スマート製品

【レビュー】スマートロック「SESAME 3」でできること・使い心地を解説します!

スマホで施錠・解錠できるスマートロック「SESAME 3(セサミ3)」を購入しました。

ということで、

  • SESAME 3って何ができるの?
  • おすすめの使い方は?
  • 安いけどちゃんと使えるの?
  • Qrio Lockとの違いは?

といった疑問に、これまでさまざまなスマートロックを試してきた僕が解説します。

 

スマホが鍵になります!

SESAME3は、2018年に発売した「セサミmini」の後継機モデル。これまで同様、工事不要のカンタン取り付けで、鍵(サムターン)の上にペタッと貼りつけて使えます。

SESAME3の進化ポイント

  1. 外装素材・内部パーツの強化
  2. Always Connectで待ち時間ゼロへ
  3. NFCタグなど多彩な鍵操作に対応
  4. ログイン不要で手軽に使える
  5. 鍵の共有はQRコードでカンタン
  6. 本体+WiFiモジュールで8,558円
CHASUKE
いろいろ書いたが、個人的に驚いたのが「Always Connect」という機能と、価格です。

 

結論からいえば、コスパ最強。前モデルから消えた機能もあるけど、満足できるスマートロックです。

ということで本記事では、スマートロック「SESAME3」を写真と動画を交えて、できること・使い心地を解説していきます。この記事が購入前の参考になれば幸いでございます。

CHASUKE
少々長くなったので、目次の気になる項目からお読みください!

本記事ではiPhoneを使ってます。また、機能改善に合わせて、記事内容もアップデート致します。

SESAME 3 の外観と前モデル比較

SESAME 3は、本体1台で5,800円(税抜)。外出先から遠隔操作を可能にするWi-Fiモジュールは1,980円(税抜)です。両方買っても税込1万円以内で購入できるスマートロックです。

CHASUKE
あのセサミminiの後継機が衝撃プライスだったので、2台買っちゃった。

 

SESAME 3 の外観と付属品

こちらが「SESAME 3」です。

「あれ?」と気づいた人もいるかもだが、セサミminiと同じサイズ92.7×57×54.5mmです。

重さも同じ142gで、2枚の3Mコマンドタブで貼れる軽さです。

SESAME 3 | セサミ mini

形状は全く同じだが、外装素材が変わった。SESAME3では、指紋や傷が目立ちにくいコーティング素材が使われてます。ザラつきが荒くなったものの安っぽくなった感は全くありません。

CHASUKE
どうでもいいが、内部部品であるモーターの耐久性センサーの性能がイイ感じに向上してるみたい。

 

背面も素材は違うものの、同じ構造となってます。

SESAME 3 | セサミ mini

SESAME 3 | セサミ mini

 

背面のツマミ部分で、サムターンを挟んで施錠・解錠します。スマホでも手動でも鍵操作ができます

CHASUKE
操作中に変に引っ掛からない作りになってますね。

 

電池カバー内には、電池「CR123A」が既に入ってて、残量100%で使えました。

Qrio Lockとは違いセサミには、予備電池が入れれない。マジで買い置きしとくのがおすすめ。

▼他にも付属品がいっぱいあります。

取り付けパーツと、オリジナルNFCタグシールが同梱されてます。

CHASUKE
クマのイラストは謎ですが「困った時すぐ!必ず返信します」というメッセージ。サポートにはかなり定評のある会社です!

 

Wi-Fiモジュール の外観

新しく生まれ変わったWi-Fiモジュールがこちら。

これがあるとBluetoothだけでなく、Wi-Fi通信で出先からの操作が可能になります。無くても使えるのですが、今回の目玉「Always Connect」を使うには必須のアイテムです。

ツーロックの場合、1個で2台の接続ができます。セサミminiで使える旧型モジュールでは、1個1台だったので嬉しい進化ですよね。

残念ながら、セサミminiとは互換性がないが、サイズ(32.8×32.8×27.6mm)は全く同じ。裏側の「2」で見分けがつきます。

また、USB充電器は付属してないですが、昔のiPhoneに付いてくるやつで使えます。

CHASUKE
iPhone充電器は、使わずに箱に入ったままの人も多いのでは。

SESAME 3 の取り付け・初期設定

我が家の玄関の鍵(サムターン)はこんな感じ。

 

本体設置

冒頭にも書いたけど、基本的にはサムターンに被せて貼るだけ。工事不要のカンタン設置がウリ。ですが、家ごとに鍵の形状は違うわけで微調整が必要です。

SESAMEはツマミや土台を調節することで、数多くの鍵種類に対応できます。

特殊な鍵や詳細な取付方法は公式ページ参照がおすすめです。

 

▼同封の取説はわかりそうでわからない感じw

▼一般的な鍵形状なら基本的にやることは3つ!

取付のための3ステップ

  1. 本体をサムターンに載せてみる
  2. 土台の高さを調節する
  3. ツマミの高さ・幅を調節する
CHASUKE
ウチの場合、土台の高さ変えるのみでいけた。

 

▼土台パーツで高さを合わせる。

付属のドライバーでネジ止めし、両面テープを土台面に貼って完了です。目隠しシールも有難い。

ちなみに、見た目が悪くなるので、本体に貼られてた両面テープは剥がして捨てました。

▼小型なので縦にも横にも設置できます。

土台を上にするとはみ出た両面テープが目立つので、こっち向きに設置した。

▼サムターンが手動で回せれば、問題なし。

▼横から見るとこんな感じ。

CHASUKE
これで設置完了。2台買ったけど、とりあえず1台で運用してみる!

 

本体とWi-Fiモジュールの初期設定

SESAME3の操作は、SESAMEの新アプリを使います。以前までのアプリは使えないのでご注意を。

セサミ、ひらけゴマ !

セサミ、ひらけゴマ !
開発元:CANDY HOUSE
無料
posted withアプリーチ

初期設定ですが、驚くほどカンタンです。

右上の追加アイコンを押し、自動検索されたSESAME3を選び、施錠と解錠の角度を登録するだけです。

下にある「自分」というタブからログインが可能ですが、ログインしなくても使えます。また、初回のみ新規登録が可能で、1度デバイス登録すると表示されなくなります。

鍵の操作鍵の設定が可能になった。

鍵マークを押せば、SESAME3が動いて、施錠・解錠アイコンに切り替わります。鍵マークからは操作待機状態サムターン位置が一目でわかる。

こんな手軽で大丈夫なの?」って思えるほど簡単でしたね。

 

続いて、Wi-Fiモジュールについて。

自宅のWi-Fi設定をして、あっさり完了でした。

これで常にセサミ3との接続状態を維持する「AlwaysConnect」が機能します。アプリを開いて鍵操作できるまでの時間が爆速になります。

ちなみに、Wi-Fiモジュールもログイン不要で操作できます。ログインして名前を登録すると、操作履歴画面で誰が操作したか判るようになります。

SESAME 3 の機能と使い心地

SESAME3+WiFiモジュールでできること

  1. スマホアプリからの操作
  2. 鍵操作の通知・履歴管理
  3. オートロック機能(3秒〜1時間)
  4. 鍵情報のQRコード共有
  5. Apple Watchからの操作
  6. NFCタグによるタッチ操作
  7. 背面タップによる操作
  8. ウィジェットからの操作
  9. Siriショートカット操作
  10. 手ぶら解錠
  11. スマートスピーカー連携(準備中)
  12. IFTTT/APIによる操作(準備中)

冒頭にも載せたスマホ操作以外にも、いろいろ面白い機能が使えます。

使い方と合わせて、使用感を書いていきます。

 

アプリ起動後にすぐ操作できる

鍵マークを押してからのスピードは早い。だが、それはセサミminiやQrio Lockも同じです。

違うのは、アプリ起動後の待ち時間です。

セサミminiやQrio Lockでは、アプリを起動し、鍵が操作できるまで約5秒の待ち時間がかかる。わずかだが、玄関前でこの待ち時間がもどかしかった。

SESAME3なら、この待ち時間をゼロにできます

▼その仕組みが「Always Connect」です。

旧セサミは、シングルタスクであり、起動後のBluetooth接続に時間がかかっていた。

新しいSESAME3では、マルチタスクに対応し、常にWi-Fi接続が可能になっています。つまり、常にネット経由でSESAME3に繋がった状態をキープできるため、待ち時間はゼロになります。

▼「Wi-Fiモジュールなし(Bluetooth接続)」と「Wi-Fiモジュールあり」で起動後の待ち時間をくらべると、これだけ違います。

左画面「Wi-Fiモジュールなし」では、起動後、鍵マークが黄色で待ちになってるのがわかる。

CHASUKE
Wi-Fiモジュールと合わせての導入が断然おすすめです。

 

QRコードで鍵の共有が簡単

SESAME3では、権限別に「オーナー」「マネージャー」「ゲスト」の鍵をQRコードで簡単にシェアできます。

▼家族への鍵渡しが楽々できた。

どんな鍵があるの?

  • オーナー:全ての鍵の管理
  • マネージャー:マネージャー、ゲストの鍵共有、削除
  • ゲスト:ゲストの鍵の共有、削除

シェアされて送られてきたQRコードはアプリから画像読み込みで鍵の登録ができます。

これなら、親や友人、恋人用の「ゲスト鍵」をQRコード発行して、簡単に鍵のシェアができます。アプリさえあれば、ログイン無しで、簡単に使えるので導入ハードルはとても低いと感じた。

CHASUKE
間違えたり、使い終わったら、鍵を消すだけなのが手軽!

 

Apple Watchからの操作

Apple Watchでも、Wi-Fi経由の遠隔操作およびBluetooth接続の両方で使えます。

アップルウォッチ単体でも施錠・解錠できます。例えば、「スマホを持たずにランニング」という場面でも、活躍します。

こちらも「Always Connect」が適用されるためか、待ち時間ゼロで、iPhoneアプリと同等のスピードで操作ができます

CHASUKE
個人的に一番使いやすいのは、アップルウォッチですね。

 

NFCタグによるタッチ操作

iPhoneをNFCタグに近づけて操作ができます。

設定には、ショートカットアプリを使います。

オートメーションタブの「個人用オートメーション」から「NFC」を選び、「セサミを施錠・解錠する」のアクションを紐付けます。

▼こんな感じで、めちゃめちゃ手軽です。

同封のオリジナルNFCタグはデザインがやや目立つので、取手の下に貼ってます。

iPhoneをスーッと差し出すと解錠できるって凄いですよね。

別記事「NFCタグで家電操作する方法」に、詳しい使い方と注意点を書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ウィジェットからの操作

ウィジェットからも待ち時間ゼロで操作ができます。

施錠状態とサムターン位置も確認できるので、アプリを開くよりも楽です。

使い方は下記の通り

  1. ホーム画面を左にスワイプ
  2. 一番下の「編集」をタップ
  3. 一番下の「カスタマイズ」をタップ
  4. セサミアプリを紐付け

 

背面タップによる操作

いろいろ試した中で、iPhoneで使える背面タップ操作が便利でした。これ結構使ってます。

設定方法ですが、事前にセサミをトグル操作するショートカットを作ります。

そのショートカットを、[設定]-[アクセシビリティ]-[タッチ]-[背面タップ]に割り当てればOK。

別記事「iPhoneの背面タップで家電操作する方法【Siriショートカット】」に、詳しい使い方を書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

CHASUKE
意外と反応が良くて便利。コメントにもあるけど、誤作動だけはご注意を。

 

スマートスピーカー/IFTTT/API

Siriショートカットには対応しているが、今のところ、以下のスマート機能が使えません

  1. アレクサ
  2. Googleアシスタント
  3. IFTTT
  4. API

製品ページに記載があるので、おそらく近いうちにアップデートで追加される予定の機能です。

以前のセサミminiでは、IFTTTを使って、スマホGPSが家から離れたら鍵を閉めてました。これで、スマホを持たずに閉め出される「オートロック事故」が回避できてました。

CHASUKE
アップデートが待ち遠しい。

 

「手ぶら解錠」の精度はかなり高い!

SESAME3では、オートロック機能だけでなく、セサミminiと同じく「手ぶら解錠」でも操作が可能になります。

手ぶら解錠では、「GPS+Bluetooth強度」を使った仕組みで自動解錠します。機能が公開されて、数日使ってみて、精度はかなり高いと感じてます。ドアの前で「ウィーン」と解錠されるのが、たまらなく気持ちいいですね。

ただやっぱり弱点もあって、スマホのバッテリー消費が激しい。手ぶら解錠OFFと比較して、1日で20〜30%多く消費しています。

CHASUKE
あとは、バッテリー消費問題だけ!

SESAME 3 とQrio Lockとの比較

最後に、SESAME 3Qrio Lockを比較します。

▼アプリを起動してからの待ち時間、タップしてからの動きなどを動画で比較してます。

並べて比較すると、SESAME3は待ち時間ゼロで爆速さが際立ってます

ただし、正直、Qrio Lockも負けていません

▼両者を比較してみました。

モデルSESAME3Qrio Lock
サイズ
本体+Wi-Fi
合計価格
8,558円約30,000円
電池持ち1系統
最大510日
2系統
最大840日
操作待ち時間ほぼ0秒約2〜3秒
モーター音
ウィジェット×
Apple Watch
ノック操作×
NFCタッチ×
オートロック時間式センサー式
手ぶら解錠△(対応予定)
リモコンキー×
スマート
スピーカー
△(対応予定)
IFTTT/API△(対応予定)×

価格重視」「多彩な操作が魅力」「待ち時間ゼロが素敵」「IFTTT/APIが必要」という人は、SESAME3です。

多彩な操作は要らない」「電源2系統で安心」「手ぶら解錠が素敵」「リモコンキーが必要」という人は、Qrio Lockです。

Qrio Lockは、手ぶら解錠の成功率が約8割と非常に高い。本体サイズは大きいが、モーター音はSESAMEよりも静かです。Qrioの場合、Wi-Fiモジュールで得られるメリットが少ないため、本体のみ(約2万円)のみで十分だと感じます。

CHASUKE
迷いますね。

SESAME 3 レビューまとめ

以上、スマートロック「SESAME 3」について、機能や使用感を解説しました。

▼まとめるとこんな感じ。

良い点はココ

  • コンパクトで設置・設定が簡単
  • とにかく操作が早い(待ち時間ゼロ)
  • 鍵のシェアがQRコードで手軽
  • 多彩な鍵操作に対応で面白い
  • 本体+WiFiモジュールで8,558円

注意点はココ

  • モーター音が大きい
  • 予備電池が入れれない
  • リモコンキーがない

デメリットもいろいろ書きましたが、SESAME3は間違いなくコスパ最強のスマートロック待ち時間ゼロの使い心地と、多彩な操作が特に魅力です!

Amazonでお得に買い物

Amazon.co.jpで買い物するならギフト券を現金チャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%分のAmazonポイントがもらえます。また、5000円チャージで1000円分ポイント還元キャンペーンも実施中!!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人

CHASUKE

某IT企業でエンジニアをしているCHASUKEです。 当ブログでは生活を便利にするガジェットやサービスなどライフスタイルに関わる様々な情報をお届けします。レビュー依頼も受け付けています。「お問い合わせ」より気軽にご相談ください。

© 2021 CHASUKE.com