スマート製品

多機能なSwitchBotスマートプラグを徹底レビュー。便利な使い方も紹介!

家中の家電をスマート化したい願望のあるCHASUKEです。どうも、こんにちは。

リモコンがなくスイッチのみの照明やサーキュレーター操作を面倒に感じたことはないですか?

そんな面倒を解消するアイテムがスマートプラグです。これを使えば、コンセントをネットワーク対応できます。スマホや音声操作、その他諸々のスマート操作が可能になります。

そんなスマートプラグの中でも多機能なのが、こちらの「SwitcnBotプラグ」です。

今自宅で使っている照明やサーキュレーターを簡単にスマート化できます。今回は撮影用の照明器具で使うために購入してみました。

本記事で、SwitchBotプラグの使い道や特徴、便利な使い方を書いていきます。

実際に使ってみた感想なぜSwitchBotプラグが良いのかも書いてるので、スマートプラグ選びで迷っている人の参考になれば幸いです。

CHASUKE
スマート化は楽しい!

SwitchBot読者限定クーポン

2022/6/30(木)までの期間限定で公式ストアの割引クーポンが使えます。表示価格からさらに全品10%OFFです。

▼入力コード:CHASUKE10

SwitchBot公式ストア

SwitchBotプラグとは?

SwitchBotプラグは、冒頭でも触れた通り、コンセントをスマート化して電気の通電・遮断を遠隔制御できるアイテムです。

 

スマートプラグの使い道は?

使い方は人それぞれですが、例えばこんな機器に適用している人が多いです。

  • フロアランプなど間接照明
  • デスクライト
  • サーキュレーター・扇風機
  • 空気清浄機
  • 水槽やペットの照明管理

  • ラズパイ
  • 換気扇

個人的には、モニターライトのBenQスクリーンバーにも便利に使えそうな気がしてます。

それと詳しくはレビューの注意点に書きますが、高温を発するストーブやヒーターに危険なので利用禁止されてます。スマートプラグで暖房器具のスマート化は諦めましょう。

 

SwitchBotプラグを選ぶ理由

スマートプラグには、類似製品がいくつかありますが、SwitchBotプラグでできることはざっくり以下の通りです。

  • スマホアプリからON・OFF操作
  • SwitchBot製品群を一元管理
  • タイマー・スケジュール操作
  • 消費電力量の可視化
  • 音声操作
  • Apple Watch・ウィジェット操作
  • IFTTT・API操作

アプリ操作やスケジュール、音声操作に関しては、正直どのスマートプラグでも出来ます。

SwitchBotプラグを選ぶ理由としては、シリーズ製品群との一元管理、消費電力の可視化、Apple Watchアプリ対応が挙げられます。

それらに加え、IFTTTやAPI操作が使えるのも、SwitchBotを選ぶ大きなメリットと言えます。

SwitchBotプラグの外観とサイズ感

こちらがSwitchBotプラグ本体です。

正面にLED付きのボタンがあり、手動オンオフができます。サイズは76 × 38 ×46.6mmと小さめで、重さは約62gです。

当然ですが、最大定格1500Wの日本仕様コンセントになってます。

▼上から見ると、少し台形に見えます。

▼男性の手の平サイズです。

▼コンセントに取り付けるとこんな感じ。

▼隣接コンセントに干渉せずに利用できます。

スマートプラグは、家電とコンセントの間に噛ませて、電気の流れの通電・遮断を制御します。

同梱物としては、本体取扱説明書のみです。

専用アプリのQRコードや、LED表示等の状態などが記載されてました。

SwitchBotプラグの初期設定・使い方

では、SwitchBotプラグを専用アプリにデバイス追加していきます。とても簡単です。

▼初回のみアカウント作成し、デバイス追加画面でプラグを選びます。

続いて、ネットワークに接続します。

手順は下記の3ステップで、基本的に画面表示に従うだけです。

特に問題なくスムーズに追加されました。途中でSwitchBotプラグから出るネットワークに接続する必要が少し面倒なくらいでしょうか。

少し補足

プラグ単体でWi-Fi通信が可能なので、ハブミニ無しでスマホ操作・音声操作ができます。ただし、他デバイスとのシーン操作をしたい場合は、ハブミニが必要です。→ ハブミニのレビュー記事をチェック

 

▼デバイス一覧の1番上に追加されました。

操作は一覧画面でプラグアイコンを押すとトグル式にON/OFFが切り替わります。

詳細画面に進むと、タイマーやスケジュールの設定、消費電力の確認ができます。

SwitchBotプラグ を使ってみた感想(メリット・注意点)

アプリから操作してみると、「カチッ!!」という動作音とともにLEDが紫(ON)青(OFF)にスムーズに切り替わります。

しかし、次の操作までに1秒待ちが発生するので、連続でカチカチできません。カチカチ操作の需要があるかは不明ですが…。

CHASUKE
昔のスマートプラグと言えば、スイッチ音が結構うるさかったが、最近のものは割と静かです。

 

今回は書斎にあった、こちらの撮影用の照明パネルの電源をスマート化してみました。

パネル裏に電源スイッチがあるため、正直、そこまで面倒ではない。ですが、あらゆるものをスマート化するのが男のロマンなんです。

▼実際にこんな感じに動作します。

ではここから、SwitchBotプラグの良い点注意点を補足していきます。

 

SwitchBotデバイスを一元管理できる

僕のSwitchBotアプリには多くのデバイスが登録されています。

スマートリモコンをはじめ、カーテンやボットなど多くデバイスがあります。もし、これらを別々のメーカーで導入すると、製品ごとにアプリを使い分けなきゃいけません。面倒ですね。

スマート製品を多く取り揃えるSwitchBotでスマートホームを築けば、同じアプリでデバイスの一元管理ができるメリットがあります。

CHASUKE
この辺りはSwitchBotが最強です。

 

さらにSwitchBotで揃えることで、デバイス同士を連携させたホームオートメーションも簡単に実現できます。

例えば、こちらのSwitchBot人感センサーと組み合わせたシーン操作をすれば、人の動きを検知したオートメーションができます。

他にもSwitchBotシリーズには、温湿度計開閉センサーなど自動化に便利なデバイスが揃っています。→ SwitchBotセンサー類のレビュー記事

 

電力使用量の可視化が面白い

SwitchBotスマートプラグなら電力使用量がリアルタイムに可視化できます。

「一体、この機器でどれだけ電気食ってるのだろうか?」という疑問が解消します。

実際の画面がこちら。

リアルタイムの電力使用量(画像左)と1日単位の総消費電力量がグラフ(画像右)がわかります。ですが、ちょっと見づらいのですね…。

ちなみに上の画像は、MacBook給電時のもの。22.3Wとそれっぽい値が表示されています。

CHASUKE
消費電力量が見えるスマートプラグは少なく、面白い機能だと感じました。

 

Apple Watch・音声操作が便利

毎回、スマホで操作するのは逆に面倒です。

そのため僕は、基本的に音声操作で使ってます。ハンズフリーでの操作は、とても便利です。

「アレクサ、プラグをつけて」「アレクサ、プラグを消して」と言えば、すぐさま操作されます。反応も早くていい感じです。

CHASUKE
もちろん、Googleアシスタントにも対応しています。

 

それから、使ってみると便利だと感じるのが、Apple Watchでの操作です。

Watchアプリに対応しているので、SwitchBotシリーズ全般を操作できるのが嬉しいです。

CHASUKE
Apple Watchユーザーにもおすすめできます。

 

IFTTT・API対応で拡張性が高い

SwitchBotプラグはIFTTT対応なので、シリーズ製品の枠組みを超えたデバイス連携が可能です。

▼IFTTT初心者の人はこちらをチェック。

 

それに、SwitchBotAPIが提供されているため、任意のスクリプトやツールから自由にコマンド操作ができます。

例えば、下記記事ではStream DeckにAPIコマンドを割り当ててボタン操作してます。

STREAM DECKからSwitchBot Hub miniのエアコンをAPI操作する方法

続きを見る

このようにさまざまなデバイスとの連携が楽しめるのも、大きなメリットと言えます。

 

使い道・利用機器は限られる

注意点を1つ書いておきます。

Twitterやブログなどにて、ヒーターやストーブ、コタツなどの暖房器具をスマート化している人がいますが、これらは禁じられてます。

製品の注意事項にも記載があります。

CHASUKE
使いたい気持ちはわかりますが、万が一を考えると恐すぎます。

 

スマートプラグの使い道でも触れましたが、利用できる機器は限られます。最近の電化製品は、電子制御スイッチが多く、コンセントを挿せば動くみたいな単純なものは少ないので。

デスク照明やフロアランプなどの間接照明、サーキュレーターでの適用が多いかなと思います。あとよく聞くのが、水槽や植物栽培、ペット飼育用の照明などですね。

安全を確保して、便利に使うのがベスト!

SwitchBotプラグと他社モデルの比較

SwitchBotプラグを選ぶメリットを書いてきましたが、他の製品とも比較しておきます。

▼こちらの4製品を比較してます。

 SwitchBot+StyleMerossTapo
Amazon
価格
1,980円2,280円2,080円1,199円
電力量監視××
Apple Watch××
音声操作
HomeKit×××
IFTTT××
API提供×××

スマートプラグとしての基本機能は同じですが、比較してみると違いがあるのがわかります。

SwitchBotプラグは、Apple HomeKitに正式対応してません。しかし、API公開されているため、Homebridgeで同じ操作が可能です。

詳しくはこちら!
SwitchBotやリモコン家電をHomeKitに対応させる方法【Homebridge】

続きを見る

 

もし手持ちのSwitchBot製品がなく、iPhoneユーザなら、HomeKit対応のMerossスマートプラグも使いやすくおすすめです。

▼詳しい選び方・おすすめはこちら。

【2022年】スマートプラグの選び方とおすすめ3選まとめ!

続きを見る

SwitchBotプラグのレビューまとめ

本記事では、SwitchBotスマートプラグを選ぶ理由・使ってみた感想をメインに書きました。

▼レビューをまとめます。

良い点はココ

  • SwitchBotを一元管理できる
  • 電力量を可視化できる
  • Apple Watchアプリが使える
  • IFTTT・APIで拡張性が高い

注意点はココ

  • 次の操作まで約1秒待ちが必要
  • 使い道は結構限られる

SwitchBotプラグは、多機能で選ぶメリットが多いです。色々と書いてますが、SwitchBot製品を1つでも使ってる人なら、これを選べば間違いありません。参考になれば幸いです。

SwitchBot全製品を下記の記事にまとめてます。こちらもぜひご覧ください。

【2022年版】自宅のスマート化に便利なSwitchBot全製品まとめ!

続きを見る

CHASUKE
記事はここまで。CHASUKE(@chasuke__)はTwitterでも便利なガジェットをつぶやいてます。こちらもぜひ!

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2022 CHASUKE.com