用など複数部屋でNature Remoを使う場合、名前で判別できるようにしておきましょう。

Remoには搭載されているセンサー情報は設定から確認できます

センサー値が計測できない場合は、値を校正するすることが可能です。本体の設置する場所によって値が変化するので、この校正機能は良いですね。

家電の追加・操作方法

ここでは「エアコン」「テレビ」「お掃除ロボット」を追加して操作してみました。

リモコン付き家電なら何でも追加して操作できます。

avatar

CHASUKE

追加の家電一覧に無くても、エアコン以外を選択して家電名を変更すればOK!

エアコンのリモコン追加

エアコン」はプリセットされたリモコン情報が使えるため、簡単にボタンを追加できます。

▼追加する家電を選択すると、このように赤外線信号を受信待ちとなる。

▼Nature Remo本体に向けて、運転ボタンをポチり。

リモコンボタンを押した時に飛ばされる赤外線をNature Remoは学習します。

たったこれだけで、エアコンの追加は完了です。

▼我が家の「東芝のエアコン」が見つかっちゃいました!

スイッチを押して、運転ON/OFFが操作できれば保存します。

avatar

CHASUKE

操作の反応速度は問題なく、快適です♪

▼エアコン専用の画面で操作できます。

アイコン一覧からエアコンの運転状況が確認できます。

エアコン専用画面には各種ボタンが用意されていますが、風向きボタンがなかった。残念ながら、個別にボタン追加することはできない..

しかしながら、搭載された温度・湿度センサー値を確認しながら、スライダーで設定温度の変更できて便利です。また、ボタンを押した時に「送信成功」と表示されるので安心です。

avatar

CHASUKE

センサー情報やステータス表示は、外出先からの遠隔操作に便利!

▼自宅のエアコンがいつでもどこでも操作できるように。これぞ「IoTエアコン」です。

我が家のエアコンに付いているガムテープが気になった方は、こちらの記事をどうぞ

2000円のIoTセンサー『Leafee mag』をエアコンに取り付けてみた^^
どうも、面白そうなIoT製品を見つけて試しているCHASUKEでございます。 今回は、開閉センサーを使ったものを購入してみました。暮...

テレビのリモコン追加

テレビもエアコンと同様に、プリセットから簡単にボタンを追加できます!

▼電源ボタンを押すだけで、「ソニーのテレビ」が追加できました。

▼これだけのリモコン情報が一瞬で追加できました。凄い!

ボタンを押すと、びっくりするくらい反応速度が良いです。チャンネル変更や音量のUP/DOWNがスムーズに操作できますね

プリセットから追加したボタンは削除できませんが、スライドして別で必要なボタンを追加可能です!

その他家電のリモコン追加

リモコン付き家電であれば、なんでもスマート化できます。

例えば、シーリングライト、空気清浄機や扇風機、ロボット掃除機なども遠隔操作できるようになると便利です。

1ボタンずつ学習させて幾つでも追加できます!

スマートスピーカー連携する場合、エアコンやテレビ以外の家電は「ON/OFFのみ」を音声操作できます。その場合、ONとOFFのアイコンを利用しないと反応しないのでご注意を。

複数家電を一括操作するシーンの使い方

Nature Remoのシーン機能ならば、これを一括操作できます

寝る前に、複数の照明、エアコン、加湿器などなど、1つずつ電源OFFするのは面倒なので、助かります。

▼例えば、おやすみモードボタンを作ってます。

作成されたシーンアイコンを押すことで、リビングにある照明2箇所とエアコンを消すことができるようになった。

複数赤外線の合間に処理間隔(Wait)を入れることはできません。指定秒の間隔を入れることができれば、さらに使い勝手が向上するだろう。少し残念だ。

→ちなみにeRemote miniでは可能です。

自動制御が可能なルールの使い方

今や周りの状況に合わせて、家電も自動制御させる時代です。

周りの状況と言っているのが、「トリガー」と呼ばれるものです。トリガー条件が満たされると、赤外線が送信されます。

アクションは個別の家電操作の設定だけでなく、先ほど作ったシーン設定も可能です。

画面左では、平日「0:00」に強制的におやすみモードで部屋を真っ暗にし、夜更かしを防止できます。

さらに、カッコいい自動化として、Nature Remo搭載センサーを使ったものがあります。画面左では、部屋温度が10度を下回ったら、暖房を24度設定で起動させます。

avatar

CHASUKE

ルールの有効・無効は簡単に切り替え可能!

▼上記以外にも、様々なトリガーが用意されています。

センサーのトリガー設定では、合わせて日時の設定ができるため、昼間・夜中だけルールを適用したいなど、使い勝手が良いですね♪

スマートスピーカー連携で音声操作できる

Alexa搭載スピーカーGoogleアシスタント搭載スピーカーからNature Remoを連携し、声で家電の操作が利用できます。(※画像は可愛いロボット風Echo Dotケース

「テレビのチャンネルを1にして」

「エアコンの暖房を25度にして」

このように声で操作可能です。我が家ではこの音声操作により、一気にスマートハウス化が加速しました

AIアシスタント搭載スピーカーの使い方は以下に記載しました。何が出来るのか参考にしてみてください。

▼AlexaからNature Remoを使う方法

Alexa搭載スピーカーからNature Remoの家電を操作する方法
どうも、CHASUKEです。 Nature RemoをAlexa(アレクサ)搭載デバイスから操作する方法を紹介します。 これで...

▼GoogleアシスタントからNature Remoを使う方法

GoogleアシスタントからNature Remoの家電を操作する方法
どうも、CHASUKEです。 Googleアシスタント搭載スピーカーからNature Remoの家電を操作する方法についてです。これ...

IFTTTやAPI公開で拡張性が抜群!

様々なサービスを組み合わせて自動制御の仕組みが作れる「IFTTT」や、自作アプリやスクリプトを使ってNature Remoに直接アクセスできる「API」が公開されています。

学習リモコンに「Nature Remo」を選ぶ大きなメリットになります

IFTTTでできること

Nature Remoに搭載されるセンサー値をトリガーとしてリモコン送信するルール機能を拡張することができます。

IFTTTでは、約600種類のサービスと連係させることができます。例えば、TwitterやGoogleメールの「#掃除しろ」という発信をトリガーにして、Nature Remoからお掃除ロボットを操作することもできます。アイデア次第で独自に面白いことができます。

▼IFTTTの使い方は、以下に記載しました。

【スマートホーム初心者向け】自動化サービス「IFTTT」の使い方
どうも、CHASUKEです。 スマートホームを実現する上で、AIスピーカーやIoTガジェットなどと相性が良いWebサービスIFTTT...

APIでできること

API公開されている学習リモコンは珍しいです。これだけでも買う価値があります

自作スクリプト等から任意の赤外線を送信させたり、Nature Remoが持つセンサー情報を取得することができます。自由自在です。

例えばシーン機能では、赤外線送信の合間を時間指定できませんでした。けれど、公開されているAPIを利用すれば、テレビをつけた後に、10秒ごとに全チャンネルをチェックするといったことも可能になります。

[Integromat] IFTTTから値を渡してNature APIを叩く方法
どうも、CHASUKEです。 本日も『Integromat』ネタです。Google HomeからIFTTT経由で設定温度などをInt...

最後に

スマート学習リモコン『Nature Remo』を紹介しました。

本体やアプリのデザインが良く、スタイリッシュです。また、アプリからの操作性や機能性、反応速度も抜群です。スマートスピーカー対応もバッチリな上に、IFTTT対応やAPI公開されているため、拡張性が非常に高い学習リモコンです。

▼既存の家電をスマート化できる、Nature Remoはおすすめです!

温度センサーのみ搭載で機能や性能は同じ「Nature Remo mini」の方がコスパ抜群です。通常版と同様にIFTTTやAPIが利用できます。

▼Nature Remoとminiの比較記事も合わせてどうぞ♪

『Nature Remo』と『Nature Remo mini』の違いを比較してみた
どうも、CHASUKEです。 スマート学習リモコンのNature Remoに低価格モデル『Nature Remo mini(ネイチャ...