スマート製品

【2022年】工事不要で使えるおすすめスマートロック4選まとめ!

スマートロックを導入して、まいにちの生活が劇的に変わったCHASUKEです。

スマートロックとは、玄関カギをスマート化し、iPhoneやApple Watchなどから手軽に施錠・解錠できる画期的なアイテムです。

ドア交換がいらず、今のドア鍵に被せるだけなので、賃貸暮らしから愛用してます。今は一軒家ですが、あえてスマートドアは選ばず、スマートロックを後付けして使ってます。

CHASUKE
スマート機能を内蔵したドアってめちゃ高いんですよね。

 

少し前までは「セキュリティが心配で...。」などの声もありましたが、最近では「おすすめは?違いは?」と相談されることも増え、だいぶ一般家庭に広がっているのを感じます。

本記事では、僕が今まで7種類試してきたスマートロックの中で、おすすめの4製品を紹介します。スマートロックの選び方から性能や機能の違いまで徹底的に解説しています。

おすすめ製品紹介へジャンプ!

本記事ではiPhoneアプリで鍵操作をしています。

スマートロックで出来ること(選び方)

どのスマートロックも、スマホでカギ操作履歴管理といった機能は備えてますが、細かくチェックすると機能や性能は製品ごとに異なります。

この章では、おすすめ製品の前にスマートロック選びのポイントとなる性能と機能を紹介します。

 

スマートロックの性能とは?

スマホアプリを起動してから鍵が動作するまでが早ければ、性能が良いと言えます。

  • アプリ起動して鍵操作できるまでの読込時間
  • ボタンを押して鍵が回るまでの反応時間

こちらの動画でおすすめ製品の操作速度をそれぞれチェックできます。

操作性能が早いと玄関までストレスフリーになります。毎日使うので、大事なポイントです。

 

スマートロックの機能とは?

スマートロックで使える機能は、ざっとこれだけあります。

  • 外出先からの遠隔操作
  • 操作履歴・通知
  • 合鍵のシェア
  • スマートウォッチ・リモコン連携
  • 手ぶら解錠(ハンズフリー解錠)
  • オートロック(しめ忘れ防止)
  • 音声操作(Alexa・Google)
  • NFCタグ・ウィジェット操作
  • IFTTT・API対応

どの機能で操作をするのか、それが対応しているか選ぶポイントになります。

CHASUKE
機能面を補足していきます。

 

外出先からの遠隔操作

スマートロックはスマホのBluetooth通信により鍵操作がされます。つまり、家から離れた外出先からは、基本的に操作ができなくなります…。

この問題を解消するのが「Wi-Fiハブ」です。スマホ→ハブ間はWi-Fiで通信し、ハブ→ロック間はBluetoothで通信できます。外出先からの遠隔操作を可能とし、機能を拡張させます。

CHASUKE
外出先から施錠確認したり、急ぎのときは後から施錠という選択肢も出てきます。

 

様々なデバイスからの操作

スマートロックを操作できるのは、スマホだけではない。

上のようにApple Watchやwena3といったスマートウォッチに対応した製品もあります。他にも、様々なデバイスから操作できます。

  • 専用リモコンキー
  • スマートウォッチ
  • スマートリモコン
  • スマートスピーカー

 

専用のリモコンキーはこんな感じです。

スマホを持っていない子供やお年寄りはもちろん、毎回スマホを出すのが面倒って人にも向いてます。

CHASUKE
車の電子キーのように便利に使えます。

 

また、スマートリモコンからの操作も便利です。

スマートリモコンは、テレビやエアコンなどのリモコン家電をスマート化するアイテム。Qrio Lockの場合、Nature Remo3というスマートリモコンから操作ができます。

Nature Remo 3と旧型Remoの違いを比較してみた【レビュー】

続きを見る

CHASUKE
家電と同じアプリで、まとめて管理できるのがメリットです。

 

▼スマートスピーカーから声で鍵操作も便利です。

寝る前の施錠確認や、玄関から離れば場所にいても、鍵を締めれるのは便利です。

CHASUKE
我が家では、「ただいま」や「おやすみ」の定型アクションに施錠を割り当ててます。

 

ハンズフリー解錠(手ぶら解錠)

外から帰宅して自宅の玄関に近づくと、自動で解錠される未来感溢れる機能。初めて使った時はとても感動したので、個人的にはぜひ使ってみてほしい機能です。

ただし、ハンズフリー解錠を有効にすることで、スマホの電池消耗が激しくなる製品もあります。注意して選びましょう。

CHASUKE
後ほど、電池消費が少ない製品をご紹介します!

 

オートロック(しめ忘れ防止)

自動で鍵を開ける手ぶら解錠に対して、自動で鍵を締めるのがオートロックです。施錠忘れを防げます。

ちなみにオートロックには、指定時間で作動するタイマー式と、開閉センサーを使ってドアが閉じてから作動する「センサー式」があります。

どちらも便利な機能ですが、自宅から締め出される危険もあります。それを防ぐため、自宅から離れたらオートロックが作動したり、本体からアラートや通知を鳴らして施錠に気付かせる製品もあります。

CHASUKE
自動で施錠は便利だけど、締め出しだけは注意したい!

 

NFCタグ・背面タップ・API操作など

最後にまとめて書いたのが、多彩な操作について。

デバイス連携は、すでに書きましたが、その他にも下記のような便利な操作があります。

  • NFCタグ
  • 背面タップ
  • ウィジェット
  • API

iPhoneをNFCタグに近づけて鍵を開けたり、iPhoneの背面をトントンして鍵を締めるなんてこともできます。面白いですね。

さらに一部製品では、操作用のAPIが公開されている拡張性に優れたモデルもあります。

スマートロック導入前に知っておきたい注意点

生活の質を上げてくれるスマートロックですが、購入前に知っておきたい注意点があります。

  • 取付不可の玄関鍵がある
  • 締め出しの危険性がある

 

▼うちの玄関鍵(サムターン)はこんな形状。

ダブルロックで使うには、スマートロック本体が2台必要です。費用も2倍なので、僕は1ロックのみで運用してます。

 

一般的な鍵形状であれば、どの製品でも問題なく取り付けできます。しかし、土台が箱型だったり、プッシュプルやドアノブ付きと、特殊な形状も存在します。

買ってから使えないは残念すぎます。自宅のサムターンが対応してるか事前チェックしましょう。

 

それとオートロック機能でも触れましたが、「締め出し」にも注意が必要です。オートロックの自動施錠以外にも、スマートロックの電池切れや、両面テープ剥がれの落下で締め出されるケースもあります。

オートロック無効でも、締め忘れ防止できるモデルや、2系統の予備電源に対応したモデルが有利になります。

CHASUKE
ちなみに、両面テープ剥がれは今まで一度もない。ドライヤーでの温め効果は抜群のようです。

 

▼スマートロックを付けてても、今まで通りの鍵も使えます。

各メーカーでは、外出時に「自宅のカギを持ち歩きなさい」と注意喚起しています。ですが、せっかくスマート化したのに持ち歩きたくない。

CHASUKE
僕も、万が一の備えはしてますが、基本持ち歩いてません。

後悔しないおすすめスマートロック4選!

では、僕が選んだおすすめスマートロックを紹介していきます。こちらの4製品です。

 

比較表がこちら。(※横スライドできます)

  Qrio Lock セサミ4 SADIOT LOCK SwitchBotロック
本体+WiFiハブ
合計価格
約26,000円 約9,000円 約18,000円 約14,000円
バッテリー 2系統
大840日
1系統
最大510日
2系統
最大365日
1系統
最大180日
合鍵シェア
  ×
操作速度
音声操作
×
Apple Watch
Wi-Fiハブ
スマートリモコン × ×
専用リモコンキー × ×
手ぶら解錠 ×
オートロック センサー式 時間式 時間式 時間式
しめ忘れ防止 × ×
ウィジェット
NFCタグ
背面タップ
× ×
IFTTT/API ×
APIのみ
×
IFTTTのみ

この通り、各製品ともバランス良く優れている点劣っている点があります。

下記動画では、玄関前でアプリを起動し、鍵操作にどれだけかかるか、4製品で比較しています。

CHASUKE
順番に特徴を紹介します。

 

Qrio Lock(Q-SL2)

1つ目は、Qrio Lock(Q-SL2)です。

 

メリット・注意点

良い点はココ

  • 操作速度が早く快適
  • 手ぶら解錠が優秀で電池消耗も少ない
  • スマートリモコンに対応
  • Apple Watchやwena3に対応
  • 手ぶら解錠付きリモコンキーに対応

注意点はココ

  • NFCタグやウィジェット操作に未対応
  • 締め忘れ防止機能がない
  • 他社よりも価格が高い

 

特徴

Qrio Lockは、価格が高いですが、欠点が少なくバランスの良いスマートロックです。

アプリを起動して2,3秒でロックを読み込み、ボタンを押せば瞬時にロックが回ります。

おすすめ製品の中で最も優れているのが、手ぶら解錠(ハンズフリー解錠)です。

高精度に作動するのはもちろん、スマホの電池消耗も少ない点で使いやすいです。精度に関しては他機種も同じですが、電池消耗に関しては、Qrio Lockが1番優秀ですね。

センサー式のオートロックを採用しているのも特徴であり、「解錠→施錠→解錠」という手動コマンドで一時的に無効にすることもできます。

CHASUKE
これらを使えば、全て自動化できます。

 

▼デバイス操作にも幅広く対応してます。

スマートウォッチは、Apple Watch・wena3に対応

Apple Watchのコンプリケーションからすぐに操作ができます。iPhoneが近くになくても、単体で操作可能なのもポイントです。

 

▼スマートリモコン「Nature Remo 3」にも対応。リモコン家電とまとめてスマートロックを操作できます。

配置場所には考慮が必要ですが、スマートリモコンも使いたい人におすすめできます。

 

さらに、専用のリモコンキーも使えます。

2021年12月に登場した新型リモコンキーには、ジャイロセンサーを使った手ぶら解錠機能付きです。

これには驚きましたね。環境により、スマホの手ぶら解錠がうまく動作しなかった場合でも、リモコンキーでカバーできます。

 

スペック・詳細レビュー

モデル Qrio Lock(Q-SL2)
サイズ 116×77×57 mm
重さ 240g
黒・茶
(2色)

詳細レビューはこちら!

【Qrio Lock 徹底レビュー】欠点が少ない高性能スマートロック。手ぶら解錠がかなり優秀!

続きを見る

CHASUKE
機能と性能でバランスの良いモデル。僕のイチオシ!

 

セサミ4

2つ目は、セサミ4です。

 

メリット・注意点

良い点はココ

  • コンパクトで設置しやすい
  • 操作がめちゃくちゃ早い
  • 多彩な鍵操作に対応
  • 価格が安い

注意点はココ

  • 手ぶら解錠の電池消費が激しい
  • モーター音がやや大きめ
  • 予備電池が入れれない
  • 締め忘れ防止機能がない
  • リモコンキーがない

 

特徴

セサミ4は、とにかくコンパクトで低価格。最大の特徴は、操作速度が爆速である点です。

爆速の秘密は、Always Connectという機能によるもの。これにより、アプリを起動後の読込時間がほぼ0秒、ボタンを押せば瞬時にロックが回ります。

手ぶら解錠・オートロックといった自動操作も使えます。

手ぶら解錠の精度は良いものの、スマホの電池消費が激しいので注意です。僕の動作環境では、いつもより30〜40%が多く消費されてました。

 

それと、Apple Watchにばっちり対応。コンプリケーションからトグル操作が可能です。

Apple Watchから、施錠状態も確認できます。

さらに、NFCタグ操作や、iPhoneの背面タップ、ウィジェット操作と多彩な操作に対応してます。例えば、NFCタグ操作はこんな感じになります。

CHASUKE
セサミは鍵操作用のAPIも公開もされてるので、Homebridge対応なども可能です。

 

スペック・詳細レビュー

モデル セサミ4
サイズ 93×57×55 m
重さ 140g
黒のみ

[itemlink post_id="45151"]

詳細なレビュー記事

【レビュー】スマートロック「セサミ3」でできること・使い心地を解説します!

続きを見る

セサミ4 レビュー|セサミ3との違いは?両方購入したので違いを解説!

続きを見る

CHASUKE
待ち時間無しのスピード操作と多彩な操作が魅力。手ぶら解錠の電池消費さえ改善すれば...。

 

SADIOT LOCK

3つ目は、SADIOT LOCKです。

 

メリット・注意点

良い点はココ

  • 8種類ものカラーが選べる
  • 手ぶら解錠が高精度
  • しめ忘れ施錠が便利
  • リモコンキーが使える
  • セキュリティチップ内蔵で安心
  • 予備電源(2系統)で安心

注意点はココ

  • 操作速度がやや遅い
  • 音声操作に未対応
  • NFCタグやウィジェット操作に未対応

 

特徴

SADIOT LOCKは、老舗鍵メーカーが開発したスマートロック。8種類のカラーが選べて、お洒落なデザインです。

アプリからの鍵操作は問題なく動作しますが、やや動作が遅いため、せっかちな人はストレスを感じそう。詳しくは動画をチェック

手ぶら解錠・オートロックのどちらも対応しており、締め出しを回避する「しめ忘れ防止」機能が特徴的なモデルです。

機能を有効にすると、スマホの位置情報を使って、自宅から150m離れたらオートロックを動作させることができます。これがめちゃくちゃ便利。

CHASUKE
手ぶら解錠のスマホ電池消費に関しては、Qrioより大きく、セサミより小さいといった感じ。

 

▼発売当初は、Apple Watch非対応でしたが、2021年10月のアップデートで対応しています。今や必須機能ですね。

トグル操作はできないものの、コンプリケーションに追加できて使いやすい。

専用リモコンキーにも対応。ピンクや水色など可愛い色が選べます。

音声操作やNFCタグといった操作には非対応なものの、本体・Wi-Fiハブ・リモコンキーの全てにセキュリティチップを内蔵している安心スマートロックです。

民間セキュリティ会社の試験もクリアしており、セキュリティで導入を躊躇してる人にもおすすめです。

 

スペック・詳細レビュー

モデル SADIOT LOCK
サイズ 124×67×61 mm
重さ 168 g
黒・白・シルバーなど
8色

詳細なレビュー記事

SADIOT LOCK レビュー|鍵メーカーが開発した安心のスマートロック!

続きを見る

CHASUKE
位置情報による「しめ忘れ防止」と、セキュリティに強いスマートロックです!

 

SwitchBotロック

4つ目は、SwitchBotロックです。

 

メリット・注意点

良い点はココ

  • 動作音は静かで、操作は快適
  • NFCタグなど多彩な操作が便利
  • 締め忘れアラート・通知が便利
  • 同シリーズ製品をまとめて管理
  • シーン・IFTTTに対応(トリガーのみ)

注意点はココ

  • 手ぶら解錠に未対応
  • 電池寿命が短い
  • リモコンキーがない
  • Apple Watchコンプリケーションがない
  • 鍵シェアができない

 

特徴

SwitchBotロックは、SwitchBotシリーズ製品とまとめて管理・操作できる点でメリットがあります。

操作速度もQrio Lockと同程度で、アプリ起動から鍵が開くまで約5秒程度。快適に操作ができます。

SwitchBotロックは、オートロックには対応しているものの、手ぶら解錠に未対応なのでご注意ください。

SADIOT LOCKのように、位置情報による自動施錠する機能はないですが、本体からアラートを鳴らして締め忘れを防止する機能があります。

CHASUKE
サイレンのような音ではなく、低いブザー音が3回鳴る。

 

▼Apple Watchはトグル操作に対応してます。

施錠状態もチェックできて便利ですが、コンプリケーション未対応なのが残念です。

 

▼NFCタグや背面タップ・ウィジェット操作にも対応してます。

しかし、トグル操作をアクションに割り当てできない。そのため、開け閉めどちらも対応するにはタグが2枚必要となる...。

 

▼下記の通り、IFTTT・SwitchBotシーンなどでデバイス連携も可能です。

SwitchBotシーン

IFTTT

使えるのは条件設定(トリガー)のみで、鍵操作をアクション指定できません。それでもデバイス連携したい人にはメリットと言えます。

今のところ、API公開はされてませんが、今後追加される可能性はあります。

 

スペック・詳細レビュー

モデル SwitchBotロック
サイズ 111.6×59×73.2mm
重さ 252g
黒のみ

詳細なレビュー記事

レビュー|SwitchBotスマートロックでできること・使ってみた感想

続きを見る

CHASUKE
SwitchBotユーザにおすすめ。ですが、合鍵シェアなど使えない機能もあるので要注意。

おすすめスマートロック4選まとめ

工事不要で後付けできるスマートロックのおすすめ4製品を紹介しました。

それぞれで機能や性能の違いがわかったと思うので、あとは自分に合った1台を選ぶだけです。

僕の場合、快適に操作ができて、「手ぶら解錠」「Apple Watch操作」を優先した結果、Qrio Lockを愛用しています。

レビュー記事!
【Qrio Lock 徹底レビュー】欠点が少ない高性能スマートロック。手ぶら解錠がかなり優秀!

続きを見る

 

例えば、スマホアプリからの操作スピードを優先するなら、低価格なセサミ4の圧勝です。

[itemlink post_id="45151"]

レビュー記事!
セサミ4 レビュー|セサミ3との違いは?両方購入したので違いを解説!

続きを見る

 

セキュリティ面が心配であれば、セキュリティチップ内蔵で、便利な「しめ忘れ防止機能」が使える、SADIOT LOCKを選びましょう。

レビュー記事!
SADIOT LOCK レビュー|鍵メーカーが開発した安心のスマートロック!

続きを見る

 

注意点はありますが、SwitchBotユーザーなら同じアプリで管理できるSwitchBotロックを選ぶのもありです。

レビュー記事!
レビュー|SwitchBotスマートロックでできること・使ってみた感想

続きを見る

CHASUKE
スマートマスター資格を保持する私CHASUKE(@chasuke__)はTwitterでも呟いてます。ぜひ覗いてみてください!

Amazonでお得に買い物



Amazon.co.jpで買い物するならギフト券の購入(チャージ)がおすすめ。チャージごとに最大2.5%分のポイントが付与されます

チャージへGO!!

  • この記事を書いた人
Avatar photo

CHASUKE

IT企業につとめる30代サラリーマンブロガーです。当ブログでは、実際に使ってよかった役立つガジェットや製品をお届けしてます。面白い機能や素敵なデザイン、少し尖ったアイテムが特に好きです。ご質問・ご意見は「お問い合わせ」まで。レビュー依頼もお待ちしております!

© 2022 CHASUKE.com